【北海道男児行方不明事件】2匹の警察犬が全く反応しなかったため、ネット上で「父親殺害説」が飛び交う→真相はこうだった!

Pocket

テレビでもこの話が取り上げられ、ますます「あらぬ憶測」を呼ぶ事態に…

スポンサーリンク

_1461695595.81599_970ss今日の朝に無事に保護された、田野岡大和くんの行方不明事件だけど、捜索に導入された2匹の警察犬が全く動かない状態だったことから、ネット上では「行方不明になったというのはお父さんの作り話で、実はお父さんが大和くんを殺害したのでは!?」なんていう、「父親殺害説」がネット上で飛び交っていたみたいだけど…

事の真相は↓このようなことだったらしいよ。

北海道七飯町の山林で行方不明になり、その後無事保護された田野岡大和君(7)について、北海道警察は、初動捜査で導入した警察犬が体調不良で捜索に役に立たない状態だったと発表した。
その後別な警察犬で捜査をしたが、降雨後であったため臭いで大和君の行方をたどることはできなかった。

時事通信(2016.6.3 9:42)

アハハ…まぁ、いくら警察犬でもそういうことがあるってことね。なんにしても、無事に大和くんが見つかって本当に良かったわ。

にゃはは~!ワンちゃんドンマイだにゃ!

_1461695595.81599_970ss・・・にしても、お父さんに対するバッシングが高まって「父親殺害説」まで盛り上がっちゃうとはね。
一部の有名人がお父さんを叩いたことも作用したとは思うけど、ネットというのものは、一度トリガーが引かれると、良くも悪くも、津波のようにすさまじいエネルギーでひたすら一方向に流されていくことを示した好例かもしれないね。

お父さんが行き過ぎた「しつけ」で大和くんを5分間置き去りしたことと、話が当初二転三転したことから、憶測が憶測を呼んでこういう話に発展していったわけだ。

マスコミや有名人の発言が、一般庶民にいかに影響力があるかというのが改めてよく分かったことと、このように世論の「津波」が起こっているときこそ、一旦立ち止まって冷静に見守ることも大事なのかもしれないね。

いつも勉強しているけど、何も考えないで世間の流れにそのまま乗って一方向に流されて行っちゃうと、時として誤った方向に行きやすくなっちゃうのね。

わたしもついつい感情的になりやすい所があるから、気をつけて常に広い視野で見れるように頑張っていくわね。

にゃこももっと「ねっとりてらしー」を身につけられるように、日々勉強をしていくにゃあ!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket