東京労働局が電通と高橋まつりさんの上司を書類送検!違法な長時間労働をさせた疑い!上層部の関与についても調査へ!

Pocket

どんなにゅーす?

・電通の新入社員だった高橋まつりさんの過労自殺などを受け、東京労働局が電通と高橋さんの当時の上司に当たる幹部一人を書類送検した。

・労働局は、高橋さん以外にも複数の社員が違法労働を強いられていた疑いがあり、複数の上層部が関与している可能性も含めて、今後捜査を継続していく方針だという。

スポンサーリンク

電通と幹部を書類送検、違法長時間労働させた疑い

1

2

3

労働基準法違反の疑いで書類送検されたのは、電通と幹部1人です。東京労働局によりますと、電通は去年、長時間労働による過労で自殺した新入社員の高橋まつりさんら従業員2人に対して、去年10月から12月までの間に労使協定で決められた上限を超える違法な残業をさせた疑いが持たれています。

書類送検を受けて、電通は「新たな決意の下、労働環境の改善と長時間労働の撲滅に向け、実効性をあげるよう全力で取り組んでまいります」とコメントしています。

一方、高橋まつりさんの母・幸美さんは「今後、まつりのような犠牲者を絶対に出さないように、会社は長時間労働をなくす取り組みを必ず実行して欲しい」とのコメントを出しました。

【TBS Newsi 2016.12.28.】

スポンサーリンク

 

この一件をきっかけに、日本にはびこるブラック企業を撲滅させる流れに繋げるべき

りのちゃん怒りssa逮捕には至らなかったものの、電通と高橋まつりさんの上司だった幹部1人が書類送検ということになりました。

ブラック企業大賞2016にも選ばれた電通ですが、ようやく、その内部に本格的にメスが入りそうな運びになって来ましたね

管理人電通のブラックぶりは以前から知られたところで、1991年にあった電通社員による首吊り自殺から早25年以上もほぼ野放しにされてきたわけだけど…本当にようやく、今回の高橋さんの自殺がメディアで詳しく報じられたことから、ここまで漕ぎ着けることができたという感じだ。

しかし、まだまだ一時のガス抜きで終わってしまう可能性もあるし、電通以外にも、こうしたうつや自殺に追い込むほどのブラック労働を強いている企業が相当大量に存在していると考えている。

だから、電通を一時的に処分するだけでこの話を終わらせては絶対にダメだし、上のツイートでも指摘されているように、過労死ラインに至るほどの長時間労働を徹底的に取り締まり、就業時間を少なく偽って報告した際の罰則を厳しくするように、ルールを改正していく必要があると思う。

そうした流れにつなげるためにも、今後も電通に対しては徹底的にメスを入れていくべきだし、今後も国の動きを注意深くチェックしていく必要がありそうだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket