【事件】千葉・銚子の漁港で男性の胴体の遺体が浮いているのが発見される、手足が無い状態で船の乗組員も衝撃


着衣は無く、手足も無い状態

スポンサーリンク

漁港で男性遺体の一部が見つかる 千葉 銚子

22日午前7時半すぎ、銚子市新生町の銚子漁港で、「海に人の胴体のようなものが浮いている」と、通りかかった人から警察に通報がありました。
警察が調べたところ、係留されていた船と岸壁の間で、男性の遺体の胴体部分が海面に浮いているのが見つかったということです。衣服は身につけておらず、成人だと見られるということです。

【NHK NEWS WEB 2016.9.22.】

管理人最近遺体をバラバラに切断する殺人事件が多い気がするけど、今度は千葉県銚子市、新生町の利根川河口付近の漁港で、成人と見られる男性の遺体の一部が発見されたということだ。
遺体は漁港の海面(船と岸壁との間)に浮かんでいる状態で、休憩するために港に立ち寄ったトラック運転手が発見し、「海に人の胴体のようなものが浮かんでいる」と警察に通報。

消防が引き上げてみると、遺体は胴体部分だけで着衣はなし
岸に泊められていた船の乗組員も、船の周りを流れてきたものが途中で遺体であることが分かり、大きな衝撃を受けたとのこと。

警察はこの事態を受けて、殺人事件の可能性も視野に入れて捜査を始めたようだ。

あおいちゃんかなり困りssaこ、これはまた、なんとも痛ましくて衝撃的な事件が発生したわね。
遺体の手や足、頭などは見つかっていないのかしら?

管理人どうやら、胴体以外の切断された部分(手足と頭部)はまだ発見されておらず、また、致命傷と見られる傷などもなく、すでに腐敗が始まっていた状態だったとのこと。

警察は23日に遺体を司法解剖に回すみたいだけど、なんらかの猟奇的な殺人遺棄事件の可能性もあるだけに、さらなる続報を待ちたいところだ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA