【シャペコエンセ】コロンビアの旅客機墜落事故に世界のサッカーファン・関係者が悲しみの声!71人死亡、生存者は6人


どんなにゅーす?

・現地時間2016年11月28日に、ブラジル1部リーグプロサッカーチーム「シャペコエンセ」の選手や関係者77人を乗せた飛行機がコロンビアの山間部に墜落した事故で、死者は71人、生存者は6人確認されたと発表。

・死亡した選手のうち、Jリーグに所属していた選手や監督も複数含まれており、世界中で悲しみの声が広がっている他、窮地のチームに対し、様々な支援策を申し出る声も。

スポンサーリンク

コロンビア墜落、サッカー選手1人救出で生存者6人に 死者71人

コロンビア第2の都市メデジン(Medellin)近郊で28日夜に旅客機が墜落した事故で、搭乗していたブラジルのサッカーチーム、シャペコエンセ(Chapecoense)の選手1人が救出され、生存者は計6人となった。

日付が変わった29日、コロンビアの災害対策当局は、墜落したチャーター機から6番目の生存者を救出していることを確認したと発表した。6人目の生存者は、エリオ・エルミート・サンピエル・ネト(Helio Hermito Zampier Neto)選手だという。当局は「他にも生存者が発見される可能性は排除していない」と述べている。

【AFP 2016.11.30.】

↓事故前の機内での選手たちの姿。

ブラジルリーグ、悲劇のクラブに救いの手“選手の無料レンタル&3年間降格なし”

この悲劇的な事故を受けて、ブラジル1部のクラブらは一斉にシャペコエンセをスポーツ的な面でサポートする声明を発表。

その中で、クラブらは来季に選手をシャペコエンセへ無料で期限付き移籍させることを約束し、さらに今後3シーズン同チームが2部への降格を回避することができるようブラジルサッカー連盟(CBF)へ正式に要求することも伝えている。万一この要求が受け入れられた場合には、もしシャペコエンセが17位でシーズンを終えることになるとしても、16位のチームが降格することになるようだ。

クラブらは、「これが今我々にできる最低限の連帯行動だ」とし、また「本来の目的は現在失われたブラジルサッカーの一部とこのクラブの再構築にある」として声明を終えている。

【livedoorNEWS(フットボールチャンネル)2016.11.30.】

 

あおいちゃんかなり困りssaこれは…本当に痛ましい事故が起こってしまったわね。
国際大会に出場するために、ブラジルからコロンビアに向かっている最中だったみたいだけど、皮肉にも、一生懸命練習をして出場を勝ち取った選手が事故に巻き込まれてしまったなんて…。
この選手たちの事故前の動画を観ても、、全く言葉でないわ…。

管理人幸運にも生存したものの、足を切断している状態の選手がいるなど、状況はかなり悲劇的なようだ。

ニュースを聞く限り「電気系統のトラブルでは」などと言われているけど、一体何故墜落する事態としまったのか。
ブラックボックスを回収できたとの報道も出てきたけど、どうか原因究明に全力を尽くしてほしいと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA