【茶トラ猫エレナの闘病記】「悪性リンパ腫」の疑い診断から4ヶ月、最新の血液検査の結果報告!

Pocket

↓あの衝撃の1月末の検査から4ヶ月、気になるエレナの身体の中の状態は?

スポンサーリンク

_1461695595.81599_970ssこんにちは、管理人です!
あの、「リンパ腫の疑い大」の結果から早4ヶ月。
愛猫エレナが最新の血液&レントゲン&エコーの検査を受けてきたので、その結果をここでも公開しようと思います!

にゃこちゃん驚きssaエレナちゃん、ついにあの衝撃の検査結果以来、また検査を受けたんだにゃ!
一時は数週間以内のお別れを覚悟したけど、ステロイドと並行して、最後の望みを持って始めたサプリメント&缶詰と生肉・生野菜中心の食生活の改善で、奇跡の回復を遂げて元気になったんだったにゃ!

_1461695595.81599_970ssああ。それまで長らく悩まされていた慢性下痢は完全になくなって、嘔吐もたまにしか発生しないくらいにまで回復して、ずっと減っていた体重も1キロ以上増えて5キロ台をずっとキープしている。

それだけに、あの時以来、エレナの身体の中が今一体どうなっているのかとっても気になっていたんだけど、ついにその全体像が今回分かったんだよ。

にゃこちゃんセーラー口開き笑いssaそう言われるとかなり気になるにゃあ!早く結果を教えてにゃ~!

スポンサーリンク

これがエレナの最新検査結果だ!

_1461695595.81599_970ss分かったよ。それじゃ、見せてあげよう!前回の検査結果と一緒に比較しながら見てくれ。

それじゃ、まずは、前回の結果がこれ↓(リンパ球の数値の違いに注目)

↓前回のリンパ球の量:24570/ul(正常値1500~7000)

 

_1461695595.81599_970ssそして、↓これが今回の検査結果だ!

↓今回のリンパ球の量:11770/ul(正常値1500~7000)
20160530UP

にゃこちゃん驚きssaおお~!リンパ球の数値が前よりかなり少なくなってるにゃあ!

_1461695595.81599_970ssそうだけど、正常値よりはまだ高くて、「個別評価」の欄にまだ「リンパ腫」という言葉が出ている。
ただ、前回の異常なほどの高い数値よりは半分以上下がって、正常値に近い数字になった(かかりつけの先生曰く、この数字が徐々に低くなって出たものか、最近ステロイドを減らしてきていることで、もっと下がっていたものが再び上がっているのかは、この1回の検査だけでは分からないとのこと。)。

それから、ステロイドをずっと飲んでいることで、腎臓病(腎不全)の進行度がかなり心配だったんだけど、これが驚くほどに前回の検査時と変わっていなかったのが何よりも良かったんだ。
「週1回の皮下補液が良かったのでは?」と先生は言ってたけど、昨年8月にすい炎を患って以来、実は皮下補液はほぼ毎週受けていたんだ。
それなのに、1月の検査時では昨年8月よりも悪化していたのに、今回ほとんど悪化していなかったのがとにかく意外だった。

ステロイドは少なからず腎臓にダメージを与えるはずなのに、それにもかかわらず、今までの過去の検査結果と比べてもこんなにいい結果が出たのは、ある意味とても不思議だ。

※↓過去4回(左から2015年4月・8月・2016年1月・5月)の検査履歴表の、腎臓に関する数値の推移(数値が高いほど腎不全が進んでいる状態)
hikaku_jinUP2

_1461695595.81599_970ss通常であれば、年をとるほどに腎臓の値はどんどん大きく悪化していくはずだと思うんだけど、(ステロイドなどの薬を多く飲むようになったにもかかわらず)急に腎不全の進行が遅くなっている点、これは非常に興味深いことだと思う。

にゃこちゃん驚きssaたっ、確かにそうだにゃ!何で急にこんなにエレナちゃんの腎臓が悪化するのがストップしたのかにゃ!?

_1461695595.81599_970ssこの期間にボクが行なった事「サプリメントと食生活の見直し」、この二つのどちらか(あるいは両方)のお陰だったとしか思えないんだ。

もし食生活の見直しだとしたら、スーパーやホームセンターで売っているドライフードを一切やめて、酸化防止剤や穀物を一切使用していないドライに変えことと、新鮮な生鶏や刺身、生野菜をあげるようにしたのが良かったんだろう。
この結果は、やはり質のいい食生活がいかに大切なのかということが、数字となって見事に表れたということになるかもしれないね。

にゃこちゃん驚きssaなるほど、確かにそういうことになると思うにゃ!んで、結局エレナちゃんはリンパ腫だったのかにゃ?

_1461695595.81599_970ssやはりリンパ球の数値が今も高いから、先生の見解としては、「リンパ腫だとしたら低悪性度(ローグレード)の時間をかけてゆっくりと進行していくタイプのものなのでは?」ということだ。(一般的なリンパ腫なら、普通ならとっくに亡くなっているはずとのこと…。)
そして、「もし低悪性度のリンパ腫でないのなら、IBD(炎症性腸疾患)なのではないか?」ということだった。

確かに、リンパ球の数値が相変わらず高いのが気になるし(8月以前の検査ではいずれもリンパ球は正常値内)、これを考えるとリンパ腫であってもおかしくないんだけど、それじゃあ、なんでエレナが今こんなに元気で活動的になっているのかが、とても不思議なんだよ。
こう考えると、サプリがある程度効いていて、がんが活発化するのを抑えているという気もしてくるし、あるいはリンパ球が高いのは何か別の理由で、実際はIBDだったという可能性もあると思う。

そして、前回怪しい部分が見つかった腸エコーだけど、今回は何も異常は見つからなかったみたいで、さらにレントゲンでも腫瘍の転移や異常は一切見つからなかったということだ。

とにかく、ボクが行なったことが功を奏して、今エレナがとても元気になっていることが、この検査結果からも明らかになったんだよ。

にゃこちゃんセーラーニコニコssaやっぱりエレナちゃんは、奇跡のニャンコちゃんなんだにゃ~!管理人さんのエレナちゃんに対する思いと、エレナちゃんの生きたい思いが一致して、きっとここまで元気になったんだにゃ!

_1461695595.81599_970ssにゃこちゃん、ありがとう!検査前は前の晩からご飯禁止だから、もうおねだり攻撃がすごくてほんとに参ったよ(笑)。でもその後はたらふくご飯も食べて、今日も一日快眠快便でとても元気だった。
この調子でこれからも、エレナのことを全力でサポートしていくつもりだよ。

皆さんの猫ちゃんも、こんなエレナのケースを励みに、少しでも良い方向に向かっていってもらえると嬉しいです。

参考ページ:【猫の消化器疾患】慢性下痢&嘔吐から「悪性リンパ腫の疑いが大」の診断を受けたエレナが奇跡の回復をするまでに行なったこと

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA