「カジノ法案」がついに強行的に成立!山本太郎議員は牛歩の中で賛成議員に激怒!「国民のための政治をやれよ!」

Pocket

どんなにゅーす?

・2016年12月15日未明、維新以外の野党が徹底抗戦する中、「カジノ解禁法案」が与党・維新の賛成多数で可決・成立

・野党側は、議長不信任案や安倍内閣の不信任案などの提出で抵抗したものの、いずれも否決。自民党の議席の多さの前には成す術なく、記録的短時間での審議の中、強行的に日本でのカジノ解禁が決定

・山本太郎議員は、TPP法案に続き牛歩戦術を敢行。反対票を投じる直前に「パチンコ、スロットの規制はせずに、どうして国の賭場を開くのか?金のためか!国民のための政治をやれよ!!」と叫び、カジノ法案の実態を暴露しつつ、現状の日本政治の腐敗に怒りの感情を露わにした。

スポンサーリンク

カジノ法案成立、依存症対策など具体的な制度設計へ

[東京 15日 ロイター] - カジノを含む統合型リゾート(IR)を解禁する法案(IR推進法案)は15日、前日の参院本会議に続き、衆院本会議で可決され、成立した。政府は、規制や依存症対策などの具体的な制度設計を盛り込んだ「IR実施法案」を1年以内に国会に提出する作業に入る。

【朝日新聞 2016.12.15.】

↓山本太郎議員「パチンコ、スロットの規制はせずに、どうして国の賭場を開くのか?おかしいだろって!金のためにやるんですか!セガサミーか?ダイナムか?外資か?国民のための政治をやれよ!!」

スポンサーリンク

 

↓産経新聞はいつものように山本太郎議員をコケにする、見え透いた国民騙し記事を配信。

自由党の山本太郎代表 また「牛歩」 参院議長の「1分以内」警告であえなく退散

自由党の山本太郎代表は14日の参院本会議で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案の修正案の採決のとき、自身の席から投票箱までゆっくりと歩いて時間を稼ぐ遅延戦術「牛歩」を実行した。9日の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案などの採決に続く今国会2度目の牛歩。しかし伊達忠一議長が1分以内で投票するよう警告し、あえなく短時間での抵抗に終わった。

【Yahoo!ニュース(産経新聞)2016.12.14.】

↓そして、記事のコメント欄も毎度ながら(工作員が出動し)山本議員をバカにする内容が並ぶ。
1

出典:Yahoo!ニュース(産経新聞)
スポンサーリンク

TBSニュース23で山本議員の怒りの声が流されるも、「セガサミーか?ダイナムか?外資か?」などの部分が丸々カットされて放送

あおいちゃんキレ1ssa多くの国民が反対して、さらに公明党の議員までもが反対している「カジノ解禁」が、前代未聞の強引さでいよいよ成立しちゃったみたいね!

もう…っ!何もかもがあまりにも狂いまくってて、この怒りをどこに持っていったらいいのか分からないわっ!!

りのちゃん怒りssaカジノに反対している有権者へのパフォーマンス目的の可能性が大ではあるものの、公明党の山口代表も反対票を投じたことが話題になっていますね。

つまり、それだけ、「異例中の異例」とも言えるほどに、徹底的な強引かつ独裁的な議会運営の元でカジノが強行採決されたということですね。

管理人TBSのニュース23では、山本太郎議員の牛歩戦術が紹介されたんだけど、残念ながら、「おかしいだろって!」「国民のための政治をやれよ!」という部分のみが抜き出されて放送された(セガサミーやダイナムや外資の部分は丸々カット)

つまりは、(メディアもお世話になっている)セガサミーやダイナムなどのパチンコ業者、そして外資の金貸しがカジノ法案推進の「本筋」であることが大手メディアの”タブー”になっているってことだね。
せっかく、彼の叫びを番組内で紹介してくれたのに、ここがとても残念だよ。

“カジノ解禁法案”めぐり攻防激化“ひとり牛歩”も

1

「投票漏れはございませんか」(議長)
「ありまーす」(自由党 山本太郎参院議員)
山本太郎議員、一人牛歩戦術です。
「おかしいだろって。国民のための政治をやれよ」(自由党 山本太郎参院議員)
結局、賛成160、反対80の大差で“カジノ解禁法案”は可決されました。

【TBS Newsi 2016.12.15.】

あおいちゃんかなり困りssaほ、ほんとだわ!
つまりは、日本の大手メディアは、日本国民が一番知っておかなきゃいけない部分こそが、徹底的に隠されて報道されるってことなのね。

管理人そういうことだ。
残念ながら、ボクたち国民にとって真に有益な情報を手に入れるためには、インターネットを通じて、自分自身で積極的に情報を集め、自分自身の感性と想像力を頼りに玉石混交の情報を一つ一つ取捨選択していくことしかないってことなんだよ。

 

国民を徹底的に蔑ろにする日本の「歪んだ政治システム」を暴露し、孤軍奮闘で戦い続ける山本太郎議員

↓「この国を回せているのは税金、だから何より国民のための政治をしなければいけない」と強調しつつ、パチンコ業界と政治との癒着、依存症の恐ろしさを切々と訴える山本太郎議員。

あおいちゃんかなり困りssaでも、テレビでカットされるようなタブーや政治の闇に切り込みつつ、どうにかして国民のための政治を実現させようと頑張っている山本太郎議員は、本当にすごいと思うわ。
こんな人、今まで見たことなかったかも…。

りのちゃん笑顔ssa大多数の政治家が、年数を追うごとにどんどんと既得権勢力に取り込まれ、みるみる劣化していってしまう中、彼の場合、逆にますます以前以上に磨きがかかり、日頃からの猛勉強で裏打ちされた知識と、そのディベート能力で、これ以上ないほどの素晴らしい働きを見せています

管理人まさに、この荒廃しきった日本に彼が突然彗星のごとく現れたのは、何といっていいのか、まさに最大の奇跡であり、唯一の希望なのかもしれない。

ここまで純粋かつ愚直で、さらに頭が実によく切れる人間は見たことがないし、「日本国民のための政治をどうにかして実現させたい」という、てこでも動かないほどの強い信念があるからこそ、ここまでのあらゆる嫌がらせや罠にもはまってしまなわないのだろう。

ここまで巨大な腐敗に、たった一人で立ち向かい続ける姿は本当にカッコいいし、強いて世の中がよく使う言い方を用いれば、山本太郎議員こそが、本当の意味での日本の国土と国民を守ろうとする「保守議員」だとボクは思うよ。

まさに、山本太郎議員が牛歩の際に発した「魂の叫び」の中に、カジノ法案の「恐ろしい本質」が全て詰め込まれているんだけど、このサイトでは、その彼が触れた詳しい内容(パチンコ業界と政治家との癒着によるカジノ利権や、クレジット(金貸し)サービスなどを通じて暴利を貪ろうとしている外資の介入)を多く記事にしている。

是非とも、いかにカジノ解禁が、新聞やテレビが報じているものとは程遠いほどの、国民の貴重な富がギャンブル業界や外資に徹底的に吸い取られるだけのものなのかを、一人でも多くの国民が知ってほしいと思う。

そして、ここまで徹底的に国民を騙し、お金を騙し取ることしか頭にない安倍政権を一日も早く政権から引きずり下ろさない限り、国民はひたすら搾取され続け、不幸のどん底に叩き落されるということを深く理解してほしいと思うよ。

つまりは、日本国民の富が徹底的に搾取され続けて、財産だけでなく生命までをも蔑ろにされるのを食い止めるためには、国民自身が行動を起こし、山本太郎議員のような政治家を、出来る限りたくさん国会に送り込む必要があるってことね…。

なかなか道は厳しいけど、山本議員の頑張りを無駄にしないように、私たちも頑張っていかないとダメよね!

りのちゃん怒りssa私も、こうした山本議員に刺激を受けつつ、このサイトを通じて、安倍政権の「本質」や恐ろしさを出来る限りロジカルに分かりやすく、頑張って伝え続けていこうと思います!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

4 Comments on 「カジノ法案」がついに強行的に成立!山本太郎議員は牛歩の中で賛成議員に激怒!「国民のための政治をやれよ!」

  1. 自由党や共産党みたいなまともな政党の方が支持率が低いんですから
    国民が駄目すぎますね

    • 反安倍さん

      共産党は、カジノ法案も一貫して反対していましたし、特に最近非常にいいと思います。
      TPPやカジノなど、外資の侵入を促す制度に一貫して反対していますし、志位氏は「天皇陛下の意向を汲んで恒久的な退位制度を作るべき」とも主張しているのですから、天皇陛下の意向を無視し続ける安倍政権よりもよほど保守的だと思うんですけどね(笑)。

      あとは、国民がこうしたマスコミやネットにはびこる「騙し」に一日も早く気がつけばいいのですけど…これがなかなか難しいのです> <

  2. こんにちは。懲りずにコメントいたします(汗

    >「パチンコ、スロットの規制はせずに、どうして国の賭場を開くのか?おかしいだろって!金のためにやるんですか!セガサミーか?ダイナムか?外資か?国民のための政治をやれよ!!」

    「国民のための政治をやれよ!!」本当、これですよね。
    原発にしてもTPPにしてもそうですが、最近の政府は本当に、不都合な事実を伏せ、国民を騙してアメリカ様(正確には、アメリカ連邦政府をすら背後で操るグローバリストたちのことでしょうか?)の意向に沿った政策を実行しようと躍起になっているように思えます。
    政府だけじゃない。本来ならば権力を監視すべきマスメディアまでもがグルになって……。

    とても民主主義国家とは思えない。どこぞの独裁国家と変わりないですね。

    そしてまずいことには、マスメディアの報道を鵜呑みにしてしまう人が非常に多い。
    自分で情報を集め、自分の頭で分析をするということをせずに、「テレビで言っていたから」「新聞に書いてあったから」というだけの理由で、簡単に何でも信じ込んでしまう人が、私の周りでも結構多いように感じます。
    (もっと言うと、あえて長時間労働を放置することで、国民から自分の頭で考えるだけの「ゆとり」を奪っているようにも思います)
    加えてインターネットの世界も工作員が跋扈していますから、とかく多数派に流されがちな日本人に対しては効果絶大。Yahoo!ニュースのコメント欄が自民党を支持して山本議員を叩く書き込みで埋め尽くされていれば、残念ながら少なからぬ人がこれに影響されて政府支持に流れるか、自分の考えを引っ込めてしまうでしょう。まさしく、マスコミ理論にいう「沈黙の螺旋」効果です。

    ですが、ここで「沈黙の螺旋」にはまってしまっては、それこそ権力者の思う壺ですね。日本のマスメディアは権力者の提灯持ちで必ずしも事実をありのままに報道しているわけではないこと、そしてネットの世界でも工作員による多数派(に見せかける)工作が行われているということを理解し、表面的な情報に流されずに自分の頭でしっかりと考えていくということが何より大事なのだと感じています。

    • ちはやさん

      こんばんは!
      (昨今の日本人が忘れつつある)穏やかで温かいお人柄を感じさせるお言葉と、既成概念に囚われず、多角的な視点に基づいての本質を突かれたコメント、まさに大歓迎です!(^0^)

      いただいたご意見の数々、「全くその通り」と言う他なく、ボクと同じことを憂いている方が他にもいらっしゃることに、一筋の希望を感じております。

      特にインターネットの世界では、自民党は草創期の時代から先手先手を打ってきており、小泉内閣の時代にはすでに(「チーム世耕」の主導の元に)ネット工作員が世論誘導を大々的にやってきた関係で、日本の政治関連の言論環境は、現在非常に不健全でアンフェアな状況です。

      もちろん、既存のマスメディアは、ただでさえ記者クラブ制度で、世界と比べて報道の自由度が制限されていた上に、安倍政権が徹底的にメディア界にてこ入れしてきたせいで、報道の自由度ランキングはかつてないまでに下がり、まさにマスコミが「ガラパゴス化」してしまっている状況です。
      唯一、自由に情報発信できているインターネットも、いつまでこの自由が確保されるかも分からず、実際に世界規模でインターネットの大々的な監視と規制を計画している段階に入ってきていると聞きますので、こうなる前に、何とかして日本国民も情報を自ら欲して、自らを守るための行動を起こす必要がある段階に差し掛かっていると思います。

      まずは、このネット上にはびこっている、誹謗中傷や脅迫、恫喝など、何でもありの横暴を繰り返しているネット工作員を何とかする必要がありそうです。
      そして、多くの国民が、こうした恫喝や中傷を恐れることなく、自由に気軽に政治や生活に対する不安や不満を表現し、多くの国民がそれらを共有し、積極的に意見交換できるようなネット環境を作ることが大事なのではと考えております。

Comments are closed.