吉田照美氏の看板番組が終了した文化放送→新番組のコメンテーターがまさかの後藤謙次氏!ネット「失望した」「もう聴かない」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権に批判的な意見を発し続けてきた吉田照美氏の看板番組「飛べ!サルバドール」が終了した文化放送で、新番組「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」の第1回から後藤謙次氏がコメンテーターとして出てきたことに、ネット上では失望の声が多く出てきている。

スポンサーリンク

↓吉田照美氏が去った後、安倍政権の茶坊主言論人の一人、後藤謙次氏が満を持して登場。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ついに文化放送も安倍官邸の軍門に下った可能性が大か!?

出典:テレビ朝日

現在の日本のメディア界でとても貴重なくらいに安倍政権や権力に対する批判を繰り返していた吉田照美さんが、長年担当してきた文化放送の看板番組を去ることになったことが一時期話題になりましたが…彼が去った後の新番組の1回目に、いきなりあの後藤謙次さんが出てきたことが、多くのネットユーザーの失望を買っています。

ボクも吉田照美氏の「飛べ!サルバドール」を愛聴してきた一人だし、彼の降板はとても残念に思っていた一人だったんだけど…まさか新番組1回目で後藤謙次氏の声を聞かされることになるとは思わんかったよ。

後藤氏はリテラの「御用ジャーナリスト大賞」でも4位にランクインするほどの、安倍政権の茶坊主公報言論人の一人だし、この動きを見ても、吉田照美氏が番組を去ることになったのは、安倍官邸に睨まれたのが原因の一つになった可能性が大いにあるといえるだろう。

 

新番組でさっそく後藤氏が安倍政権の賛辞と世論誘導を開始!

ボクも少しこのラジオを聴いていたけど、ある大学生に「森友問題の安倍政権の対応についてどう思うか?」と街頭でインタビューをしていたところ、「良くないと思うけど、野党がアホばっかりだから、安倍政権が続けることで問題ないと思う」と答えていたんだけど…それに対して後藤氏がすかさず「この若者はとても正確に見ている。その見立ては全く正しい。実際は安倍政権以外に政権を担当できる勢力がないのが事実。」などと全力で後押しをしていて、以前の番組とのあまりの違いに、ついついFM放送にチャンネルを変えちゃったよ。

この先もこんな調子である限り、ボクもこの時間帯は別のチャンネルを聴くようになるだろうし、国民目線の番組がまた一つ減って、安倍政権賛辞のプロパガンダ番組がまた一つ増えてしまったことに、ある種の空しさを感じてしまったね。

吉田照美さん本人はお茶を濁していましたけど、こうした番組内容の変節を見る限り、やはり安倍官邸の圧力やラジオ局側の忖度などが大きかったのかもしれませんね。

いずれにせよ、安倍政権の公報役の言論人がメディア上でますます幅を利かせつつあるのは紛れもない事実のようですので、森友問題を機に、ますます安倍政権のメディア支配が強まったと見るのがいいかもしれません。

田崎史郎氏はもとより、山口敬之氏もしかり、後藤謙次氏もしかりだね。

赤坂飯店の食事会の頃からものの1ヶ月くらいで結構メディアの論調が「安倍賛辞路線」に戻された感じがするし、この調子では安倍政権による世論工作と国民洗脳は、この先ますます激しさを増していくことになりそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket