ボブ・ディランが今頃になってノーベル賞受賞に対してコメントを発表!「素晴らしい。こんなことを夢見る人がいるか?」


ネットでは「がっかり」と失望の声が相次ぐ

スポンサーリンク

ボブ・ディラン氏、ついに沈黙破る ノーベル賞受賞「素晴らしい」

米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(Bob Dylan)氏(75)が、28日に英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)が掲載したインタビューの中で、今年のノーベル文学賞(Nobel Prize in Literature)受賞者に選ばれたことに初めて言及し、「素晴らしい」ことだと喜びを語った。

ディラン氏は同賞受賞について「信じられない」「素晴らしいことだ。こんなことを夢見る人がいるか?」と語り、12月10日にストックホルム(Stockholm)で行われる授賞式への出席の意向を問われると「もちろん、できることなら」と答えた。

ディラン氏は今月13日に音楽家としては初となるノーベル文学賞の受賞決定が発表されたが、同賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミー(Swedish Academy)の委員を務める著名スウェーデン人作家ペル・ワストベルイ(Per Wastberg)氏はその1週間後、ディラン氏とまだ連絡がついていないことを明かし、「無礼で傲慢(ごうまん)だ」と非難していた。

【AFP 2016.10.29.】

スポンサーリンク

管理人10月13日にノーベル文学賞を受賞したボブ・ディラン氏だけど、ノーベル賞関係者からの電話も一切無視し続け、世界がざわつく中徹底して沈黙を守り続けた中、28日になって突如コメントを発表したことが世界中で話題になっている。

その内容は、「素晴らしい。こんなことを夢見る人があるか?」という、喜びに満ちたもの(?)だったようで、授賞式についても「もちろん、できることなら(行く)」と話したらしい

ついに彼が沈黙を破ってコメントをしたことだけでなく、その内容が予想していたことと180度違っていたことに、まさしく世界中の人たちが「はしごを外された」ような形になっており、驚きと失望、怒りなど、様々な感情が渦巻く状況となっているみたいだ。

 

その一方、「これがボブ」「彼らしい」という声も…

せなちゃん素ssaaあらあら、これは私もまんまとやられちゃった感じね…。
でも、こういう風に、常に世間の予想と反する言動や行動を取る上で、「いかにもボブらしい」という声もあるみたいよ。

管理人ボクは彼の熱心なファンでもないし、あんまり詳しいことは知らなかったけど、「これが彼のキャラクターなのかな」と感じたね。
彼は、今まで関係者からの電話も無視した上で一切沈黙を貫いていたことについても、「驚きすぎて声が出なかった」みたいな理由を言っているみたいだけど、そんなはずはないに決まっている

まあ、こういうキャラクターであることを考えると、今度は「果たして本当に授賞式に姿を現わすのだろうか?」という気もするね。
誰も、彼の本心や「その胸の内」、「腹の中」を知る由もないと思うけど、実際どこまで彼が計算をしているのか、ノーベル賞についてはどのように捉えているのか、この辺りの「脳内」を覗いてみたい気はするね。

せなちゃん素ssaaここまで来ると、今後も世界は、彼にあれこれ振り回され続けられそうな予感ね…。
果たしてこんな彼が大人しく授賞式にも姿を現わすのか?世界が注目する事態になりそうだわ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA