ビジネスジャーナルが「貧困女子高生」に関する捏造記事を掲載し謝罪!「エアコンがあるように見えると書いたが実際にはなかった」

Pocket

貧困女子高生叩きにまい進した「成れの果て」…

スポンサーリンク

お詫びと訂正

 当サイトに掲載した8月25日付記事『NHK特集、「貧困の子」がネット上に高額購入品&札束の写真をアップ』における以下記述について、事実誤認であることが発覚しましたので、次のとおり訂正してお詫びします。

まず、「取材の映像でも、少女の部屋はモノで溢れており、エアコンがないと言っているにもかかわらず女子高生の部屋にはエアコンらしきものがしっかりと映っている」と報じましたが、実際には、女子高生の部屋にはエアコンはなく、取材の映像にエアコンらしきものがしっかり写っているという事実も確認できませんでした。

当該記事は外部の契約記者が執筆したものであり、NHKに取材をして回答を入手したと記述しておりましたが、実際には回答を入手しておらず、当編集部も確認を怠った責任があります。

当該記事では、「今回の疑惑に対しNHKに問い合わせのメールをしてみたところ、「NHKとしては、厳正な取材をして、家計が苦しく生活が厳しいという現状であることは間違いないと、担当者から報告を受けています。ですので、ネット等に関しましては、取材の範囲ではありません。但しご意見は担当者に伝えます」との回答を得た」と報じましたが、実際には、弊社はNHKに取材しておらず、回答は架空のものでした。

弊社は、今回の記事において、何ら根拠なく、「NHKがまたやらせ問題で揺れている」「貧困は社会が抱える大きな問題だが、だからといって報道でそれを捏造してしまえばたちまち矮小化されてしまう」などと報じることで、読者に対し、あたかもNHKが「やらせ」「捏造」を行ったかのような印象を与えたことにつき、取材が十分ではありませんでした。NHKに対し、深くおわびいたします。

また、今回の記事の掲載により、女子高校生やご家族、並びに読者の皆様に多大なるご迷惑をお掛けいたしました点についても深くおわびすると共に、他に同様の事案がないか調査し、厳正な処分を行うとともに再発防止に取り組みます。

【Business Journal 2016.8.31.】

管理人大手企業ネットメディア「ビジネスジャーナル」NHKで報じられた「貧困女子高生」に関する”捏造記事”を掲載、これを謝罪する記事を出して話題になっている

「女子高生の部屋にエアコンらしきものが映っている」と書いたにもかかわらず、実際にはエアコンがなかっただけでなく、「NHKに取材し、回答を得た」というところまでもが、虚偽の内容だったとのこと。

こういっちゃなんだけど、大手企業メディアとは思えないほどの、あまりのお粗末な実態に、ちょっと言葉を失っちゃったね。

(このビジネスジャーナルって、サイゾー系なのかな?ちょっと他の同じグループのサイトに比べてちょっと毛色が違っているように感じるけど…どちらにしても非常に残念だ。)

追記:リテラがこの件について言及、ビジネスジャーナルとの関係に触れた上で謝罪を行なったので、下に貼っておこう。

「ビジネスジャーナル」捏造事件、そしてリテラと株式会社サイゾーの関係についての謝罪と説明

スポンサーリンク

煽るだけ煽って、後は責任放棄するだけのネットメディアの”質”

りのちゃん困り2ssa確かにこれは、あまりにずさんすぎるネットメディアの実態が明るみに出ましたね。
しかもビジネスジャーナルといえば、結構有名どころの企業メディアですよね。

管理人このお詫びの記事内容によると、「外注している記者によって執筆された記事だった」ということみたいだけど、こういうレベルの記者が普通に企業メディアで記事を書いていること自体が大きな問題であって、世間に流れている噂や大手のウソ報道に乗せられたのならまだしも、このケースでいえば、完全に確信犯的にウソの内容を載せたことになる

そもそも、このライターもそうだけど、公人でも組織でもない、一般人の女子高生に対して、何の配慮もなく好きなだけバッシングする記事や、プライベートにも平気で踏み込むような記事を量産しているこの実態は、異常としか言いようがないし、これはあまりにも女子高生が気の毒だ

まさに、「面白ければなんでもいい」というコンセプトの元に、煽るだけ煽って後は「知らんフリ」の日本のネットメディアの実態を、この件は表わしているとも言えるだろう。

 

片山さつき氏も例によって、「自身の思惑のために」女子高生叩きに参加!

↓一般人の女子高生をも利用して「貧困叩き」の風潮の醸成にまい進する片山さつき議員。
1

出典:片山さつき Twitter

管理人この騒動の中では、毎度ネット上の様々なムーブメントにしゃしゃり出てきて、社会弱者叩きの雰囲気作りにまい進する片山さつき議員も登場
ネット上の「女子高生叩き」の急先鋒として、いらぬリーダーシップを発揮していた。

片山氏がこんな行動に出たのも、自民党からしてみれば、「彼女は貧乏なんかじゃない、とても裕福だ!」という風潮を根付かせることがとっても都合がいいからなんだよ。
さらには、このバッシングが始まった当初から、このムーブメントを仕掛けた自民党系の「黒幕」がいるんじゃないかと、ボクは疑っているし、SNSなどを通じた女子高生叩きに自民党のネット工作員も多数参加していたんじゃないかな?

一般大衆に彼女を「裕福だ」と錯覚させることによって、貧困層に「自分たちも決して大して貧困ではない」と錯覚させ、さらに”彼ら”に”彼女”を叩かせることによって、「本来の怒りを向けるべき対象」から民衆の目線を見事に逸らさせることができるんだよ。

前にも書いたように、「貧困」というのはあくまで相対的な指標であり、どの程度の経済状態を「貧困」と定めるのかは、その時の世の中の経済状況や立場によって全く異なってくる

自民党(安倍政権)からすれば、「現在生活苦にあえいでいる人間たちがどれだけ生活が苦しくなっても、一切の抵抗をせずに大人しく度重なる増税をも受け入れながら、ただひたすら税金を納め、年金の支給を減らされても文句を言ってこないような世界が最も嬉しい」のであり、事実、連中はそのような世界を本気で構築しようとしている。

それだけは、みんなも認識しておくのがいいんじゃないかな。

りのちゃん怒りssa私も同じ意見です。
それにしても、ネットメディア全体が、こんな自民党の思惑通りに動いている現状も非常に良くない事態ですね…。

私たちは、こんな巧みなネット上の「世論誘導」に乗せられずに、適切な判断力と想像力を維持していきたいものです。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket