【タックスヘイブン】 「パナマ」に続いて今度は「バハマ文書」!ICIJが新たに暴露!日本企業は少なくとも80社か!?


ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)が新たな租税回避地(タックスヘイブン)の内部文書を暴露、舞台はバハマ!

スポンサーリンク

バハマに設立された法人の情報記載した文書 ICIJが公開

「パナマ文書」で各国の首脳や富裕層の隠れた資産運用の実態を明らかにしたICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合が租税回避地として知られるバハマに設立された法人17万社以上の情報が記載された文書を新たに入手し、役員や株主の名前などを公開しました。

【NHK NEWS WEB 2016.9.22.】

せなちゃん素ssaaあら?パナマ文書の次はバハマ文書かしら?
前のパナマ文書の問題が日本でもすっかり忘れ去られてしまっていたけど、ICIJさんがまたまた新たな暴露をやってくれちゃったのね。

管理人ああ、どうやらそのようだ。
今回公開されたバハマ文書は、パナマ文書に比べるとだいぶ規模が小さいようで、ファイルの数でいうとおよそ9分の1程度、データサイズでいうと70分の1程度らしいけど、そこには欧米や中東などの有力政治家の名前も記載されていたらしく、中にはEUの元副委員長だったオランダ人政治家、ネリー・クルース氏の名前まであったのだとか。

ちなみに、早速日本の企業と見られる名称も多く見つかっており、現在分かっているだけで日本企業関連のバハマ法人が少なくとも80社、その役員として名前が出ている日本人や日本企業が少なくとも230以上見つかっているのだという。

パナマ文書が多くの人の脳裏から消えかかっていた中、再び世界にセンセーショナルに暴露された今回のバハマ文書だけど、再びタックスヘイブンに対する批判が日本を含めて世界中で盛り上がり始めるのかな?
この先の展開がちょっと見ものだね。

ちなみに、バハマとは、ウィキペディアによるとこういう国だ。

バハマ国(バハマこく)、通称バハマは、西インド諸島のバハマ諸島を領有する国家。英語圏に属し、イギリス連邦の加盟国であると同時に英連邦王国の一国たる立憲君主制国家である。
島国であり、海を隔てて北西にアメリカ合衆国のフロリダ半島が、南西にキューバが、南東にハイチが存在する。首都はニュー・プロビデンス島のナッソー。
【ウィキペディア】

スポンサーリンク

次々と世界の富豪たちの”秘密”と資本主義経済の”裏面”を暴露し続けるICIJとは、一体何者なのか?

せなちゃん素ssaa世界の大金持ちたちの税金逃れの手口を暴露して、「いかに一部の富裕層たちが特権的な地位を得ているか」ということを私たちに暴いているという点で、ICIJは一見すると、私たちの正義の味方にも見えるわ。

でも、果たして本当にそうなのかしら?

管理人うーん。ボクもこのICIJという団体を少しばかり調べてみたけど、表向きには、アメリカの非営利組織で、「世界中の企業メディアが報道できないような、権力の闇や腐敗を追及し、世界中の市民に向けて情報を公開する」といった目的の元に活動している組織らしい。

ところが、この団体に出資しているCPIという組織の関係者や団体を見てみると、かのジョージ・ソロスや、フォード財団などの、いささか怪しい人々や組織が浮かんでくる
ジョージ・ソロスは、クリントン家とも親しく、一時期ビル・クリントンに誘われてCFR(外交問題評議会)に属していたこともある、稀代の大富豪の投資家だし、フォード財団も、表向きは慈善団体ではあるものの、元CIAエージェントと言われている故・笹川良一の日本財団に資金援助をしたり、CIAと繋がりのある組織と言われている。(ウィキペディア

こういう相関図を見ても、果たしてこのジャーナリスト組織が、手放しで信用していいのか?と言われると、ボクは少し、いやかなり躊躇してしまうんだよね…。

せなちゃん素ssaaということは、こうしたパナマ文書やバハマ文書暴露の裏側には、何か、”別の目的”が隠されている可能性もあるということかしら?

管理人これは確たる情報ではないけど、「世界の1%の支配者たち」が現在の資本主義のシステムを破壊し、従来と全く異なる”新世界”を構築するための「プロセスの一つ」なのでは?といった声も一部で出ているみたいだね。

それは、現金(キャッシュ)を完全に破棄し、”仮想通貨”による世界的に統一されたシステムを構築するためだとか、色々な説が挙がってきているけど、これ以上深追いすると迷宮に入り込んでしまいそうなので、ひとまずはこの辺にしておこう。

とにかく、ICIJの背後にもかなり強大なグローバリストが控えていそうな点に関しては、個人的にちょっと気になっているよ。

せなちゃん素ssaaどちらにしても、この世界的なムーブメントも、何かしらの”裏”がある可能性があるってことね。

私たちは、常にあらゆるところに隠されている罠に嵌ってしまわないように、細心の注意をしながら、色々な問題やあらゆる展開に向き合い、対処していく必要がありそうだわ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA