【ほんとそう】厚切りジェイソンが「日本スゴイ番組」を批判!「そんなに凄くないのに日本の文化に感動しなきゃいけない場面が多い」

Pocket

どんなにゅーす?

・アメリカ人のお笑い芸人・厚切りジェイソンが「日本スゴイ番組」の横行に対して、「そんなに凄くないのに日本文化に感動しなきゃいけない場面が多い」と発言し、一部のネット民から攻撃を受けている

・厚切りジェイソンは「日本は四季があるからスゴイって感動しなきゃいけないシーンだったんだけど、四季はどこにでもある」と発言。彼の発言に賛同する声もあるものの、「アメリカに帰れ」などの批判も殺到し、激しく炎上しているという。

スポンサーリンク

厚切りジェイソンが“日本スゴい番組”の愛国ポルノを批判し炎上! でも「四季があるのは日本だけじゃない」は正論だ

あの厚切りジェイソンが“日本スゴい番組”を批判して、炎上している。
発言が飛び出したのは、2月19日放送『ボクらの時代』(フジテレビ)でのこと。SHELLY、パトリック・ハーラン(パックン)との座談会のなかで、厚切りジェイソンは、外国人タレントとして仕事をするなかで感じるデメリットについて話を振られ、このように語った。
「本当はそんなにすごくない日本の文化に対して感動しないといけない場面とかが多い。こういう話していいかどうかわからないけれど、たとえば、日本がなんでスゴいかという番組のなかで、四季があるから、季節がいっぱいあるからという意味だったんですけど、アメリカにも季節は四つあるんだよね……。でも、と言ったら、もう全面カットだから『四季スゴいよねー』と言わないといけない。四季はどこでもあるよ!」

【リテラ 2017.2.21.】

出典:PRESIDENT
スポンサーリンク

自分の国を「スゴイ」「素晴らしい」と自画自賛する番組がテレビで乱立している異常事態

あの厚切りジェイソンさんが番組上で発した言葉がネット上で炎上してしまっているみたいですぅ。

確かに、厚切りさんが言われるとおり、少し前に比べて、「日本はこんなにスゴイ」ってごり押しする番組が異常に増えてきてて、ちょっと変な感じがしますですぅ

あおいちゃんむっssaまったく、自画自賛ばっかりするなんて気色悪いわね!
「スゴイスゴイ」言っているだけじゃ、全然成長なんてしないし、そもそも身の周りで「オレってこんなに凄いんだぜ!」みたいな自画自賛の自慢話ばっかりの男がいたらそれこそドン引きよ!

一体この国のテレビはどうなっちゃっているのよ!

管理人ボクは、大体2年位前からこのテレビで起こっている「異変」に気がつき始めて、当時は検索しても、ほとんどそういったことに言及しているコメントや記事は見かけなかったものだけど…さすがに最近は、このおかしな現象がかなり多くの人たちの間で言われるようになってきているね。

あおいちゃんの言う通り、大した根拠もなく自分のことを「凄い凄い」言っている人がいたらはっきり言って引くし、厚切りジェイソンが言っていることは、完全にごもっともだ。
ボクは、ああいう番組に出ている外国人の人たちも結構な割合で仕込み(つまりはヤラセ)が入っていることも疑っているけど、どうなんだろうね。

そもそも、日本も含めた世界中のあらゆる文化や風習などに、凄いも凄くないも無いし、優れているものも無ければ劣っているものも無いだろう。

そして、実は、こういった日本のテレビで横行している「日本スゴイ」番組に、かなりの率で外国人が出てくるのが「ミソ」で、とにかく外国人が「私たちから見ても日本はとてもスゴイ」と感動しているシーンが異様に目立つだろ?

これはどういうことかというと、こうしたテレビ番組を通じて、「世界的に見ても、日本はこんなに素晴らしい国だ」という認識(錯誤)をボクたちに植え付けようとしている…ってことなんだ。

外国人がこうした反応をしているテレビ番組を流すことで、「客観的に見ても日本はとても恵まれた国」というイメージを(無垢な)国民にどんどんと刷り込んでいくことで、常日頃から庶民が感じつつある生活苦や貧困、政治の腐敗やブラック労働などの「ストレス」を多少なりとも麻痺させる効果を期待できるし、「日本は世界でも恵まれているスバラシイ国なのだから我慢しよう」という気分にもなるんじゃないだろうか。

こうすることで、より我慢(忍耐)強い国民性を育てることが出来るし、どんどん政治が腐敗し、国民無視の悪政が横行しようとも「世界の人があんなに日本スゴイっていうんだから…」という思考に陥り、結果、ますます奴隷的な国民性が育まれていく

まさに、実に悪質な洗脳工作(3S政策)の一つであり、特に庶民の貧困が深刻化し出した安倍政権下で、こうした「日本スゴイ番組」が異常に横行するようになったことからも、その「真の目的」が分かるんじゃないかな。

これは一種の「危険信号」であり、大日本帝国下でも似たような自画自賛の歪んだ愛国教育がされていたことからも、こうしたマスターベーション的な愛国心の押し付けが始まっているということは、それだけ悪政が横行し、国民無視の政治が酷くなってきていることの証ってことにもなるだろう。

そういう意味で、厚切りジェイソンのこの言葉は、結構重要な気づきに繋がるような発言だし、実際は、日本のテレビが競うように放送している内容と違って、多くの外国人はそんなに「日本は本当に素晴らしい」って思っていないと思うよ。

スポンサーリンク

本来の「愛国心」とは、自国(自分自身)を謙虚に見つめ直し、権力批判(自己批判)の精神を持ちながら、よりよい国を目指していくもの

あおいちゃんかなり困りssaうわぁ…。
てことは、これも一種の、私たちを従順な奴隷に変えていくための悪質な洗脳の一つってことね!

みはるちゃんパニックssaまたまたそんな怖い話ですかぁ~!
今の日本は危険な洗脳で溢れかえっていますですぅ!

管理人国を「自分自身」に置き換えてみると分かりやすいと思うけど、本来の愛国心っていうのは、人から押し付けられるものでもないし、ただ訳も無く「自分たちの国はこんなにスゴイ」と自画自賛(マスターベーション)するためのものでもない

ボクたち自身が人間として成長するためには、「まず自分自身を客観的に見つめ直す」ことが大事であるように、本来持つべき愛国心っていうのは、今の自分たちの国の現状を客観的に見つめ直し、現在自分の国で何が起こっているのかを考え、自己批判の精神を持って、どこが至らないか?どこかおかしいか?を分析していくことなんじゃないかな。

そして、いくつかの問題点が見つかったら、それを直すことを試みて、より良い国にしていけるように努力していくことこそが本当の愛国心だとボクは思う。

こういう作業を繰り返していけば、おのずと自国に対する誇りや感謝の気持ちを持てるようになるはずだし、「自分を大切にできる人は他人も大切にできる」という言葉があるように、他国や他民族に対しても、一定の存在価値を認め、寛容な心を持って大人の付き合いが出来るようになるはずだ。

今まさに、安倍総理や昭恵夫人が深く感動したという、森友学園の異常な愛国教育がクローズアップされているけど、あんなのはボクに言わせれば、愛国心でもなんでもなく、ただの幼稚なカルト思想の押し付けだし、ネット上を見渡しても、本来の愛国心とは程遠い、子供じみたマスターベーション行為がそこここで氾濫している状況だ。

こういう狂った「似非愛国」の押し付けは、全ては安倍政権や、その上にいる海の向こうのネオコン軍産勢力のチープな「愚民化政策」の一つであり、こんなものに引っ掛かってしまうと、連中の利益のためにいいように操られ、最後は戦争などを通じて殺されるだけなので、絶対にこういう詐欺洗脳に引っ掛からないようにしよう。

 

まとめ

みはるちゃんかなり困りssa管理人さんの話を聞いても、今の日本は、ネットでもテレビでも、私たちの頭をおかしくさせるための洗脳工作が相当激しく繰り返されているんですねぇ。

あおいちゃんむっssaほんとね!
私も普段から肝に銘じて、絶対にこんな工作に引っ掛からないようにしなきゃ!

管理人日本の芸能界には、昔から外国人タレントの中に(ダジャレ好きの某氏を筆頭に)CIAエージェントが混ざっているって噂されてきたけど、こういう発言を聞く限り、厚切りジェイソンはこうした連中とは無関係な人なのかな
(ヒラリーごり押しのパックンなどと違って)トランプについても好意的にコメントしているみたいだし、個人的には今回の発言で厚切りジェイソンのイメージがアップしたよ。

とにかく、国民の多くが観ているテレビ上では、日本のマスコミを支配しているCIAや電通などを通じて、常に様々な危険な洗脳工作が施されているので、みんなも十分に注意しようね。

※おまけ動画:CIAエージェントと噂される某外国人タレントの放送事故(1分15秒くらい~)↓

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket