【ほんとに?】アトピーの強烈なかゆみの原因やメカニズムを九州大が解明!効果的な治療薬の開発に期待も!

Pocket

どんなにゅーす?

・九州大学の研究チームが、アトピー性皮膚炎のかゆさをもたらす原因物質のたんぱく質とそのメカニズムを解明したと、複数のメディアで報道されている。

・同研究チームはイギリスの科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」にこの成果を発表し、根本的なかゆみを抑える特効薬の開発が期待されているという。

スポンサーリンク

九州大がアトピー性皮膚炎の原因究明  かきむしる辛さから解放されるか

これまでの研究で、かゆみを直接引き起こすのは「インターロキシン31」(IL-31)というたんぱく質だということが知られていた。

「インターロキシン31」は、アトピー性皮膚炎患者の血液中には健康な人と比べて10倍以上も多い。血液中の免疫細胞が刺激されると大量に増えるが、そのメカニズムはわかっていなかった。

研究チームは、「ドック8」(DOCK8)というたんぱく質が欠損した患者が重いアトピー性皮膚炎になることに着目した。アトピー性皮膚炎を発症したマウスと健康なマウスで、ドック8の働きを詳しく調べると、「ドック8」が少ないと「インターロキシン31」が増えることがわかった。そして、さらに「ドック8」の増減に「イーパス1」(EPAS1)というたんぱく質が影響を与えていることを発見した。つまり、「イーパス1」→「ドック8」→「インターロキシン31」→「かゆみの発症」という流れが推測された。

そこで、立証のために「イーパス1」を健康なマウスに注入してみると、「インターロキシン31」が増えた。逆に、アトピー性皮膚炎のマウスの「イーパス1」を減らすと、「インターロキシン31」が減った。人間の患者の免疫細胞で行った実験でも同じ結果だった。こうして「イーパス1」がかゆみの源となっていることを確認した。「イーパス1」を減らす薬剤を開発すれば治療薬につながるという。

【J-CASTニュース 2017.1.10.】

スポンサーリンク

 

みはるちゃん笑いssaあはっ!これは久々に結構いいニュースだと思いますぅ!
私の友達でもアトピーに悩まされている子がいますし、アトピーのかゆみを直接的に抑える薬が開発されたら、多くの患者さんがかなり楽になるはずですぅ!

管理人ボクも小さい頃からアレルギー体質で、鼻炎や喘息、軽度のアトピーに悩まされているけど、本当にあのかゆみはクセモノなんだよね…。
乾燥したり季節によって患部がかゆくなってきて、猛烈にかきたい衝動が襲ってくる上に、少しかいてしまうとその気持ち良さが癖になり、気づけば激しくかいてしまうことで、余計に患部が悪化し、見事な悪循環に陥ってしまう

この負のループを断ち切るのはとても難しく、結果、副作用が心配されるステロイドに頼らざるを得ないのが現状だったけど、このかゆみのメカニズムを直接的に抑える薬が開発されれば、ステロイドも使用せずに、効果的に治療・根治できるようになるのかな

しかし、そもそもアレルギーは現代社会が生み出した病気でもあり、現代の文明でもたらされた様々な環境ホルモンや化学物質、食品添加物などが原因であると言われているので、そもそもアトピーなどのアレルギーが発生する原因物質やメカニズムそのものを徹底的に解明して欲しいし、これらを防止する方法をボクは真に知りたいよ。

まあ、(権力者の利害関係などの理由で)真にアレルギーを引き起こすメカニズムや予防する方法は公に出されない可能性が高い気がするけど、せめて、多くの人達が苦しんでいるアトピーなどに対する効果的な薬が開発されることは歓迎すべきことだろう。

ボクもアレルギーに悩まされている身として、今後の進展に期待しておきたいと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket