麻生派と谷垣グループが会談し、合流を視野に協力体制を確認!自民党内でポスト安倍を想定して派閥再編の動きか!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年2月13日、麻生派と谷垣グループの幹部が会談し、合流も視野に入れた協力体制を確認し合ったとのこと。

・現在強い権力を発揮している細田派(清和会)に対抗するためと予想されており、ポスト安倍を想定した派閥の再編が起こり始めているとの声もある。

スポンサーリンク

麻生派と谷垣G幹部が会談 連携強化で一致

自民党の麻生派と谷垣グループの幹部らが13日夜、都内で会談し、将来の合流も視野に連携を強めていくことで一致した。

両グループは元々は同じ派閥で、去年から会談を重ねている。会談後、谷垣グループの幹部の1人は「二大派閥が自民党内にできることは非常に有意義だ」として、最大派閥の細田派に対抗するためにも麻生派との合流に意欲を見せた。

2

4

6

【日テレNEWS24 2017.2.14.】

スポンサーリンク

りのちゃん真面目ssaあまり注目されていないみたいですが、自民党内ではこのように水面下で派閥再編の動きが進んでいるみたいです。

これは、安倍総理を筆頭に近年圧倒的な権力を誇ってきた清和会に対抗する動きと思われ、対抗勢力が少しずつ地固めを始めていると見るのがいいかもしれません。

管理人今回、麻生派と谷垣グループが会談したとのことだけど、これはもともと一つだったものが分かれたもので、この両者は「宏池会(こうちかい)」という大きな派閥で、先日総理大臣への意欲を見せていた岸田外務大臣を筆頭とした勢力だ。

この派閥の大まかな性格は、保守系と言われる中でもやや穏健と言われる勢力で、日米関係を重視する一方で、一定程度日中関係も重視する傾向があり、現在の主流派の清和会(細田派)と比べると、まだ海の向こうの軍産勢力やネオコンとの結びつきは少なめだといえるだろう。

 

安倍総理の「オリンピック以降も総理継続」の機運が急速に減退

りのちゃん真面目ssa一時期、解散総選挙の声とともに、安倍総理の無期限の総裁継続「オリンピック以降も総理を」との声がかなり表に出てきていましたが、なんだか最近これらが急に聞かれなくなった気もします
これは、若干ながら安倍総理の権力が弱まってきていると見ていいのでしょうか?

管理人確かに安倍総理の清和会と対抗する勢力は存在していたけど、勢力がかなり弱体化していたのと、ずっと「そのタイミング」を見極めるべく静かに眠り続けてきたものの、色々な空気を読んでにわかに準備を始めてきたということもしれないね。

まあ、同じCIAが作った自民党の中での話だし、いわゆる自民党のリベラル系はほとんど絶滅寸前なので、そこまで大きな違いはないんだけど…それでも、日本会議やネオコン系カルト宗教と相当ズブズブな今の清和会と比べると、幾分マシっぽいのは確かだろう。

安倍総理は文句なしに戦後歴代の総理の中で最悪な部類だと思うし、ボクは一刻も早く少しでもまだマシな総理に変わって欲しい思いなので、まあ、大いに自民党内でポスト安倍の動きが盛り上がっていけばいいんじゃないかな?

りのちゃん困り2ssaそれは言えていますね。
とにかく、宗教が露骨に政治に絡んでくる事態は絶対に避けるべきですし、不正も含めてカルト宗教と徹底的に癒着している安倍政権は一刻も早く終わらせるべきですね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket