麻生副総理、北朝鮮難民対策で最大級の問題発言!「武装難民かもしれない、警察で対応するのか、自衛隊か、防衛出動か、射殺か」

Pocket

どんなにゅーす?

・問題発言を連発させている麻生副総理兼財務相がまたも凄まじい暴言をしたとして、各所から批判が殺到している。

・2017年9月23日、宇都宮市内で講演した麻生氏は、北朝鮮の難民対策において、「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」などと発言。難民問題を根本から軽視し、射殺も含めた対応を示唆した発言として、多くの怒りの声が噴出している。

スポンサーリンク

麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 武装難民対策

麻生太郎副総理は23日、宇都宮市内での講演で、朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れたうえで、「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語った。

麻生氏はシリアやイラクの難民の事例を挙げ、「向こうから日本に難民が押し寄せてくる。動力のないボートだって潮流に乗って間違いなく漂着する。10万人単位をどこに収容するのか」と指摘。さらに「向こうは武装しているかもしれない」としたうえで「防衛出動」に言及した。

防衛出動は、日本が直接攻撃を受けるか、その明白な危険が切迫している「武力攻撃事態」などの際に認められており、難民対応は想定していない。

【朝日新聞 2017.9.24.】

麻生氏「武装難民の射殺」に言及…朝鮮半島有事

麻生副総理兼財務相は23日、宇都宮市内のホテルで講演し、朝鮮半島有事で難民が日本に押し寄せた場合の対応について、「武装難民かもしれない。警察で対応できるか、自衛隊の防衛出動か、射殺ですか。真剣に考えた方がいい」と述べた。

難民が武装していた場合に国民の安全を確保する重要性を強調した発言だが、防衛出動や「難民の射殺」に言及したことは不適切だと指摘を受ける可能性もある。

【読売新聞 2017.9.23.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「武装難民かもしれないから射殺するか…?」史上最悪の人権・人道無視の超ド級問題発言が炸裂!

出典:Sharetube

ナチスやヒトラーに関する礼賛発言など、とんでもない問題発言を続けてきた麻生副総理が、史上最悪の問題発言を行ないました。
早速多くの有識者の方からも怒りの声が殺到していますが、あまりに酷すぎて言葉も出ません。

これまでの数々の発言を聞いても、彼が根っからのネオナチ&優生学思想を持っていることは嫌というほど分かっていたけど、こういう発言が口を突いて公の場で出てきてしまうこと自体が、深刻な脳の病気に冒されていると思わざるを得ない

そもそも、最大の難民対策というのは、「戦争や紛争を極力起こさず、それぞれの国の民が国を脱出せざるを得ない状況を作り出さないこと」…これに尽きる。
懸命に外交努力などを行なっても、(国内の政情不安などの要因で)どうしても難民が発生してしまった際には、国際的なルールに則って、それぞれの国で調整し合いながら受け入れていくのが世界的な一般認識だけど、「武装難民かもしれないから射殺するか…?」などという発想など、現代における普通の先進国の政治家の発言としては、もちろん前代未聞だろう。

しかも、北朝鮮から極力多くの難民を出さないためには、何より「北と軍事衝突を引き起こさないこと」が重要であるはずなのに、安倍政権とくれば、逆にひたすら北を激しく挑発するばかりで、戦争の種をどんどん植え付けようとしている始末だ。
その挙げ句、万一(安倍政権の狙い通り)戦争に発展し、北から大量の難民が出た暁には「射殺も検討」するとは、一体どこまで身勝手で狂人的な思考回路なんだろうか

あまりにもあらゆる常識からかけ離れすぎていて、開いた口が塞がらないよ。

もしこれが、「日本の強さをアピールする」日本国民向けの選挙パフォーマンスだとしたら、根底から感覚が狂っているとしか言い様がありませんね

この前のヒトラー礼賛発言も世界中で報道されたみたいなので、今回の発言も大々的に世界を駆け巡る可能性がある。
言うまでも無く、世界標準で言うと即刻辞任級の大問題発言だけど、果たして、日本のマスメディアはどこまでこれを報じることが出来るのか、今度の動きをよく見ていこうと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket