【売国奴】麻生財務相が米ニューヨークで消費税10%の引き上げを約束か!?「上げやすい景気状況になってきたのは確かだ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年4月19日、麻生財務相がアメリカ・ニューヨークで講演し、消費税10%の増税に意欲を燃やしたとのこと。

・麻生氏は日本の景況と消費税引き上げにについて、「今までとは全然違う。上げやすい景気状況になりつつあるのは確かだ。」などと語り、さらには日本が主導してTPPをアメリカ抜きの11か国で締結する方向性を打ち出したという。

スポンサーリンク

麻生氏「上げやすい景気状況に」消費増税に意欲

麻生副総理兼財務相は19日、ニューヨーク市内で講演し、2019年10月に予定される消費税率の10%への引き上げについて、「上げやすい景気状況になりつつあることは確かだ」と語った。

10%への引き上げは2度延期されており、「三度目の正直」での実現に意欲を示した。

麻生氏は「今までとは状況が全然違う。少しずつ消費が伸びており、今年の後半には、そうした姿が出てくると思う」と語った。

一方、麻生氏は環太平洋経済連携協定(TPP)について「米国なしで11か国でTPPをやろうという話は、5月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)で出る」と述べた。米国はTPPからの離脱を通知しており、日本として米国を除く11か国での発効を目指す方針を示したものだ。

【Yahoo!ニュース(読売新聞) 2017.4.20.】

出典:Sharetube
スポンサーリンク

スポンサーリンク

「水道外資売り渡し宣言」の筋金入りの売国奴麻生氏が、「ご主人様」の前で日本の消費増税とTPP復活を約束か!?

今度は麻生大臣メチャクチャなデタラメとおかしな発言を始めちゃってるみたいね!
日本の景気が「今までとは全然違う!消費税が上げやすい状況になりつつあるのは確か」って、一体どこがよっ!?
あのヤフーコメントでさえも、否定と怒りのコメントが多数寄せられていたわよ!

それに、どうしてこんなことをアメリカなんかで熱く語っちゃっているのよ~。

どういう会合でスピーチしたのかこの記事には出ていないけど、つまりはグローバリストの”ご主人様”の前で、これらの「誓いを立てた」というわけか。

麻生氏といえば、ワシントンのCSISで「日本の水道の外資売り渡し宣言」をしたことも有名だし、今まさにその約束(水道民営化)が実行されようとしている状況だ。
つまり、麻生氏がアメリカが「誓い」を立てると、その”約束”が後に日本で実行されるパターンがあるということだし、TPPのアメリカ抜きでの復活劇も、そして消費増税も、全てはこの「ご主人様のため」に、忠実に実行されてしまうということだ。

そして、(あまり疑問に感じている人がいない様子だけど)何故彼が日本国内ではなく、アメリカでこのようなスピーチをしているのか?という”その理由”を考えることが大事なんだよ。
(そうすれば、消費税(増税)も「日本の国益のためでは全くない」ということが、おのずと分かってくるんじゃないかな。)

つまりは、今回のニューヨークでの講演は、定期的に開催されている「真性売国奴の日本売り宣言」ってことね!
種子法廃止や水道民営化や、TPPの復活に燃えている安倍政権自体が真性売国集団だし、だからこそ、日本で安倍政権がこんなに強大な権力を持つことを許されているってことなのね!!

もうあおいちゃんも、だいぶ日本や世界の仕組みが分かってきたみたいだね。
麻生大臣が、ここまで色々とご主人様に気に入られるためにあれこれお約束しているってことは、彼が安倍総理の後の総理に就任する可能性が高まっているのだろうか

ボクは、いずれは小池都知事が総理に就任して、結構な長期政権になることを予想している(その後は進次郎氏か?)けど、日本国民がこうした戦後日本の内部に巣食う”仕組み”や世界支配層にコントロールされたマスコミの実態に気がつかない限り、日本国内のグローバリズムと国家の破壊、庶民の貧乏化、世界の経済危機による破綻の流れは止められなさそうだ。

もう、すでに結構ヤバ過ぎる段階に来ちゃってる感じがするものね…。
冗談抜きで、この先の世界を生き残れるように色々と準備をしておくのがいい気がしてきたわ。

とにかくも、麻生大臣や安倍政権によるこれらの最上級の売国行為に、国民は全力で怒っていく必要がありそうだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket