【動画&画像】熊本・阿蘇山が噴火!噴煙が1万メートル以上も上がり、噴石や火山灰が九州・四国など広範囲に降り注ぐ!


地元住民「ここまでひどいのは初めて」、農作物などにも深刻な被害

スポンサーリンク

阿蘇山で爆発的噴火 西日本の広範囲で降灰

8日未明、熊本県の阿蘇山の中岳第一火口で爆発的な噴火が発生し、これまでに西日本の各地で灰が降ったことが確認されています。気象庁は阿蘇山に火口周辺警報を発表して噴火警戒レベルをレベル2から3に引き上げ、火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、8日午前1時46分ごろ、阿蘇山の中岳第一火口で規模の大きな「空振」と呼ばれる空気の振動や地震を伴う爆発的な噴火が発生しました。
監視カメラの画像の分析から、噴火に伴って火口から1キロを超えて噴石が飛んだと見られるほか、気象衛星による観測で高さ1万1000メートルに噴煙が達したことが確認されたということです。

【NHK NEWS WEB 2016.10.8.】

スポンサーリンク

管理人8日の午前1時46分頃、阿蘇山の中岳第一火口で爆発的な噴火が発生
上の動画を観ても、爆発の瞬間には、かなりの衝撃とマグマが噴射したことが分かるし、地元の街を中心にかなりの噴石や火山灰が降り注いだことが確認される。

また、噴火が原因と見られる停電が阿蘇市で発生噴煙の高さは1万メートル以上に達し、九州各県や四国などの広範囲で火山灰が降ったことのことで、気象庁は今後も降灰予報を発して、西日本に警戒を呼びかけるとのことだ。

 

阿蘇山の爆発的噴火は昭和55年以来とのこと

あおいちゃんかなり困りssaこ、これは…この画像を見ただけでも、特に地元の街などはかなりの被害が予想されるわね。
熊本といえば、過去に例を見ない規模の大地震に見舞われたばかりで、ようやく復興に向けて少しずつ動き出したばかりなのに、その矢先に、今度はここまで大きな阿蘇山の噴火に襲われてしまうなんて…。

管理人今回も(御嶽山同様に)事前に噴火の予測らしい予測もなかった気がしたけど、やはり火山の噴火も、地震と同様に予想がかなり難しいということになるのかな。
阿蘇山の爆発的な噴火は昭和55年以来とのことだけど、この噴火が熊本地震と何らかの関連があることは十分に考えられるだろう。

そして、地元を中心にかなりの降灰による被害が出ている様子だ。
今後も最大級の警戒を持って、阿蘇山の動きを観測する必要があるのと、被害の全容把握に全力を傾けて欲しいと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA