【驚き】もったいない学会&第38回縮小社会研究会「昭恵さんに頼んだら、翌日には安倍首相から話があり、アッという間に8千万の予算がついた」

Pocket

どんなにゅーす?

・環境工学者の松井三郎氏が開催した「もったいない学会&第38回縮小社会研究会」において、松井氏が話している衝撃的な内容について、ネット上で物議をかもしている。

・松井氏は「アフリカでエコトイレの支援をしようとして外務省と交渉していたがずっと断られていたので、安倍昭恵に頼んだら、翌日には安倍首相から話があったという事で、アッという間に8千万の予算がついた」と話しており、「私人」である昭恵夫人が国内で総理以上に絶大な権力を持っていることを示唆する”エピソード”として、ネットで大きく話題に。

スポンサーリンク

↓驚きの発言は33分くらい~

スポンサーリンク

昭恵夫人に頼み込んで気に入られれば、いつでも国の財産を自由に使い放題!?日本で最強の権力を持つ「私人」安倍昭恵!

またまた安倍昭恵夫人に関する驚愕のエピソードが飛び出してきました!
大元の動画は、話題になったことを受けて早々に非公開にされてしまったみたいですが、まさに昭恵夫人が実質的に安倍総理を完全に支配していて、事実上国家のお金を私物化していたことを示唆するような話ですね!

本当にこれまたびっくり仰天の話だけど、よく調べると似たようなものがさらにどんどんと出てくるかもしれないぞ。

まさに昭恵夫人が総理を完全に尻に敷いて、好き放題に国のお金を使い込めるような状態だったと言えそうだし、これを森友学園にも当てはめてみると、妙に辻褄が合ってしまいそうなのがこれまた怖いね。

この前に「昭恵夫人は私人」との見解が閣議決定されたけど、これじゃあ、昭恵夫人という「私人」が今の日本の実質的な最高権力者である状態とも言えそうだし、韓国のパククネが罷免された原因となったスキャンダルとかなり似ている構図になってきた(さらにもっとずっと酷そう)といえるだろう。

とにかく、当事者は動画を慌てて非公開にしてしまったようですが、コピーがすでに上がっていますし、これについてもきっちりと当事者から説明をしてもらって、実態解明を進めていく必要がありそうですね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket