【少なすぎ!】安倍信者が民進党本部で大規模辻元抗議デモを企画!→1日目の参加者7人!2日目12人!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権の熱狂的な支持者たちが、2017年4月1日、2日の2日間で辻元議員に対する大規模抗議デモを企画したものの、1日目の参加者が7人、2日目の参加者が12人しか集まらず、ネット上で大きな話題になっている。

スポンサーリンク

↓辻元議員への抗議デモがネット上で大々的に宣伝されるも…

出典:Twitter(@apio7777)

↓1日目のデモの様子。

出典:Twitter(@NocturnalViolet)

↓2日目のデモの様子。

出典:Twitter(@NocturnalViolet)
スポンサーリンク

スポンサーリンク

えええ~~っ!?
あんなにネットであの件が大騒ぎされていたのに、実際にデモに集まった人は2日間で19人ですってぇ!?

散々騒いでいた人たちは一体なんだったのかしら??

にゃは~!
こりゃまた傑作だにゃ!!

あんなに大騒ぎしていた人たちも、本当は薄々分かってたから、行くのをやめちゃったんだにゃ。

ほんとに、あれだけ大騒ぎしていた集団はどこに行ってしまったんだ?というほどの閑散さだね。
(挙句の果てには、「我々を貶めるために在日左翼が企画した自作自演デモだった!」なんて一部で言い出している始末らしい…^^;)

にゃこちゃんの言う通り、多くの人たちは心の中で「これはデマっぽい」と薄々感じていて、とにかく恥をかきたくなかったから行くのをやめたのか、それとも、そもそも実際にネット上に出ているコメントの数と「実人数」が相当にかけ離れている疑いも出てきてしまうね。

インターネットでは、一人でいくらでも複数の人数を演じて大量の書き込みをすることも容易に出来てしまうし、例えば、業務として専用の投稿ツールやソフトを使えば、ものの100人いれば数万~数十万レベルのコメントを投稿することで、それなりの世論操作を行なうことも十分に可能だ。

自民党は、ネットがここまで普及する前から、2ちゃんねるなどを通じて本格的なネット工作をやってきたことが分かってきているし、ネットサポーターズクラブ民間のネット工作企業に委託するなどして、大量の資金を投入しながらネット工作を行なってきたことも今や多くの人の知るところとなっている。
さらには、現在では人工知能(AI)を使ったより効率的なネット工作も始められているとの話も聞くので、今後はより大規模で威力のある世論操作を行なうことも可能になっていくかもしれない。

…まあそれにしても、このデモはちょっと酷いね。
つまりは、この波に乗っかって一緒になって辻元議員を叩いている有名人や政治家も、心の底では「分が悪い」ことを分かっているこそ、参加するのを控えたと考えるのが良さそうだ。

それなら、もうネット上でも叩くのをやめるべきだと思うんだけど…ほんとにせこくてずるい人たちだね。

ほんとに自民党のネット工作って、想像を超えるすごい規模なのね!

こういう話を聞くと、なんか日本全体が、すでにウソとヤラセで埋め尽くされているような気がしてしまうわ…。

すでに安倍信者の人たちのずるさや汚さは、森友学園の籠池しゃんへの尻尾きりで完全にバレバレになってるにゃ!

そうだね。とにかく、テレビや新聞は以前からそうだったけど、今やネット上ではもっと凄まじいヤラセや大規模な工作活動が行なわれていることはボクたちも念頭においておくのがいいかもね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket