【逃げの一手】「6年たって節目迎えた」…安倍政権の突然の3.11会見打ち切り発表にネット上では批判の声が殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年3月10日、安倍政権は2012年以降毎年行なってきた、総理による3月11日の東日本大震災に関する記者会見を打ち切ることを発表。

・政府主催の追悼式では式辞を朗読するものの、記者からの質疑応答は以後行なわない方針となり、ネット上ではこの安倍総理の対応に批判の声が相次いでいる

スポンサーリンク

安倍首相の3・11会見打ち切り=震災6年で「節目越えた」

政府は10日、東日本大震災の発生翌年の2012年から3月11日の節目に合わせて開いてきた首相記者会見を打ち切ることを決めた。

震災から6年となり、「一定の節目を越えた」(政府関係者)と判断した。安倍晋三首相は11日に政府主催追悼式で式辞を朗読するが、会見は行わない。

民主党政権当時の12年の会見は野田佳彦氏が行い、13年以降は安倍氏が毎年実施。被災地復興への取り組みなどを説明してきた。質疑のない式辞では、国民に対する説明が不十分となることも予想されるが、菅義偉官房長官は会見で「(影響は)全くない」との認識を示した。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2017.3.10.】

↓ネット工作員の巣窟といわれてきたヤフーコメントにも批判の声が並ぶ。

出典:Yahoo!ニュース(時事通信)

出典:yaeyamanippo-business.com
スポンサーリンク

安倍総理の突然の3.11会見打ち切り発表は、「それ以外の都合の悪い質問」を避けるため?

今日は、あの人類史に残る悲劇だった「東日本大震災」から7年ですが、毎年行なわれてきた3.11に関する会見の「打ち切り」を安倍総理が突然発表しました。

この突然の総理の一方的な対応に、ネット上は多くの批判の声が湧き起こっているようです。

「震災から6年の節目を迎えたから」という政権側の理由もよく分からんし、当然のごとく「被災者の心情をあまりに軽視・無視しているのでは?」との怒りの声も多く聞こえてきているけど…ボクは、これは単に、森友学園を筆頭とする都合の悪い質問が記者からたくさん飛んでくるのがイヤだから、急遽この会見を取りやめたようにしか思えないね。

今まで国会では野党議員の厳しい追及を受けてきて、これは避けようがなかった状況だったけど、今まで森友疑惑について、安倍総理自身がマスコミの記者から本格的に取材を受けたり質問を受けたりする場はほとんどなかったように感じるからね。

本当であれば、震災の被災者を慮るポーズを見せて、支持率を上げていくまたとないチャンスだったはずだけど…これよりも、政権にとって都合の悪い質問を次々と浴びて、みっともない姿を国民の面前に晒したくなかった方が上回って、結局これを取りやめることにしたんじゃないかな。

相変わらず、総理には到底ふさわしくない器の小ささを見事に露呈しているし、安倍支持者が大集結することで知られるあのヤフーコメントさえもこんな状況ということは、明らかに安倍政権に対する厳しい見方が国民の間に広がりつつあると見ていいんじゃないかな。

とにかく、安倍総理が国民のことはこれっぽちも考えておらず、それどころか、自らの権力維持と延命、祖父の岸信介氏の”亡霊”に取り憑かれながら「憲法改正の野望」に突き進むことだけで頭がいっぱいであることは明らかかと思います。

このままもっと、安倍政権の過去の政権の例にもなかった酷さや危険さを多くの国民が強く認識して、最終的に退陣の流れまで作っていくことが出来ればと思っています。

そうだね。
どちらにしても、3.11は、原爆投下や過去の多くの戦争などとともに、永遠に語り継いでいかなければならない出来事だと思うし、二度と福島原発事故のような悲劇を繰り返さないためにも、全ての国民が真剣に次の世代の子供たちのことも考えて、安心・安全で豊かな日本を作っていくことを目指し、努力し続けていくことが大切なのではとボクは思っているよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket