【は?】安倍総理「TPPは大変厳しい状況になってきた」「しかし決して終わっていない、何とか推進したい」


どんなにゅーす?

・2016年11月14日、安倍総理は参院TPP特別委員会に出席し、「TPPは大変厳しい状況になってきた」と話した。

・その一方で、「まだ決してTPPは終わっていない」「何とか推進したいという強い決意は、私も他の国も変わっていないと思う」と発言。

スポンサーリンク

TPP発効「大変厳しい状況になってきた」 安倍首相

安倍晋三首相は14日午前、環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案と関連法案について審議する参院TPP特別委員会に出席し、TPP発効の可能性について「大変厳しい状況になってきたと認識している」と述べた。民進の小川勝也氏の質問に答えた。

~省略~

首相は一方で「(TPPが)終わったのかといえば、決して終わっていない。アジア太平洋地域の発展に大きな意義があり、何とか推進したいという強い決意は、私も他の国々のリーダーも変わらないと思う」とも強調した。

【朝日新聞2016.11.14.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

支離滅裂、精神分裂のピークに達しつつあるわが国の総理

もぉ、一体なんなのこの人は!

トランプさんが当選した時点で、従来どおりのTPPが暗礁に乗り上げるのはほぼ分かっていたはずなのに、その後になっても衆院本会議で強行採決

その直後に「TPPは大変厳しい状況なってきた」…って、どれだけ支離滅裂のメチャクチャな行動をしているのよ!

管理人おまけに「何とか推進したい」というのも、耳を疑うようなトンデモ発言だね。

とにかく確実なことは、安倍自民党は、下野時には「TPP断固反対」を大々的に掲げていたのに、今や「TPP熱烈推進」に完全に変わってしまったということだ。

ここまでの180度の変節はありえないことで、本来であれば、この「最大級のペテン」を徹底的に追及しなければいけないところ、これをメディアが全く指摘・追及しようしないという所が、この国の病巣の深さの全てを物語っているね。

↓安倍政権最大級のペテン。

あおいちゃんひええssa本当だったら、日本も韓国みたいに大規模デモしなきゃいけないくらいに、政治の腐敗と国民への裏切りが止まらないのにっ…いまだに多くの国民が無関心で知らん顔だなんて…マスコミも政治も、そして私たちも…何もかもが狂って来てるわっ!!

管理人せめて、ボクたちやメディアに洗脳されていない一部の人たちが、こうした安倍政権のトンデモ具合やメディアの異常さを訴えていって、少しでも洗脳されている人たちを目覚めさせていくことが大切かと思う。

安倍総理は、17日の会談でトランプ氏にTPPに参加するように促すつもりみたいだけど、一体どういうことになるのか…じっくりと今後の日米関係の変化をチェックしていくこととしよう。

そして、この記事でも書いたように、確かに「TPPはまだまだ終わっていない」可能性も十分にあるので、今後も引き続き警戒をしていくのが良さそうだ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA