【ヤバイ】安倍政権が水道民営化を含んだ「水道法改正案」を閣議決定!森友疑惑に国民の目が集中しているさ中で…

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年3月7日、水道の民営化を含んだ水道法改正案が閣議決定された。

安倍政権は今国会での成立、2018年度の施行を目指しており、これにより日本の水道がいよいよ外資に売り渡される危険が高まってきている

スポンサーリンク

水道の広域化促進へ法改正案を閣議決定

政府は7日、市町村などが手掛ける水道事業の統合・広域化を促進する水道法改正案を閣議決定した。都道府県に再編計画の策定を求め、経営規模の拡大によって設備更新などに対応できるようにする。今国会での成立、2018年度の施行を目指す。

市町村が主に担う水道事業は人口減などを背景に赤字体質のところが多い。都道府県を広域連携の推進役とし、経営基盤の強化を通じて水道網の維持につなげる。法改正を踏まえ、給水人口が少ない市町村と事業統合する中核都市への助成を拡充する方針。18年度予算で要求する。

【日経新聞 2017.3.7.】

スポンサーリンク

以前から当サイトも警鐘を鳴らし続けてきた水道民営化の「地獄」のカウントダウンがついに始まる!

あーっ!
こ、これ、前に何度か管理人さんから教えてもらった水道民営化の話よね!

森友学園の疑惑ですっかり覆い隠されていたけど、ちゃっかりと陰に隠れてこっそりと史上最大規模の売国の準備をしていたのね!

水道民営化の恐ろしさについては、以前に下記の記事で詳しく紹介させてもらったので、是非とも読んで欲しいと思うけど、ついに、これがこっそりと閣議決定されてしまったということだ。

【危ない】安倍政権が水道民営化への動きを加速か!?2017年に法改正!TPPで最後は外資に乗っ取られるシナリオも!

【グローバリズム】ついに安倍政権が水道法改正案を提出へ!水道民営化に向けて動き出す!メディアは重要部分を全て隠して報道!

相変わらず、安倍政権の売国はとどまるところを知らないし、これも、今も安倍政権がジョージ・ソロスを筆頭としたグローバリストたちに徹底的にコントロールされていることの動かぬ証拠だろう。

確か、麻生太郎さんがちょっと前に「日本の水道を外資に売り渡す」ことをワシントンのCSISか何かで宣言してたのよね。

でも、相変わらずこうした話がどこのマスコミのニュースにも出ていないし、今回の水道法改正案に「民営化」が入っていることすらもほとんどの国民が知らない状態よね!

あおいちゃん、よく覚えていたね!
それについて詳しく書かれているのが↓下記の記事だ。

◇政府が着々と進める水道事業の「完全民営化」◇

麻生さんの講演は、以下のCSISの動画から全編観ることができる。問題の発言は、前半の堂々たる英語での講演が終わり、後半の質疑の中で麻生さんが語ったものだ。以下、その発言部分を掲載する。

「例えばいま、世界中ほとんどの国ではプライベートの会社が水道を運営しているが、日本では自治省以外ではこの水道を扱うことはできません。しかし水道の料金を回収する99.99%というようなシステムを持っている国は日本の水道会社以外にありませんけれども、この水道は全て国営もしくは市営・町営でできていて、こういったものをすべて、民営化します」

【CSISの動画】
http://www.ustream.tv/recorded/31681043
※麻生さんの問題の発言は48分頃から

「水道を全て民営化します」と言った瞬間、壇上の右端に座っていたジャパンハンドラーの一人、マイケル・グリーン氏が麻生さんを直視し、水を飲んだシーンが印象的だ。

この発言は、その「真意」を探るまでもなく、「民営化します」と断言してしまっている。麻生さんらしい、男らしくて、はっきりとした物言いである。民営化するということはつまり、国内企業だけでなく、外国企業も水道事業の経営に参入することを意味する。だいたい、そうでなければ、米国のCSISでわざわざ公言する意味がない。そもそもが、米国向けの発言なのである。

【IWJ 2013.8.12.】

前にも詳しく書いたけど、水の管理や支配権を手にすると、それこそ、人間界そのものを支配することに繋がる
もし、人間の生命を維持するために必要不可欠な水道が、良識と秩序のある国家の管理下を離れて民営化され、ひとたび自由競争の海に放たれてしまうと、最終的に最も資金力と権力を持っている国際金融資本勢力の手に渡ってしまい、ここから民間勢力(無国籍主義のグローバリスト)による本格的な一極支配による世界の幕開けとなる。

もちろん、水道の中に人間の健康を損なったりガンを誘発させる化学物質や有害物質を混入させることも容易くなっていくだろうし、水道利権を民間が独占すれば、水道料金が際限なく高騰することにも繋がり、実際にボリビアでは、水道民営化が原因となって、水道代が異常に高騰。多くの国民が水を飲めなくなったことで、大規模な暴動に発展したこともあった。

これは国民にとっては生死にかかわる非常に重要な問題であり、もっとこの水道民営化の恐ろしさを多くの国民が知り、安倍政権の最上級の売国政策に強く反対していく必要があると思うよ。

森友疑惑だけでもあまりにメチャクチャだけど、あまりにメチャクチャなことが多すぎて、もうわけが分からなくなってきてしまうわぁ…。
とにかく、安倍政権が歴代最低レベルのとんでもない売国政権なことだけは確かねっ!

森友学園と同じように、この恐ろしすぎる法案についても、全力で批判して反対していかなきゃダメだと思うわっ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket