安倍総理がまたまた国会答弁で大嘘か!?「”そもそも”という言葉を辞書で調べると”基本的に”という意味もある」→どの辞書にも記載無し!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年4月19日の共謀罪を巡る国会答弁で、安倍総理がまたしてもウソをついた疑惑が持ち上がっている。

・民進党の山尾志桜里議員が、「”そもそも”は”最初から”という意味であり、1月の答弁に従えばオウム真理教は適用の対象外だ。」などと、安倍総理の答弁の矛盾を突いたところ、安倍総理は、「辞書で念のために調べてみたんでありますが、”そもそも”という言葉は”基本的に”という意味もある。是非とも覚えておいていただきたい。」と自信たっぷりに抗弁。

・ところが、「そもそも」という言葉が「基本的に」という意味合いがあることを記載している辞書がどこにも存在していないことが判明。安倍総理の答弁のいい加減さと信頼性のなさがますます際立つ状況になっている。

スポンサーリンク

大丈夫?首相の言葉 「そもそも=基本的に」辞書になし 訂正でんでん、私は立法府の長…粗雑さ露呈

民進党の山尾志桜里氏は、安倍首相の「そもそも罪を犯すことを目的とする集団でなければならない」という1月の答弁と、「オウム真理教は当初は宗教法人だったが、犯罪集団に一変したので適用対象となる」という2月の答弁を引用。「そもそも」は「最初から」という意味であり、1月の答弁に従えばオウム真理教は適用の対象外だ--と内容のぶれを突いた。

これに対し、冒頭に紹介した答弁が飛び出した。動画で確認したところ、首相は「辞書で念のために調べてみたんでありますが」などと、自信たっぷりに辞書という言葉を3度繰り返した。

普段から辞書と付き合う校閲記者の私は30種類以上の辞書に当たったが、「基本的に」とするものは見当たらなかった。「新明解国語辞典」などを担当する三省堂の吉村三恵子さんも「そんな意味はないと思う」と首をひねる。

【毎日新聞 2017.4.30.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

反知性?それとも虚言癖?安倍総理の不可解なウソがまたしても炸裂した模様

↓問題のやり取りは動画の7分くらい~。

そも‐そも【▽抑】 の意味

[名]《接続詞「そもそも」が文頭に置かれるところから》最初。発端。副詞的にも用いる。「この話には―から反対だった」「目的が―違う」
[接]改めて説き起こすときに用いる語。いったい。だいたい。さて。「―人間というものは」

【goo辞書】

安倍首相の辞書はどれだ! 「そもそも」を「基本的に」と書く辞書を探す旅 【追記】

安倍総理が、森友疑獄での「私や妻が関わっていたら総理も議員も辞める」発言に続いて、またしてもウソを発したようです
上述のように、安倍総理は、「念のために辞書で調べたところ、”そもそも”という言葉は”基本的に”という意味もある」と山尾議員の追及に反論したようですが、毎日新聞によりますと、30種類以上の辞書を調べてもそのような意味は出ていなかったそうです。

これは、毎日新聞によるなかなかの良記事だ。
つまり、またしても「息を吐くようにウソをつく」サイコパス総理の本領を発揮したわけだね。

オウム真理教が、途中から犯罪集団の性質を持つ宗教法人に変わっていった過去の事例に基づいて、自民党が掲げている共謀罪の定義に関するあいまいさや矛盾を民進・山尾議員が突いた際に飛び出したものみたいだけど…安倍総理もニヤニヤ笑いながら山尾議員を小バカにしつつ自慢げに語っているし、周りの議員も安倍総理を全力で援護すべく、山尾氏を面白おかしくはやし立てている様子だ。

さて、どうして安倍総理がそんな発言をしたのかの推測がネット上で飛び交っているけど、単純に考えて、次の3つが予想されるのではないだろうか?

●安倍総理本人が「そもそも」が「基本的」にという意味だと思い込んでおり、辞書で実際に調べずに「辞書で調べた」と答弁した。

●原稿を作成した官僚が安倍総理に「意図的に」恥をかかせるために、わざと間違った内容の原稿を作成した。

●そもそも官僚が勘違いした上で、実際に辞書で調べずに原稿を作成した。

・・・
ちなみに、上の動画までもが安倍総理をたっぷりとヨイショしつつ、山尾議員の知性の無さをことさら強調するような作りになっているけど、「そもそも」周りの自民党議員も、この動画の作成主も、(安倍総理の言っているとおりに)「基本的に」という意味が辞書に記載されているものと思い込んだ上で、山尾議員をバカにし、安倍総理を称えていたということになるね。

ボクも念のためにネット上の辞書を見てみたけど、確かに「基本的に」という意味合いはどこにも記載されていなかったし、まさしく、(上の動画といい)「反知性」と悪質な「印象操作」に加えて、稚拙な「洗脳情報」に溢れ返っている日本の情報社会の一端を再認識したような気分だよ。

 

「日本が大好き」などと声高に叫ぶ連中ほど”日本語を知らない”という壮大な「矛盾」

なんというか、安倍総理本人はもちろん、自民党議員やその支持者たちの「見識の無さ」や「知性の欠如具合」には呆れて物も言えませんが…そもそも、「日本が大好き」などと大声で叫びつつ、愛国心の高揚や他国への差別発言を繰り返している人ほど、日本語が正しく使えていない人が多いような感じがします。

全くその通りだ。
そもそも、「日本が大好き」なのなら、まずは日本語を正しく使い、綺麗で整った日本語を上手に駆使して、日本人としての品格や教養を意識した振る舞いをするべきだろう。

ところが、「日本を取り戻す」やら「日本が大好き」やらを繰り返し唱えている人間ほど、日頃から目を瞑りたくなるような下品で汚らしい日本語を活字でばら撒きまっているし、挙句には安倍総理のように、日本語の使い方もよくよく理解せず、簡単な漢字すらも読めない人間も多い

つまり、「愛国」やら「保守」を自称している人間ほど、日本の品格を著しく下げていくことばかりに尽力していて、結果的に日本をどんどんと汚し、破壊しているだけなのが実情なんだよ。

結局、ただの憂さ晴らしや、誹謗中傷や差別に明け暮れたいだけの理由で「愛国」を利用し、その結果、どれだけ日本の価値が下がり、国力が衰えようとも全く関係が無いような考えを持つ勢力が「愛国」を声高に叫んでいるというわけですね。

本来、国や郷土を愛するということは、日本語を正しく使い、日頃から謙虚に学ぶ心を忘れず、日本人であることに傷がつかないよう、節度と教養を持った奥ゆかしい振る舞いを意識するのが正しい姿であるはずだ。

自ら学ぶこともせず、ひたすら傲慢で不勉強、汚い言葉で罵る行為に対する”羞恥心”も持たずに、ただ、「パヨク」やら「反日」やらをがなり立てている勢力は、愛国でも保守でも何でもないし、平たく言えば、ただの精神年齢の幼い「迷惑ネットユーザー」に過ぎない

もっと、こうした行動が「どれだけ恥ずかしい行為なのか」を彼らは再認識する必要があるだろうし、もちろん、安倍総理も自身の学の無さを素直に認め、もっと謙虚に振舞うべきだろう。

もっとも、総理大臣自身が最低限の教養や頭脳を持ち合わせていない限り、国家を守り、運営する重責を果たすことができるとは到底思えないので、とにかく一刻も早くに退陣してもらいものだ。
(つまり、安倍総理が最も問題なのは、知能の低さよりも、こうした知性や教養の無さを自ら恥じず、認めようともしない、凄まじいまでの厚顔無恥さと傲慢な人間性だということだ。)

どうも、安倍総理の教養の無さや反知性が、日本国民にも次々伝染しつつあるような気がするのがとても心配なのですけど…。
安倍総理が長らく総理の座に君臨できてしまっているのも、その辺(日本全体が反知性に向かっている)が作用しているのかもしれません。。。

確かに、自分たちと近い性質やキャラクターを持つ人間ほど、ある種の「親しみ」を感じたりしてしまうものだからね。
日本国民全体の「頭脳」を底上げしない限りは、日本の政治家においてもますます反知性と白痴化が進行していってしまうのかもしれないな…。

そして、「こうした傾向」がますます進んでしまった先に日本に待ち受けている現実とはどのようなものなのか…もはや言わずともなんとなく予測できるのではないかな?

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket