【反知性】安倍総理による「そもそもは基本的という意味もある」の発言を正当化させる閣議決定!「大辞林には『どだい』と出ていたから正しい」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理が国会の中の共謀罪に関する野党とのやり取りの中で「念のために辞書で調べたが、”そもそも”という意味は基本的にという意味もある」と発言したものの、どの辞書にもこれが出ていなかった件について、「これは間違ってはいなかった」という閣議決定を行なった。

・安倍政権は、民進党の初鹿明博氏からの質問に対し、「大辞林には、『(物事の)どだい』と書かれており、どだいは基本という意味もある」との答弁を閣議決定し、安倍総理の発言を閣議決定によって正当化させた。

スポンサーリンク

安倍首相
「そもそも」用法、政府が答弁書で正当化

安倍晋三首相の国会答弁で話題になった「そもそも」の用法について、政府は12日午前の閣議で、「大辞林」(三省堂)に「(物事の)どだい」という意味があり、「どだい」には「基本」の意味があるとの答弁書を決定した。

「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を巡って、首相は4月19日の衆院法務委員会で「『そもそも』には『基本的に』という意味もある」と答弁し、専門家から疑問の声が出ていた。首相はこのとき「辞書で念のために調べた」とも述べていたため、民進党の初鹿明博氏が質問主意書で出典の明示を求めた。

答弁書は、「どだい」を間にはさむことによって首相の答弁を正当化する苦肉の策。「そもそも」の意味として「基本的に」を記載した辞書が実際に存在するかどうかについては、直接答えなかった。【朝日弘行】

【毎日新聞 2017.5.12.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「反知性」と「幼児性」が凝縮した安倍政権の閣議決定乱発!「”どだい”と出ていたからこれは正しい」

全身の力が抜けるほどに、最近特にメチャクチャばかり繰り返している安倍政権だけど、今度はこんな閣議決定をしたみたいよ~っ!!
「念のために辞書を調べてみたんですが…」って、実際どこにも出てなかったくせに、「”どだい”と出ていたので、基本的という意味もあるというのは正しい」って、もうどこからどう突っ込んでいいか、さっぱり分かんないわぁ!!

これは…。
”どだい”という言葉の方が「基礎」「根本」という意味もあるのであって、”そもそも”が「基本的に」という意味もあることにはならないと思うのですが…?

ど‐だい【土台】 の意味
出典:デジタル大辞泉
[名]
1 木造建築の骨組みの最下部にあって、柱を受け、その根本をつなぐ横材。建物の荷重を基礎に伝える。
2 建築物の最下部にあって、上の重みを支えるもの。基礎。「土台石」
3 物事の基礎。物事の根本。「信頼関係を土台から揺るがす事件」
[副]根本から。はじめから。もともと。「土台無理な相談だ」「土台勝てるはずがない」

【goo辞書】

りのクンの言う通り、これは”どだい”という言葉の方に、「物事の基礎」「根本」「はじめから」などという意味がある一方で、”そもそも”は「はじめから」「元々」「元来より」という意味があり、「基本的に」という意味はやはりないというのが正しいのではないかね。

「”どだい”という意味は”基本”という意味もあるので、ボクちゃんの言っていたことは正しいんだい!」というのは、はっきりいって幼児的な見栄にしか見えないし、こんなことすらも閣議決定で強引に正当化させてしまうというのも、この世の終わりを感じさせるものだね。

まさしく、これでもかというほどの「究極の反知性」であり、安倍総理が山尾議員をバカにするような素振りを見せながら、これを得意げに語った件を何とか必死に取り繕っている様子がよく分かるね。

こんなにまで知性も教養も決定的に欠けている連中が日本を好き勝手にいじくりまくったら、誰が考えても日本が再起不能なまでにメチャクチャに破壊されきっちゃうのは明らかだわっ!
もうすでに、私たちの日本を完全に私物化してやりたい放題じゃないのよぉ~!!

さすがの官邸に支配されている大手メディア(毎日新聞)も、この件についてはかなり批判的に報じていますね。
それこそが、唯一と言っていいくらいの光明でしょうか。

前にも書いたけど、最近、朝日や毎日が結構厳しい論調で政権を批判する記事を書き始めているのが見受けられるね。
自民党内でも「あまりの安倍一派の反知性ぶり」に(石破氏や岸田氏などの)抵抗勢力が表立って批判を始めている様子なので、この調子でどんどん批判と追及を盛り上げて、前代未聞の「反知性政権」に終止符を打ってほしいところだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket