大失敗に終わった日露首脳会談!安倍総理「北朝鮮に最大限の圧力を!」プーチン大統領「関係者全てが対話に参加することが大切だ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年9月7日、安倍総理とプーチン大統領がウラジオストクで日露首脳会談を開催。北朝鮮情勢や北方領土の経済協力などについて話し合った。

安倍総理は従来通り「北朝鮮に最大限の圧力を」などとロシア側に協力を求めたものの、プーチン氏は北朝鮮を批判しつつも「対話による解決が重要である」ことを強調

・この他にもプーチン氏は、北方領土における経済協力についても、日本側の投資の動きが鈍いことなどを指摘。従来通りに一方的にロシアペースで交渉が行なわれ、安倍総理にとっては何とも苦い会談となった。

スポンサーリンク

日露首脳会談
北朝鮮制裁 露、対話重視崩さず 首相「圧力」要請

会談で両首脳は、北朝鮮の核実験が「地域全体に対する深刻な脅威」との認識で一致し、緊密に連携することを確認した。

首相は、国連安全保障理事会で米政府が提案した石油禁輸を含む制裁決議案を念頭に、「国際社会全体で最大限の圧力をかけることが重要だ」と同調を求めた。会談後の記者発表でも「弾道ミサイルの発射、過去最大の核実験を行った北朝鮮を最も強い言葉で非難する」と強調し、「政策を変えさせる必要がある」と訴えた。

これに対し、プーチン氏は記者発表で北朝鮮を巡る問題は「政治的手段においてのみ解決可能だ」と主張し、「関係者すべてが対話に参加することが大切だ」と呼びかけた。また、ロシアと中国が求めている米韓合同軍事演習の停止などを含む「段階的な問題解決」が必要との考えを示し、圧力を強化して解決を目指すことに難色を示した。

【毎日新聞 2017.9.8.】

「温度差」浮き彫り、「肩すかし」の訪ロ 日ロ首脳会談

安倍晋三首相が訪問先のロシア・ウラジオストクで7日、プーチン大統領と会談した。経済連携の強化を弾みに、北方領土交渉を動かす糸口をつかみたいと臨んだ19回目の会談だが、ロシア側から投資活動の鈍さを指摘されるなど「温度差」が浮き彫りに。「肩すかし」の訪ロとなった。

「北海道とサハリンを結ぶ回廊のような巨大事業ができれば、クリル諸島(北方領土と千島列島のロシア側呼称)に、より柔軟な環境をつくれる」

7日、ロシア政府主催の「東方経済フォーラム」であった日ロのビジネスイベント。日本の経営者を前に、ロシアのシュワロフ第1副首相はこう切り出し、日本の対ロシア投資の規模の小ささに不満を示した。

【朝日新聞 2017.9.7.】

出典:日テレNEWS24
スポンサーリンク

スポンサーリンク

全く話がかみ合っていない上に、今回もプーチンの手のひらの上で転がされた安倍総理!予想通りに日ロ首脳会談は大失敗に!

出典:Twitter(@moririn19850110)

予想通りの結果だけど、今回も日ロ首脳会談は散々な内容だったみたいね。
安倍総理は相変わらず北朝鮮に「圧力圧力」の連呼だったものの、プーチンさんは「とにかく対話が大事だ」という姿勢を一切譲るつもりはなくて、これじゃあ、安倍総理の幼児性が際立つばかりだし、世界で恥をさらすためにウラジオストクに行ったようなものね。

本当に、日本国民として恥ずかしくなってきてしまうような、安倍総理の「一人相撲」の会談に終わったね。
おまけに、プーチンから北方領土における「日本側の投資の動きが鈍い」とチクリと指摘されてしまう始末で、完全に安倍総理がプーチンの手のひらの上で転がされている実情が浮き彫りとなった。

前から繰り返してきたけど、プーチンが真に敵対しているネオコン戦争屋(シオニスト勢力)の完全な傀儡である安倍政権が日本の権力を握っている限り、プーチンは北方領土において一切譲歩するつもりはないと考えていい。
プーチンは、実際には北方領土を米国側のグローバリズム(ネオコン)の波を食い止める「要衝」として非常に重要に考えており裏では安倍政権をネオコン傀儡の危険な勢力と考えていることからも、特に最近はあからさまに北方領土においての軍事の増強を着々と進めているよ。

その一方で、プーチンさんは安倍総理の無能さや気弱さも完全に見透かしていて、適当に上手くあしらいながら、北方領土返還の「エサ」をちらつかせつつ、次々と有利な条件を引き出して、ロシア主導の北方領土開発を進め始めているってことね。

安倍総理本人は、プーチンさんのこうした狙いや本音を分かっているのかどうか分からないけど、本気で北方領土の返還に期待をしているのだとしたら、これ以上の愚かなことはないわね。

とにかく日本国民が北方領土の返還を求めているのなら、可能性を見込める「道」はただ一つ日本にネオコン戦争屋と距離を置いた反グローバリズム政権を誕生させることしかないだろう。
そういう意味では、鳩山政権は今までで最もロシアと良好な関係を築けそうな政権だったけど、これもネオコンの謀略で短期間で潰れてしまったし、無能かつ従順な奴隷だからこそ総理になれた安倍総理と、実力一つで成り上がり、ここまでの権力を手に入れたプーチンと対等に渡り合えるはずもない。

安倍氏が総理を続ける限り、これからもこんな調子で赤子の手をひねるようにプーチンにいいようにやられてしまうのが目に見えているだけに、全く頭が痛いよ。

これほどの大失敗の会談はなかなかないように思えるし、北朝鮮情勢においても、(毎度ながら)安倍総理は完全な「ピエロ役」になりつつあるのは確かみたいね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket