【アベにNO!】安倍総理による長期政権を望まない声が64%に、無党派層では75%に上る!憲法9条改正に反対の声も若年層で大きく増加!

Pocket

どんなにゅーす?

・大手メディアの世論調査によると、国民の多くが安倍総理による長期政権を望んでいない実態が明らかになった。

・読売新聞と早稲田大学現代政治経済研究所による全国世論調査によると、「安倍総理は2018年9月の総裁選で交代して欲しい」との声が41%あり、「今すぐに退陣して欲しい」の23%と合わせて64%に上ったことが判明。

・また、NHKが行なった18・19歳を対象にした世論調査によると、憲法9条の改正について「必要ない」と答えた声が53%に上り、「必要」と答えた18%を大きく超えたとのことで、若者の間でも安倍政権に対する意識の変化が起こり始めている可能性が出てきている。

スポンサーリンク

首相の「総裁3選望まず」6割…読売・早大調査

読売新聞社と早稲田大学現代政治経済研究所は、政治意識に関する全国世論調査(郵送方式)を共同実施した。

安倍首相にいつまで首相を続けてほしいと思うかを尋ねると、「自民党総裁の今の任期が切れる2018年9月まで」41%と「すぐに退陣してほしい」23%と合わせ、総裁3選を望まず、今の任期内での退陣を求める人が6割を超えた。「党総裁の次の任期が切れる21年9月まで」は16%、「なるべく長く続けてほしい」は14%だった。

総裁3選以上の長期政権を望む人は、自民支持層で56%に上ったが、無党派層では18%だった。

調査は東京都議選直後の7月3日から、内閣改造後の8月7日にかけて行った。

【Yahoo!ニュース(読売新聞) 2017.8.10.】

18・19歳 憲法9条改正「必要」18% 「必要ない」53%

NHKは、6月21日から先月25日にかけて、全国の18歳と19歳、合わせて1200人を対象に、平和に関する意識を探るための世論調査を郵送で行い、42%にあたる503人から回答を得ました。

~省略~

そして、憲法9条は、1項で戦争を放棄し、2項で戦力を持たないことを決めていますが、9条を改正する必要があると思うか尋ねたところ、「改正する必要がある」が18%、「改正する必要はない」が53%、「どちらともいえない」が28%でした。

また、安倍総理大臣が提案した、憲法9条の1項と2項を維持したうえで自衛隊の存在を明記するという、憲法改正の具体的な項目について賛否を聞いたところ、「賛成」が34%、「反対」が16%、「どちらともいえない」が50%でした。

【NHK NEWS WEB 2017.8.10.】

スポンサーリンク

 

国民の多くが安倍政権の長期化を望んでいないとの世論調査の結果が、あの読売新聞で報じられました
これに加えて、NHKの調査でも18・19歳の若い人々の多くが憲法改正を望んでいないとの結果が出ていますし、やはり、日本全体で一気に安倍政権に批判的な意識が強まってきたといえそうです。

その他の様々な調査も目にしているけど、どうやら、最近の急激な支持率ダウンとともに、若年層の支持も減りつつあると見るのが良さそうな感じがするね。
次期総理にふさわしい人物についても、少し前までは安倍総理がトップだったものの、最近になって石破氏がトップに上がってきたし、相変わらず野党の支持が一向に上がってこない中で、「とにかく安倍政権が続くのが嫌だ」という感情が国民の間でにわかに芽生えてきたと見るのがいいかもしれない。

ただ、石破氏が1位という状況も、ボク的にはかなり嫌な感じはするけど…少なくとも安倍総理よりは真面目で嘘をつかなさそうなイメージがあるし、とにかく国民は今の安倍総理を中心とした「嘘とごまかしとインチキばかりの政治」に不信感を持ち始めているというのが現状なのかと思うよ。

その結果が、都議選での小池勢力の圧勝であり、最近の世論調査の数字ということになるのでしょうか。
とにかく、日本全体の中で「安倍総理はもう結構」との空気が広がりつつあるのは確かなようですね。

あの安倍総理も大好きだった読売新聞がこういう記事を出し始めた時点で、もう経済界や権力層からオワコン扱いされ始めてきているのは確かみたいだね。

この調査結果の数字をどこまで信用していいかは分からないし、個人的にはまだまだ国民が現政権に警戒感を持つ動きが鈍いような気もするけど、憲法改悪に反対の声がようやく若い人の間で増えてきている様子なのもささやかな朗報かと思うし、この調子でもっと多くの国民に政治に対する関心を持ってもらった上で、日本全体で安倍降ろしの空気をさらに盛り上げていきたいところだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket