【結局どうなった?】安倍総理が自衛隊日報隠蔽問題でお詫びのコメント!「真に国民のための自衛隊たれ。国民の負託にこたえていく!」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年9月11日、安倍総理が自衛隊幹部らとの会合において、南スーダン派遣の自衛隊日報隠蔽問題についてお詫びのコメントを発した。

・安倍総理は「最高指揮官として国民のみなさまにおわびを申し上げたいと思います。真に国民のための自衛隊たれ。国民の負託にこたえていく」などと陳謝したものの、ネット上では「まだ何の説明もない」「結局真相究明はどうなったんだ?」など、多くの批判と怒りの声が飛んでいる。

スポンサーリンク

安倍首相 自衛隊日報問題で改めて陳謝

安倍首相は11日、自衛隊幹部らとの会合で、南スーダンに派遣されていた自衛隊の日報問題で前の国会が混乱したことについて改めて陳謝し、再発防止に取り組む考えを示した。

安倍首相「国民のみなさまから大きな不信を招く結果となりました。最高指揮官として国民のみなさまにおわびを申し上げたいと思います。真に国民のための自衛隊たれ。国民の負託にこたえていく、最高指揮官たる私自身が先頭に立って皆さんと共に全力を傾けたいと思います」

【日テレNEWS24 2017.9.11.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

国家の根底を揺るがす重大問題にも本格調査の動きが一切なし!「全て終わった」気でいる安倍総理の口ぶりに、ネット上では怒りの声が殺到!

ちょっとちょっとぉおお!!
なんだか、勝手に全て問題が終わったかのように振る舞っちゃってるけど、この問題も全く何の真相究明もないまま、稲田大臣の辞任と一緒にうやむやになったままじゃないのよぉ!

この件も、国家としての根底を揺るがすほどの重大問題だけど、閉会中審査安倍総理・稲田氏の出席も無し”おざなり”だったし、結局それっきりで、真相については全力隠蔽したまんまだからね。

「最高指揮官である私自身が先頭に立って…」なんて言っちゃってるけど、その前にまずは日報隠蔽問題の徹底的な真相究明が先だし、今まで出てきた情報を見る限り、普通に考えれば安倍総理も隠蔽に関与している可能性を考えるのは自然なことだろう。
したがって、まずは徹底した調査と検証をするべく国会を開いて、総理自身が積極的に真相の究明に協力をするべきであるはずなんだけど、残念ながら安倍総理を見る限り、全くそうした様子は皆無のありさまだ。

こんなに信じられないくらいの大問題が山積で、ほとんど全てが何の説明も調査も無しにうやむやのまんまの状態なのに、どうして最近支持率が急激にアップし続けちゃってるのよぉ!?
全てが狂ってるとしか思えないわっ!!

まったくだ。
こうした世論調査が本当なのなら、どうしてこんなに多くの血税を負担させられているのに、こんなに国の運営をメチャクチャにやっている安倍政権をノーチェックで許しちゃうのかとっても不思議だね。

ボクもこの世界的にも例を見ない現象については、一体どうしてなのかの理由が全く分からず、ちょっとお手上げに近い状況だけど…せめて、国民は目先の情報に惑わされずに、巨額の税金や年金を支払っている分、もっとしっかりと厳しく国家の運営についてチェック機能を働かせないといけないと思うよ。
この問題なんか、山尾議員の不倫疑惑なんかとは比べものにならないくらいに重大なものなんだからね。

ほんとに、最近の世論調査がインチキであることを願いたい思いだわ…。
とにかく、森友・加計と並んで、この日報隠蔽問題についても、国民は徹底的な真相究明を強く求め続けないといけないわね!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket