【難しい問題】安倍政権がシリア難民の留学生とその家族を5年間300人規模で受け入れへ!生活費を支援し、定住も可能に!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が、シリア難民の留学生とその家族を対象に、今後5年間で300人規模で受け入れる見通しになったことが判明。

受け入れた難民は生活費などを支援し、定住も可能にするというもので、ネット上ではこの政府方針に様々な声が起こっている。

スポンサーリンク

シリア難民、300人規模で受け入れへ 政府、定住に道

日本政府が今年から5年間で、シリア難民の留学生とその家族を計300人規模で受け入れる見通しになった。留学生は配偶者と子供を帯同でき、家族にも生活手当が支給される。留学終了後は必ずしも帰国する必要がなく、事実上家族とともに定住する道を開くことになる。

特定国のまとまった難民受け入れ策としては、1970年代後半から2005年までに1万人を超えたインドシナ難民、10年から計123人が来日しているミャンマー難民以来となる。

国際協力機構(JICA)の技術協力制度を活用し、年20人の留学生を受け入れる。対象はレバノンとヨルダンに逃れたシリア人難民。JICAはシリアの一般家庭の家族構成を踏まえ、5年の受け入れ数は300人規模になると試算。今年夏、最初の20人と家族が来日する予定だ。

【朝日新聞 2017.2.3.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ついに日本も難民受け入れに舵を切る?様々な危うさや難しさを秘めた難民問題をどうするか

りのちゃん真面目ssa安倍政権が今後5年間で300人規模のシリア難民を受け入れるとの報道が出てきました。

朝日新聞によると、2016年5月にもJICAや文科省の国費外国人留学制度などを通じて5年で150人程度のシリア難民受け入れを表明していたようですが、これをさらに規模を大きくしたものと考えるのが良さそうです。

管理人この政府の方針に対して、「難民受け入れを停止しているトランプ政権からの恫喝では?」との見立ても出ているみたいだけど、果たしてこれがトランプの意向によるものなのかどうかは分からないし、(昨年にも150人規模の難民受け入れを表明していたこともあり)ボクはトランプ側の意向ではない線もあるように感じる

というかボクは、特にトランプ当選以降、安倍政権に対してグローバリストからの圧力がより一層強くなってきているようにも感じているので、トランプではなく難民受け入れを世界的に推し進めているグローバリスト側からの要求である可能性もあるんじゃないかとも見ている。

…まあそれでも、(現時点でこの報道は朝日しか出していない様子だし)これだけの情報だけでは何とも言えないのが実情だね。

 

2017年1月に来日したジョージ・ソロスとの関係は?

管理人注目している人はあまり多くないみたいだけど、年初にジョージ・ソロスが来日し、安倍総理・麻生氏と会談した事実について、かなり気になっている。

ソロスといえば、オバマやヒラリーが進めていたシリア内戦や、欧州の難民受け入れを金銭面で強力にサポートし、ヒラリーの選挙運動にも多額の金を注ぎ込んでいた他、反トランプデモのプロデュースも行なっている。

最近聞いた話では、ソロスは、セルビア国境との間に壁を作って難民受け入れを停止している故郷のハンガリー政府に対して、反政府勢力をプロデュースして政権転覆を企てていたみたいで、ハンガリー政府からソロスが関係しているNGOが追放されるという事態が起こっているようだ。

このように、大量の難民受け入れを通じて世界中にテロリズムを生成しようとしているソロスが、(内容が非公開の)会談内で安倍総理や麻生氏に様々な命令を出した可能性があり、もしかしたら今回のシリア難民の受け入れも、ソロスが関与している可能性はあるんじゃないかとボクは思っているよ。

 

人道的観点だけに囚われすぎず、様々なリスクや現実問題を認識した上で難民受け入れを

りのちゃん怒りssaオバマ大統領とアメリカから支援を受けた過激派反政府勢力がアサド政権に戦争を仕掛け、これによって大量に溢れ出たシリア難民を欧州各国が無制限に受け入れたことから、多くの難民に紛れてISのテロリストが潜入
このテロリストがドイツやフランスでテロを引き起こし、今でも欧州各国に難民に成りすましたISの戦闘員が多数潜伏しているといわれています。

難民の大量受け入れは、国内の摩擦や紛争を引き起こす元にもなり、世界規模の戦争を引き起こしたいグローバリストによる一つの「戦略」でもありますが、こういう状況やグローバリストの戦略を理解した上で、難民問題に向き合っていくことが大事かと思われます。

管理人マスメディアでは「人道的観点」をことさら強調した上で、難民受け入れの大切さを繰り返し報道しているけど、まずこうした大手マスメディアは、第三次世界大戦を引き起こしたいグローバリストに完全にコントロールされていることを知るべきだ。

そうした観点で考えると、メディアが難民受け入れをことさらに人々に訴えかける背景に、「世界中にテロリストとテロリズムを拡散させたい」思惑があることが浮かび上がってくる。

「だから、難民受け入れは絶対にやってはいけない」…ということではなく、まずはボクたちはこうした「システム」や「仕組み」を認識する必要があるんだ。

そうすると、おのずと、本当に潰すべきは「テロリズムを世界に根付かせ、なおかつ難民を大量に生み出した大元(ネオコン・グローバリスト)」であり、「世界に根付いたテロリズムを排除し、大量の難民を作り出さない世界を目指していくことが最も大切」であることが分かってくるはずだ。

今回の安倍政権の決定では、難民受け入れの数は多くはないし、テロリストを入れてしまわないためのチェック体制を万全に行なうようにすれば、即刻テロが日本で起こるリスクが一気に高まるわけではないかと思う。

ただ、これを取っ掛かりにして、欧州やアメリカのような(テロリストを入れる目的での)ノーチェックでの難民大量受け入れなどに走ると、非常に危険な事態になってくるのは確かだ。

つまりボクたちは、人道的な観点もとても大事だけど、それだけに囚われて他の側面を見失ってはならないということだ。
そして、実際に欧州で行なわれている難民受け入れの実態を理解した上で、テロリストを水際で防ぎながらチェック体制を万全にした上で難民の受け入れを行なうことが重要だと思う。
(もちろん、文化や風習の違い、そして移民・難民への手厚い福祉や就業支援などが、欧州各国で深刻なあつれきや衝突に繋がっている現実も知っておかなければならないだろう。)

 

まとめ

管理人今や飛行機で簡単に人間の移動が出来てしまう世の中だけに、移民や難民問題は、地球上の人々が、ありとあらゆる文化や宗教、風習、ものの考え方などを持っている限り、一筋縄ではいかない非常に繊細で難しい問題だ。

日本人は(島国なのもあって)あんまりこうした問題にはさらされてこなかったけど、残念ながら、あまりに違う宗教や思想、文化を持っている人達が共同体を作った結果、差別やいざこざ、様々な不満やストレスが噴出し、これが大きな衝突や戦争になってしまってきたことは歴史が証明している。

これは、実際にこうした社会に生きている人たちしか分からない話であり、ボクたち日本人で真に理解できている人は相当に少ないだろう。

今回のシリア難民受け入れの話は、すぐにこうした事態に繋がるものではないかと思うけど、もし、今回の件を安倍政権に圧力をかけたのが(トランプ政権ではなく)グローバリスト側だとしたら、今後は大量の難民受け入れに舵を切っていく可能性もあり、これは結構危険だ。

よって、今後もこうした難民受け入れの方向性をよく見極めていく必要があり、絶対に「テロリスト受け入れのため」の難民受け入れになっていかないように、気をつけていく必要がありそうだね。

りのちゃん真面目ssa一部では、「トランプさんが大統領になって以降、パタリと中東や欧州でのIS系のテロが止まっている」との指摘もあり、オバマ大統領からトランプ大統領になり、政権内部もネオコン系が一掃されたことによって、ISなどへの指示系統が寸断され始めてきているのでは?との予測も出てきています。

本当にそうであればいいですし、そうなると、難民受け入れによるテロのリスクも下がっていくものと思われます。
どうか、このままトランプ政権にはロシアと協調しながらテロのリスクの除去に向けて頑張ってほしいですし、どうにか、世界の難民の方々への救済が心置きなく行なわれていく体勢が整っていくことを願うばかりです。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket