【羊頭狗肉】安倍政権が掲げるインチキ”教育無償化”に批判の声が続々!「ただの借金だろ」「今の奨学金とたいして変わらない」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権の教育再生実行本部が、新しい”教育無償化”の制度を打ち出したものの、この内容に強い疑問の声が続出している。

安倍政権は憲法改正で”教育無償化”を盛り込む意向を見せているものの、実際に掲げているのは、在学中に学費を支払わないで済む上で、卒業後に一定程度の収入を得た際に、授業料を納付していくもので、「ただの借金」「今の奨学金制度(実質的なローン)ともそんなに変わらない」などの意見が飛び出している。

スポンサーリンク

大学在学中は授業料無償化し卒業後納付 首相に提言提出

自民党が提出した提言では、家庭の負担が大きい高等教育と幼児教育に優先的に投資することが重要だとして、高等教育について大学などに在学している間は授業料を無償化し、卒業後に一定の年収を超えた場合に、収入に応じて国に納付する新たな制度を検討するとしています。

さらに、幼児教育の無償化を加速させるため、党内で議論が進められている「こども保険」が財源の候補になると指摘しているほか、教育の充実に必要な、まとまった規模の新たな財源をつくるため、保険や税、それに国債などを候補として議論を急ぐ必要があるとしています。

~省略~

自民・公明両党から提言を受け取った安倍総理大臣は「すべての子どもたちの夢をかなえるために、政府・与党が一体となって、財源を含めてしっかり検討したい」と述べました。

教育の無償化をめぐって、安倍総理大臣は3日、憲法を改正して2020年の施行を目指す意向を明らかする中で、具体的な改正項目として、大学などの高等教育の無償化などを例示しています。

【NHK NEWS WEB 2017.5.22.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安倍総理お得意の詐欺的手法をNHKもそのまま垂れ流し!ネット「支払う必要があるのに”教育無償化”という言葉を使うな」

またまた安倍政権が何とも酷い「騙しの手口」を繰り出してきているようです。

最近、安倍政権が「教育無償化」という言葉を使って大々的に宣伝していますが、どうやらこれは、卒業後、一定の収入を得た時に授業料を納付する必要があるものみたいです。

安倍政権は急に最近になって「憲法改正に教育無償化を盛り込む」なんて散々吹聴しているけど、まさか、安倍政権の言う”教育無償化”がこんなものだったとはね。
ネット上でも多数のツッコミがある通り、後から授業料を納める必要があるのなら、どう見ても”教育無償化”ではないだろう。

これは、一時的な「納付猶予」や事実上の「ツケ・借金(ローン)」などと言うべきであり、まさに羊頭狗肉(表面的には立派なものを掲げておいて、中身は粗悪であること)の、インチキ政策といわざるを得ないだろう。
平たく言うと、いつもの安倍政権お得意のペテン手法だということだ。

NHKも、こうした安倍政権の詐欺的手法をそのまま宣伝するかのようなニュースを垂れ流している始末ですし、もはや末期的という感じがしますね…。

すでに完全なる「安倍放送協会(AHK)」になり下がってしまった感じだ。
本来であれば、「事実上の納付猶予や借金との声もあり、多くの批判が出るのは必至です」などといった内容を報じるべきだと思うけど、こんな朝鮮中央テレビみたいな”政府広報局”に高い受信料を支払わされるんだから、これ以上の最悪さはないね。

安倍政権のことだから、後から「一定の収入」というラインがどんどん下がっていって、最後は非正規レベルでも授業料を支払わされる展開になりそうな予感もあるし、こんな”教育無償化”のために財源として「こども保険」を検討しているなど、さらなる事実上の増税が行なわれていく可能性が高そうだ。

結局、「教育無償化」という嘘のキャッチコピーで私たちを釣りながら、憲法改正(改悪)に賛成させようという魂胆がミエミエですね。
今までもこうした詐欺師のような手口で、数え切れないほどのウソをついて私たちを騙してきましたし、とにかく私たち自身が賢くなることで、安倍政権が次々用意してくる騙しの手口に引っ掛からないようにしなければなりませんね。

「振り込め詐欺に引っ掛からないように!」なんて世間でしつこいくらいに宣伝されているけど、皮肉にも、「この国の政権与党こそが最大の”詐欺集団”」という、笑うに笑えない日本の現状だ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket