【ついにここまで】安倍政権が東京新聞望月記者に異例の警告!「未確定な事実や単なる推測に基づく質疑応答がある」として書面で圧力!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年9月1日、首相官邸報道室が、菅官房長官の会見で意欲的な追及を続けている東京新聞の望月衣塑子記者に対し、書面で異例の警告を発したとのこと。

・首相官邸報道室は、加計学園に関する質問の中に「未確定な事実や単なる推測に基づく質疑があった」とし、「国民に誤解を生じさせるような事態は断じて許容できない」などとして、東京新聞に再発防止を強く求めたという。

スポンサーリンク

首相官邸広報室、東京新聞に注意 菅義偉官房長官会見での社会部記者の質問めぐり

首相官邸報道室は1日、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画をめぐり、8月25日の菅義偉官房長官の記者会見で、東京新聞記者の質問に不適切な点があったとして書面で東京新聞に注意を喚起した。

質問したのは、加計問題などで菅氏を追及している社会部記者。加計学園が計画する獣医学部施設の危機管理態勢をただす中で「(計画に対する)認可の保留という決定が出た」と言及した。

獣医学部の新設計画は大学設置・学校法人審議会が審査し、答申を受けた文部科学省が認可の判断を決めるが、この時点ではまだ公表されていなかった。

官邸報道室は東京新聞に宛てた書面で「未確定な事実や単なる推測に基づく質疑応答がなされ、国民に誤解を生じさせるような事態は断じて許容できない」として、再発防止を強く求めた。

【産経新聞 2017.9.1.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

陰でこそこそ警察に望月記者の身辺調査をやらせてきた安倍官邸がついに、表立っての本格的な脅迫を開始!

出典:Twitter(@tohohodan)

つ、ついに、安倍政権がここまで望月さんへのあからさまな脅しを開始したのねっ!!
「未確定な事実や単なる推測に基づく質疑がある」…って、そもそも質問ってそういうものだし、国民が疑問に思っていることを記者が代弁して質問することなんて、全然当たり前のことじゃない!

いったいこの連中は、納税者で主権者の国民に向かって何様のつもりなのよぉ!!

しかも、望月記者はまるっきり根も葉もないことを聞いているのではない。
問題となっている加計学園に関しての質問についても、認可保留になったのは事実であり、ただ公に発表されていなかったのものを望月記者が一歩早く入手して菅長官に質問しただけだ。

あおいちゃんの言うとおり、確定していない事柄や国民が疑問に思っている事柄を政府に質すために行なうのが、これらの記者会見の主要な意義であり、「公に発表されていない質問をするな」というのなら、こんな記者会見茶番も同然である上に、権力の隠蔽やウソを見逃し、助長させることにも繋がるだろう。
安倍政権が認めた質問のみを受け付ける記者会見なんて、国民を騙すためのヤラセだといっても過言ではないし、すでに中国や北朝鮮と何ら変わりない独裁体制だといってもいい。

記者として当たり前の働きを見せきてた望月記者については、菅長官が警察官僚に彼女の身辺調査を指示したり、配下の記者クラブ連中に嫌がらせ工作をやらせたり、あの手この手で陰湿な脅しをかけてきていたけど、これらがあまり効果が見られないというので、ついにここまであからさまな脅迫をし始めたというわけだ。

すでに安倍政権は、暴力団ともほとんど変わらないぐらいの無法集団と化しているじゃないのっ!!
ここまで、人の道を外れまくった政権なんて前代未聞だし、このままじゃ、私たちの日本が跡形もないほどにメチャクチャに破壊されきっちゃうわっ!

まさしく犯罪集団が政権を握っているようなものだからね。
文字通りに「世も末」という感じだし、すでに非常に難しい段階に差し掛かってしまっているけど、今からでもボクたち国民が全力でこの政権を強制終了させ、一からこの国を根気強く建て直していくことが必要だね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket