【しつこい】安倍総理がまたも「共謀罪(テロ等準備罪)」の施行に意欲!今国会での提出を検討!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理が2017年1月20日から始まる通常国会で、野党や国民の反対で何度も廃案になっている共謀罪(テロ等準備罪)の提出に意欲を燃やしていることが判明。

・共謀罪(組織犯罪処罰法改正案)は、犯罪を準備したり考えている段階でも逮捕が出来るもので、警察の権限がいたずらに増強され、誤認逮捕や無差別逮捕に繋がる恐れがあるなどの指摘もあり、国民や野党の反対が圧倒的な上に、与党の公明党も以前より懸念を示している。

スポンサーリンク

<安倍首相>「共謀罪」に意欲 通常国会で提出か

安倍晋三首相は5日の自民党役員会で、「共謀罪」の成立要件を従来より絞り込んだ「テロ等組織犯罪準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関し、20日召集の通常国会での提出・成立を目指す意欲を示した。ただ、公明党は国民の理解不足を懸念しこれまで慎重な姿勢を示してきた。法案提出の場合、公明党が重視する今夏の都議選前に審議入りする可能性が高く、同党の対応が焦点となる。

犯罪の準備段階でも罪に問える共謀罪は、日本が2000年に署名した「国際組織犯罪防止条約」批准に必要とされ、政府は20年の東京五輪・パラリンピックを念頭に成立を目指している。過去に3回、国会に関連法案が提出されたが、野党の猛反発のほか、国民の理解も得られず廃案となった。今回の法案では適用対象を「組織的犯罪集団」に限定するなど要件を厳しくし、理解を得たい考えだ。

【Yahoo!ニュース(毎日新聞)2017.1.5.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「これに反対する人間はみんなテロリスト!」という言説が大量にネット上に流布、ネット工作員の活動が活発に

りのちゃん怒りssa過去何度も廃案になっていた「共謀罪」がまたしても表に出てきてしまいました。

これを見ても、安倍総理は(小泉総理ですらも躊躇し、廃案を決めた)共謀罪を何としても日本に導入させたいみたいです。

管理人ツイッターをちょっと見たけど、「この法案に反対しているやつは全員テロリスト!」などと、極限まで話を単純化させた上で、「国を守るために一刻も早い成立を!」と叫ぶ声が大量にあって、全くまいったよ(苦笑)。

共謀罪は、その実態をごまかすために「テロ等準備罪」に名前を変えて安倍総理が躍起になって成立させようとしているものだけど、その根本は、戦中の治安維持法などと同じで、権力(安倍政権)に逆らう人間を簡単に逮捕できるようにするための、「民主主義を破壊しつつ、権力側のパワーを極限まで引き上げる目的で行なわれるもの」と考えていいだろう。

つまり、ネット検閲や秘密保護法などと同じく、安倍政権にとって都合が悪い人間を徹底的に弱体化させ、独裁を推し進めるための法案だといえるんだ。

共謀罪については以前も詳しく紹介しているので、これ以上は割愛させてもらうけど、「テロリストを潰すための法案」との詭弁を流した上で、この成立を強く訴えるネット工作員が大量に出てきていることからも、安倍総理の本気度がうかがえるね。

りのちゃん困り2ssaなんせ、こういう人たちの理屈は「安倍総理に反対しているのは全員テロリスト」みたいな次元ですから、さすがにこういう幼稚な言説に引っ掛かる人はそうそういないとは思いますが…安倍総理がここまでしつこく成立に血道を上げているということからも、海の向こうのグローバリストが相当強く安倍政権に圧力を掛けていることも考えられますね。

管理人そうだね。とにかく、こういう思想を持っている集団は、安倍政権が「日本を守る国士」という根拠のない妄信の元に安倍総理のたわ言や政策を鵜呑みにし、安倍総理を批判する人たちを論理のすり替えをしながら誹謗中傷するような人たちだから、賢明な思考を持つみんなは、こういう人達の悪影響を受けないように気をつけよう。

そして、共謀罪などを通じた権力への「一局集中」の動きは、アメリカを始め、世界的な潮流になりつつある
これは、ロスチャイルドなどのグローバリストが進めている新世界秩序(NWO)とも無関係ではないと思われるし、日本だけではなく地球全体で民主主義が退化し、逆に全体主義が徐々に蔓延してきているのがとても気になるね。

とにかくも、安倍政権への権力一極集中と独裁に反対する人であれば、これは絶対に反対するべき法案だと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket