安倍政権(自公維)が共謀罪を衆院法務委員会で強行採決!野党議員は激怒!与党は今国会での成立のため会期延長も視野に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年5月19日、安倍政権(自民・公明・維新)が、野党議員の激しい抵抗の中、共謀罪(テロ等準備罪)法案を衆院法務委員会で強行採決した。

安倍政権は共謀罪を今国会で強引に成立させる方針を打ち出しており、会期内で可決に至らなかった場合、会期延長の上、衆参両院で強行採決することを視野に入れているとのこと。

スポンサーリンク

“共謀罪”法案、衆院法務委で可決 自公維が採決強行

採決は、民進党などの野党議員が委員長席に詰め寄り、怒号が飛び交う中、採決が行われました。

採決は自民・公明のほか、既に与党側と修正協議で合意した維新の会の賛成多数で可決されました。与党側は、週明け23日には本会議で採決し、衆議院を通過させたい考えです。

「これが法治国家なんですか。ひどい話だ。今の採決もどきの状況をしかるべきところに抗議しなければいけない」(民進党 逢坂誠二 衆院議員)

法案は、来週半ばからは参議院で審議される見通しですが、国会の会期末まで残り1か月を切っていることから、与党側は会期延長について検討を行っています。

【TBS News 2017.5.19.】

「共謀罪」法案、衆院委で可決 与党が強行採決

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が19日午後、衆院法務委員会で与党と日本維新の会の賛成多数で可決した。民進、共産両党などが廃案を求めて強く反発したが、与党は採決を強行した。与党は衆院法務委での可決を受け、23日の衆院本会議での可決、24日の参院での審議入りを目指す。

民進党の蓮舫代表は19日午前の参院議員総会で「今急がれるのは『共謀罪』よりも加計学園や森友学園の真実の究明だ。政権の横暴は絶対許さない」と述べた。民進党は引き続き徹底抗戦の構えで、与党が強行な議事運営を進めれば、衆院議院運営委員長の解任決議案の提出も視野に入れる。

【日経新聞 2017.5.19.】

スポンサーリンク

 

多くの国民が眠ったままの中、安倍政権が予想通りに共謀罪を強行採決!例によってNHKは中継せず!

予想通りに、安倍政権が共謀罪法案を衆院法務委員会で強行採決させました。
多くの国民が法案の内容をよく理解できていない中の強行採決ですし、マスメディアもこの歴史的にも異常な事態に対して、妙に静かな様相です。

なんせ、自民党だけでも圧倒的多数なのに、これに公明と維新が加わってしまうんだから…こりゃかなわんな。
返す返すも、多くの国民(主に無党派層)が選挙にすら行かないことで、ここまで海の向こうの傀儡(真性売国勢力)で国会が占められてしまっているのは本当に痛い。

それにしても、メディアもアリバイ程度には報じているけど、妙に静かだね~。
とにかくも、半数以上の日本国民が、「海の向こうの巨大権力」が徹底的に日本の政治やマスコミをコントロールしている現実を真に理解できない限り、日本はひたすら海外資本勢力の傀儡化(奴隷化)が進み、国民無視の「生殺しの世界」がどんどん加速していくことは間違いないだろうね。

例によって、NHKは重要な局面にも関わらず国会中継を放棄したようですし、政治だけでなく、安倍政権と同期しているマスメディアまでも、かつてないまでの腐敗が止まりませんね。

確かに一部の日本国民はこの「危機」に気がつき、大きな反対の声を上げているけど、まだまだ大勢の国民はこの現実に全く気がついていない状況だからね。
かつての戦争も、多くの国民が「気がついたら大変なことになっていた」だけに、とても心配だし、またまた今回も歴史は繰り返されてしまうのだろうか?

とても辛くやるせない事態には変わりないけど、そんな中でもめげずに声を上げ続けてくれている人たちには深く感謝をしたいし、ボクたちも諦めずに今後も頑張って情報を発信し続けていこう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket