安倍自民党と”共謀”し、共謀罪強行成立に突き進んだ公明党への非難が殺到!元公明副委員長二見伸明氏「完全にいかれてる」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍自民党と”共謀”した形で「中間報告作戦」を打ち出し、だまし討ちのやり方で共謀罪の強行成立に突き進んだ公明党に対して、ネット上では強い非難の声が殺到している。

・創価学会出身で公明党の副委員長を歴任した二見伸明氏は、現在の公明党の姿に激怒「公明は完全にいかれている」と強い言葉で非難し、かつての姿から大きく変貌してしまった現在の公明党を「薄汚れた乞食のよう」と激しい言葉で表現した。

スポンサーリンク

↓元公明副委員長の二見伸明氏。

出典:YouTube
スポンサーリンク

スポンサーリンク

”数の暴力”を作り出すためだけの「思考停止」のロボット無能議員に溢れ返った自民・公明・維新!かつての公明党の重鎮も現在の末期的な日本の政治に大激怒!

↓世にも恥ずかしい「稀代のインチキ答弁」をやらせられた、公明の下っ端無能議員、佐々木さやか氏。

出典:Twitter(@wanpakutenshi)

ネット上では、安倍自民党と一緒になって、稀代の「だまし討ち」の共謀罪採決を強行した公明党に対して怒りの声が殺到しているみたいね。
まあ、この非難殺到は当然のことだし、かつての公明党の副委員長だった二見さんの言葉もごもっともだわ。

この前の報道ステーションに田原総一朗氏が出てきて、この佐々木さやか議員のメルヘンチックな演説に対して、「皮肉じゃなかったらありゃただの馬鹿だ!」って放言していたけど、まあ、公明党もいよいよ露骨にその実態を露呈したというか…今や完全にその理念も信条も無しに、権力に擦り寄りたいがために安倍政権と完全に同化してしまった、ただの「ペテン政党」だね。
(この公明党の現状に対して、平和や自由、非戦の宗教を掲げている創価学会の会員たちはどう思っているのだろうか。)

元公明副委員長の二見氏も、現在の公明党の姿に激しく怒っているけど…これは、宗教や思想信条以前に、人間としての最低限の良識と矜持(プライド)をも失ってしまった”現代日本の姿”を映し出しているものといえるだろう。

ボクは、かつての自民党や公明党も決して好きではなかったけど、それでも、どんな党のどの政治家も、その多くは、人としての最低限の良識やモラルを持っている人間たちで占められていた
だから、ウソをつくこともそう簡単には出来なかったし、もし、国民との約束を破ってしまったり、国民の負託に背くような行為をしてしまった時には、深く謝罪をし、社会からの厳しい批判を甘んじて受け、それ相応の責任を取っていた

だから、曲がりなりにも立憲政治も、法治国家も機能していたし、マスコミも政治もそれぞれが最低限の矜持を持っていたことで、国民の間にも今よりもよほど「自我」や「考える力」が育っていて、自分たちの生活に直結する政治に対する関心度ももっと高かったんだよ。

それが…今の日本はどうだ?

ウソをつくことも人を騙すことも、何の恥ずかしさも感じなくなってしまった上に、あまつさえ、素直に謝ることも間違いを認めることすらも拒絶するほどに、身勝手で傲慢になってしまったし、さらには、それを平然と放任して、それを無視しながら最後はそのままなあなあに受け入れてしまう国民の姿があるわ。

こういう事態を招いてしまったのは、安倍政権が(あの不可解な選挙によって)強大な権力を手にしてしまったのと同時に、マスメディアが完全に安倍政権に取り込まれることで、報道機関としての役割を放棄してしまったこと、さらにはインターネットでの劣悪な情報の氾濫、教育、アベノミクスによる国民の貧困化や労働環境の悪化による疲弊など、様々な要因があるものと考えている。

そして、特に与党や維新の(若手)議員の質の絶望的な劣化などを見ても、日本の社会全体が、ある意味”自我”が喪失し、思考が停止しきった人がどんどん増えている、いわゆる「ロボット化」の一途を辿っているように思えてならないんだよ。

こうしたことこそが、二見さんも大きく絶望している一つの「原因」かもしれないわね。
特に若手の与党議員においても、自我がほとんど喪失しきった、従順な「ロボット議員」が増えているように見えるし、そういえば、石破さんも自民党内のかつて経験したことのなかった「妙な空気」について、似たようなことをこの前テレビで言っていたわ。

今回の佐々木さやか議員を見ても、こういうことを恥ずかしさも感じずに平然と言えてしまう時点で、半ば「ロボット(機械)」と化しているんだよ。
(こうしたことは、本来公衆の面前で裸になることよりも恥ずかしいことであるはずなのに…彼女も安倍政権に尽くすあまりに、人としての最低限のプライドや羞恥心を捨て去っている状態に陥ってしまっている。)

むしろ、昨今の人工知能の方がもっと我が強く、人間の思い通りに動かないかもしれないし、こうした「完全奴隷(ロボット)化」の風潮が日本社会全体に最近ますます進んでいるような感じがして、これがボクは心配でならないんだよ。

これもすべては、日本を戦後以降に徹底的に操っている、海の向こうの支配層による洗脳の結果なのかもしれないし、この国で進んでいることは、いずれ地球規模で行なわれる予定の超・監視&ロボット人間社会のための「壮大な実験」の途中段階なのかもしれないわ。

私もなんだか色々心配だし、今一度、全国民がこのトルーマンの言葉を、改めて思い出すべき時に差し掛かっているんじゃないかしら?

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket