【秋葉原】大量のヤジを受けた安倍総理が暴言「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」→有権者が怒り「こんな人ってなんだ。都民だ、国民だよ」

Pocket

どんなにゅーす?

・都議選の選挙戦最終日に秋葉原で演説を行なったものの、「帰れ」「やめろ」などの有権者から大量のヤジを浴びた安倍総理が、「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」などと暴言を発していたことが判明。

・東京新聞によると、あるお年寄りの有権者は、安倍総理の演説をずっと黙って聞いていたものの、総理のその発言に大きく反応「こんな人ってなんだ。都民だ、国民だよ。」と震えながら声を出し、安倍総理の全く反省のない国民蔑視の姿勢に強く怒っていたという。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安倍総理の脳内にこびりついた「自分を批判する人々は非国民」の妄想がもたらした致命的な暴言!「最初で最後の街頭演説」でも壮大に有権者の怒りを買い、「醜い本性」を曝け出す!

「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」…大量のヤジが噴出したアキバの演説で安倍総理がこんな暴言を吐いたのね!
このお年寄りの人の怒りの気持ちはもっともだし、私もこれを聞いてますます怒りの気持ちで一杯だわ!

ボクも、心の中では常に「大嘘つき&国民を心底バカにしている安倍はやめろ!」の気持ちで一杯だから、ボクも安倍総理からすれば「こんな人たち」の一員になってしまうんだろうけど…これこそ、共謀罪を強行成立させたその本音と、安倍総理の”脳内”を全て表した暴言だと言えるだろう。

つまり、安倍総理の頭の中は「自分を批判する国民は全て”敵”であり、吊るし上げるべき非国民」と考えているのであって、ようやく、多くの一般国民にも、その安倍総理の「本質」が広く理解されるようになってきたみたいだ。

「政治家の演説は礼儀正しく静かに聞くべきで、野次を飛ばすのは下品な非国民」というのも、トンチンカンな安倍一派によるミスリードであり、なかなか国民の意思を政治家に伝える機会が少なく限られている中で、デモなどと同じように選挙などの演説の際などにも、積極的に普段から思っていたことを声に上げて主張するのは当然のことだろう。

多額の税金を国民から徴収している政治家の演説を「姿勢を整えて静かに聞け」なんて、それこそ民主主義とは真逆の独裁国家の話だし、日頃からの腐敗した政治に対する大きな不満があるならば(逆に好きな政治家を応援したい気持ちがあった時も)、こういう場でどんどんその声を上げていくべきだと思うよ。

そして、安倍総理は、今の大きな国民からの怒りの声にも全く耳を貸そうともしていないどころか、こうした声を全て「敵対勢力」と見なしている実態がこれでまたバレバレになったわけね!
改めて、やっぱり、この総理は今までで最も危険で、総理どころか政治家にしては絶対にダメな人間だということが良く分かったわ!

このお年寄りの気持ちもとても良く分かるし、(安倍信者以外の)洗脳されていない多くの国民も同じ気持ちなんじゃないかな。
最初で最後の街頭演説でも壮大にやらかした安倍総理だけど、果たして明日の都議選はどのような結果となるか。
静かにその情勢を見守っていくとしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket