【酷い…】安倍総理の国連演説、予想以上にガラガラだったことが話題に!カタールやイラン首脳よりも閑散…

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年9月21日、ニューヨークで行なわれた国連総会において安倍総理が演説を行なったものの、諸外国の首脳と比べても聴衆がかなりまばらだったことがネット上で話題になっている。

・安倍総理は演説の8割を北朝鮮問題に割き、北へのさらなる圧力強化を強調したものの、世界的には注目度の低い演説になった。

スポンサーリンク

安倍首相が16分間国連演説「必要なのは対話ではない」

首相「対話は無に帰した」 国連演説、8割は北朝鮮問題
米ニューヨークを訪問中の安倍晋三首相は20日午後(日本時間21日未明)、国連総会で16分間、一般討論演説を行った。全体の8割を北朝鮮問題に割き、「対話による問題解決の試みは無に帰した」と断言して圧力強化を訴えた。

首相は北朝鮮が繰り返す核実験とミサイル発射について「(核)不拡散体制は史上最も確信的な破壊者によって深刻な打撃を受けようとしている」と指摘。1994年の米朝枠組み合意と07年の6者協議合意が破られ、水爆と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発が進められている現状に触れ、「対話とは、北朝鮮にとって我々を欺き、時間を稼ぐため、むしろ最良の手段だった」と非難した。

首相は、石油の輸出制限を初めて盛り込んだ11日の安全保障理事会決議の採択後もミサイルが発射された事実を踏まえ、「決議はあくまで始まりにすぎない。必要なのは行動だ」とも強調。全ての国連加盟国に一連の制裁決議の厳格な履行を求めた。

そのうえで首相は「北朝鮮が勤勉な労働力や地下資源を活用すれば経済を飛躍的に伸ばし、民生を改善する道があり得る」と指摘。「そこにこそ北朝鮮の明るい未来はある」と結んだ。(ニューヨーク=平林大輔)

【ハフポスト(朝日新聞) 2017.9.21.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKでも安倍総理の演説が報道されたものの、会場全体の映像は一切流さず…

↓米・トランプ大統領。

出典:Twitter(@toubennbenn)

↓仏・マクロン大統領。

↓イスラエル・ネタニヤフ首相。

↓日・安倍総理。

出典:Twitter(@toubennbenn)

国連本部で各国首脳の演説が行なわれましたが、上記のように、日本の安倍総理の演説の聴衆が非常に少なったことが話題になっています。
私も実際に動画で確認してみましたが、確かに、終始あまりにも閑散としていましたね

最初から「圧力圧力!」と呪文のように唱える内容になることが分かりきっている中、好き好んでこんな日本国内のニュース向けの「パフォーマンス」をわざわざ聞きに来るような風変わりな人はそうそういないということだろう。
早速、国内では田崎氏らを中心に「安倍総理が北朝鮮問題で世界をリード!」なんていいつつ、必死に国民に向けて嘘の情報を刷り込んでいるけど、残念ながら「これ」が安倍総理の世界での注目度ということだろう。

いやはや、この総理はかつてないまでに天文学的な額の税金を世界にばらまいてきたというのに、その結果がこれとは…全く哀しい限りだね。

こういう客観的な情報こそ、私たちはより多く知るべきなのではと思いますが、先ほど放送されたNHKのニュースでも、会場全体の映像を一切流していませんでした
このような報道姿勢では、インターネットもほとんど使わないような情報弱者の国民は、ますますあらぬ方向にミスリードされ、安倍政権への支持に誘導されてしまう危険性があります。

インターネットには粗悪な情報やデマもたくさん転がってしまっているけど、その一方で、正しい調べ方をすれば、非常に有益で貴重な情報も多く存在している。
今回のような情報も、客観的に今の日本が世界からどのように見られているのかを知る「一つの参考」になるし、様々な情報を適宜選別しつつ、近年ますます激しくなってきている、マスメディアによる情報操作や世論誘導に引っかからないように、自身の感性をより研ぎ澄ませていきたいものだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket