【これは酷い】安倍総理が出した「子どもたちへのメッセージ」に批判殺到!「他人事過ぎる」「子ども食堂を薦める前にお前らが何とかしろよ!」


子ども食堂の運営者からも怒りの声が

スポンサーリンク

子供の未来応援国民運動 一周年の集い

平成27年10月の「子供の未来応援国民運動」の本格始動から1年経過したことを機に、これまで国民運動に協力いただいてきた企業や、子供の未来応援基金による支援先団体などが一堂に会した「一周年の集い」を開催しました。その中で、子供の未来応援基金により支援を受けることとなったNPOや、実際に子供たちを支援する活動を行っている若手のスタッフの方々から、日々の活動について御報告いただきました。また、会合では、安倍内閣総理大臣から子供たちへのメッセージをいただきました。このメッセージは、支援の現場で、子供たちに寄り添い活動いただいている方々を通じて、直接子供たちに届け、語りかけていただくこととしております。

内閣府

【内閣府】

↓批判を集めている安倍総理からのメッセージ。
安倍総理からのメッセージ

出典:内閣府
スポンサーリンク
スポンサーリンク

国民同士で貧困問題の対処を丸投げする、前代未聞の冷血政権

りのちゃん困り3ssaこ、これは酷いですね…!

そもそも「子ども食堂」そのものが、近年の日本で深刻化してきている子どもの貧困問題を一時的にもどうにかするために、地元の人たちやボランティア団体などが作ったものですし、これだって、一般国民の方々が痛みを伴いながら、何とか自身の生活費を切り詰めて運営しているものです。

そんな子ども食堂を、いかにも「国の所有物」であるかのごとくに利用を促し、自分たちは一切知らん顔、他人事感満載というのは…怒りの声が殺到するのも当たり前です。

管理人ボクも、最初はこれが本物じゃなくてネタかと思ったくらいだからね。
それくらい信じられないほどに、血も涙もない上に、いつもの総理特有の「他を利用して自分の株を上げようとする」、あまりに酷すぎるメッセージだ。

(それから、内閣府のホームページ上で、なぜか「総理からメッセージをいただきました」などと敬語で書かれているのも、なんか変だぞ。)

ツイッターの言葉の数々にほとんど全てが集約されているので、多くは語らないけど、そもそも「国民の生活向上のために、あらゆることに全力を傾ける」のが政治というものだ。

こんな言葉を発している時点で、安倍総理は「政治家ではない」し、国民の貧困問題を全く無視した上で、国民のお金を何十兆円と海外にばら撒き、「海の向こうのご主人さま」の望むTPPに一心不乱に走っている時点で、政治家でない「ただの詐欺師の売国奴」に過ぎないだろう。

一応子どもの貧困問題にも取り組んでいるポーズは見せているけど、その予算がほとんど寄付頼りという時点で終わっているし、その上で「このメッセージ」と来れば、「あんたら国民同士で何とかやってくれ!」ってことだね。

安倍首相の肝いり“子供の貧困対策” 寄付わずか300万円

普通の国だったら、こんなふざけたことをやっていれば、あっという間に政権が倒れると思うんだけど、何よりも恐ろしいのが、こんな安倍政権が「歴代最長政権」になりそうなほどに、高い支持率の上に強大な権力を握ってしまっているということだ。

一体誰がこんな安倍政権を支持しているのか、ボクは全く不思議で仕方ないんだけど、もし多くの国民が「国民の貧困は自分たちのせい」「自分だけで何とかしなければならないのが普通」なんて思っているのだとしたら、恐ろしいほどの深い洗脳にかかっているという他ない

ここまで徹底的に痛めつけられ、かつてないほどに貧乏にさせられてしまっている「奴隷状態」の自分たちを再認識し、政治の当たり前の責務や責任を放棄しているこの現状に、もっと怒りの声を上げないとダメなんじゃないかなあ。

りのちゃん怒りssa確かに、ここまで自国民の自由や人権を奪い、一切手を差し伸べようともしない、かつてないほどに冷酷な政権が、かつてないくらいの高支持率を維持し続けている事実そのものが、最大の「異常事態」なのかもしれませんね。

管理人さんの言うとおり、いい加減に、ここまで国民を虐げて調子に乗りまくっている安倍政権に、多くの国民が怒りを露わにしなければならない段階に来ていると思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

2 Comments on 【これは酷い】安倍総理が出した「子どもたちへのメッセージ」に批判殺到!「他人事過ぎる」「子ども食堂を薦める前にお前らが何とかしろよ!」

  1. いつもありがとうございます。(^_^)最近コメントしたところですが、この話題にはコメントしたくて。すみません。
    これは本当に腹が立ちました。学童保育施設にも送られたと聞きます。私は保育教諭なので、子育て支援政策・教育に全然予算をつけていないこと、学童保育士の低賃金・不安定雇用といった現場を身近で感じています。安倍総理は、自分は何もしないくせに、こんなものを送ってきてどういう神経してるの?って、本当に本当に呆れて物も言えません。本当に社会福祉の現場は疲弊しています。子どもたちのためには、まず社会福祉現場で働く大人の安定雇用が必須です。子どもの身近にいる私たちは、こんな薄っぺらい言葉なんて要らないんです。きちんと政策を立てて社会問題に対処してほしい。
    怒りの声ですみません…

    • 逢坂さん

      こんばんは(^^)

      >最近コメントしたところですが、この話題にはコメントしたくて。すみません。

      とんでもありません!是非是非多くの記事でコメントいただけますと、とっても嬉しいです!(^0^)

      >私は保育教諭なので、子育て支援政策・教育に全然予算をつけていないこと、学童保育士の低賃金・不安定雇用といった現場を身近で感じています。

      こういった、実際の現場で働かれている方の「声」は、とても貴重かつ重要です。
      子どもの貧困問題、そして教育者の雇用問題は、国民全体の生活向上や、優秀な人材の育成と直結してくる部分ですので、本来であれば、国が真っ先に優先して取り組むべき問題です。

      >子どもの身近にいる私たちは、こんな薄っぺらい言葉なんて要らないんです。きちんと政策を立てて社会問題に対処してほしい。

      全くその通りだと思います。
      このような、現場の方々の神経を逆なでするような欺瞞に満ちたメッセージを出す暇があれば、何も言わなくていいので、ある程度の予算を投じて、国民の貧困問題や教育現場の環境改善に全力を傾けるべきです。

      だからこそ、国民全体が、もっとこうした子ども食堂を作らざるを得ないほどに、深刻化し続けている日本の貧困問題を重く考え、国民に対する見殺し同然の安倍政権に、強く怒りの気持ちを主張していくことがとても重要なのです。

      ですので、小さなことかもしれませんが、こうしたサイトを通じて、少しでも現代社会での大人や子供が抱えている社会の不条理やおかしな部分をつまびらかにし、大きな流れを作っていくことに繋がれば・・・との思いで、記事を書いております。

      ボクたちなりのやり方で、もっともっと、現場の声や苦しんでいる実態を表に出し、おかしいと思ったことに対してどんどん自己主張をしていきましょう!

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA