【酷すぎる】安倍政権が憲法改正草案に「教育無償化」を入れることを検討!国民が苦しむ教育費問題をエサに「野望実現」の狙いか!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理が2016年10月、維新の改憲原案の中に含まれる「教育無償化」を保岡興治憲法改正推進本部長に例示し、新たな改憲案に盛り込む検討をしていることが毎日新聞の報道によって明らかになった。

安倍政権が改憲内容に教育無償化を盛り込むことを検討し始めた背景には、基本的人権の削除や表現・言論の自由などの縮小が含まれる自民党の憲法改正草案に不安を持っている国民の賛同を得やすくする狙いがあるものとみられ、ネット上ではこのやり方に多くの批判が起こっている。

スポンサーリンク

改憲項目「教育無償化」も…安倍首相が例示

自・維が協議開始へ
安倍晋三首相が昨年10月、自民党の保岡興治憲法改正推進本部長と会談した際、日本維新の会の憲法改正原案に盛り込まれた「教育無償化」を改憲項目として例示していたことが分かった。複数の両党関係者が明らかにした。自民党はその後、改憲議論のテーマとして明記。教育無償化は野党や国民の賛同も得やすいとの思惑があるとみられる。20日召集の通常国会以降、本格化する改憲項目絞り込みの焦点の一つになりそうだ。

関係者によると、首相は会談で改憲項目案の一つとして教育無償化に言及。

【毎日新聞 2017.1.11.】

スポンサーリンク

国家権力を縛るための憲法に「教育無償化」を入れる支離滅裂さ!国民が苦しんでいる教育費問題をエサに大日本帝国復興を狙う愚劣な詐欺政権

↓こうした性質を持つ自民党の憲法改正を国民に認めさせるために、とっておきの「エサ」を用意し始めた安倍政権。
憲法改正イメージ

出典:Twitter(@miburou3)

りのちゃん怒りssaこっ…これは…!あまりにも酷すぎます!!

そもそも憲法とは、国家権力が暴走しないよう、権力側を縛り、国民の自由や尊厳、権利を守るために存在しているものです。
そんな憲法に「教育無償化」のルールを組み込もうとしていること自体が全くのメチャクチャで、憲法の本質そのものを安倍政権が全く理解していない証左であるかと思います。

おまけに、本当に教育を無償化する気があるのなら、(他の多くの方もおっしゃっていますが)次の国会から本格的に議論を始めて、個別の法改正を行なえば実現させることは可能なはずです。

つまり、国民があまりに高すぎる教育費問題に苦しんでいるのを知っているにもかかわらず、わざとこれを放置している上に、憲法改正を国民に納得させるための格好なエサとして「教育無償化」を利用し、多くの国民をこのエサに食いつかせることで、自身の「野望」を叶えようとしている魂胆がうかがえますし、こういうやり方は非常に卑怯で愚劣なものなのではないでしょうか。

管理人まったく、この政権は腹の底から国民をバカにし、心底見下しているのがよく分かるというものだね。

全くりのちゃんの言う通りで、こういう内容を以前から改憲案に組み込んでいた維新もメチャクチャだし、貧困化が進んでいる多くの家庭が高すぎる教育費で日頃から苦しんでいるのを分かっているのなら、憲法なんかに組み込む必要は全くないし、死に体になりかけているTPPやカジノに全精力を上げる暇があったら、教育無償化をさっさと議題に上げて、法改正すればいいだろう。

これを全くやらない時点で、安倍政権は国民のことをこれっぽっちも考えていないことが丸分かりだし、どうやら腹の底では、「国民を極限まで散々苦しめた挙句に、憲法改正に”教育無償化”のとっておきの”おまけ”を与えてやれば、すぐにコロッと賛同に回るだろう」という姦計すら働かせているようだ。

一体、どこまで根性が捻じ曲がっているのか…全く信じがたいほどの卑劣さだけど、そういう彼らの本心は、普段から至るところに「形」となって表れている

国民が納めた血税を国内にほとんど使わずに、自らの権力強化や海外の国々にひたすらばら撒いてばかりの行動もその一つだと思うし、そろそろ冗談抜きで、いい加減に、こうした安倍政権による国民を徹底的に愚弄したやり口に対して、国民は本気で怒っていかないとダメなんじゃないかなあ

りのちゃん怒りssa私も、今回ばかりはかなり許せないような気持ちです!
こんな形で教育が無償化されたとしても、国民にとってろくな展開になっていかないことは完全に見えていますね。

管理人「長州・大日本帝国バンザイ政権」のやることなんだから、「国がお前ら家畜どもに教育費を全部出してやっているんだから、安倍様を徹底的に崇めよ!」とかなっていきそうだね。

それにしても、こんな調子じゃあ、憲法改正に「長時間労働禁止」やら「待機児童改善」やら「賃金アップ」やら、今後こういうものが次々と組み込まれていきそうで、先がかなり思いやられるよ…。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA