安倍総理が早速憲法改正に向けて張り切る!「我が党の案をベースに3分の2を構築、これこそが政治の技術だ!」

Pocket

水を得た魚のように改憲に意欲を見せる安倍総理が、「アベ語録」を展開

スポンサーリンク

憲法改正は「わが党の案をベースに3分の2を構築する。まさに政治の技術だ」

安倍晋三首相(自民党総裁)は参院選投開票から一夜明けた11日、党本部で記者会見し、憲法改正に向け、「わが党の案をベースにしながら(衆参各院の)3分の2を構築していく。それがまさに政治の技術だ」と述べ、早期の改憲に改めて意欲を示した。

【産経新聞2016.7.11.】

管理人さあ、早速待ってましたといわんばかりに、選挙が終わったと同時に安倍総理が上機嫌で憲法改正に向けての意欲を表明
こんな上記のような「独特」の面白い言葉を発しているぞ。

せなちゃん素ssaaウフフ、ほんとね。「それがまさに政治の技術だ!」って・・・つまりは、国民の反対も多い憲法改正を上手く隠して、国民を騙しながら権力を構築することを「政治の技術だ」って言っているのかしら?
それなら確かに、かなりお見事な「技術」よねっ。

管理人よほど、うまく国民を煙に巻いて改憲勢力を獲得できたのが嬉しいのかな?
こういう発言を聞いていると、やはりいかに安倍総理は、経済政策や何よりも憲法改正を悲願にしているのかがよく分かるね。

今回の選挙結果も”それ”を示しているように、やはり海を越えた日本の”ご主人様”は、安倍政権に憲法改正をやらせることが規定路線となっているようだ。
安倍総理自身も、日本を完全に手中に収めた上で、歴史上誰も成し得なかった憲法改正を成し遂げる個人的な”野望”があるのかもしれないけど、そういう意味では、世界の軍産複合体と安倍総理との「利害が一致している」とも言えるかもしれない

安倍総理自身も、第一次安倍政権で”ご主人様”に嫌われて早々に退陣させられた苦い経験から学んで、今回は(年金資金のプレゼントなど)グローバリストの”ご主人様”に利益提供をしながら、上手く立ち振る舞っているみたいだね。

せなちゃん素ssaaなんせ、日本の場合、アメリカに日本国内の富を積極的にプレゼントする総理ほど、長い期間に渡って総理の椅子に座ることが出来る「法則」があるのよね。
例えば小泉さんや中曽根さんのように…。

管理人逆に、アメリカからの自主独立に重きをおこうとした総理ほど、早く失脚する傾向が強いね。
そういう意味では、まさに安倍総理は前回の失敗から学んで、実に上手く振舞いながら”ご主人様”に気に入られているってことだろう。

恐らく、これからいよいよ憲法改正に向けて日本が大きく動き出すことになると思うけど、実際の所ではまだまだ改憲への障壁は多い
これらを一体どのようにして突破しようとしているのか?
安倍政権や海の向こうの動き、そしてマスコミの動きを常に注意してみていく必要がありそうだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket