【またか?】(虚言癖の)安倍総理「多くの教科書で自衛隊が違憲であるという記述がある」→違憲と断定した教科書はどこにも存在せず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年5月9日の参院予算委員会で、安倍総理が「採択された多くの教科書で、自衛隊が違憲であるという記述がある」と断言したものの、違憲と断定した教科書はどこにも存在してないことが明らかになった。

・いずれの教科書も「政府は、自衛のための必要最小限の戦力保持は憲法で禁止していないとの解釈をしている」などと書かれている一方で、一部の教科書で「違憲ではないかとの学説も存在している」などの記述がある程度で、文科省も「違憲と断定している教科書はない」と明言している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

息を吐くようにウソをつく安倍総理がまたまた大嘘を振りまいた可能性!「自衛隊が違憲」と断定する教科書はどこにも存在しない(by文科省)

出典:Twitter(@kou_antiwar)

安倍総理がまたまた国会で重大なウソをついた疑惑が発生しています。
総理は参院予算委員会で「採択された多くの教科書で自衛隊が違憲だと書かれている」と発言しましたが、文科省が「違憲と断定した教科書はない」とはっきりと回答したとのことです。

日頃からウソとごまかしと逆ギレしかしない安倍総理が、またまたとんでもないウソを吐いた疑惑が浮上してきたのねっ!!
この前の「そもそも事件」に続いて、安倍総理はウソと捏造と詭弁の連発じゃないのよ!!

ボクもこの総理の発言に強い違和感を感じて、とっさに「本当かいな?」と思ったものだけど、文科省もこのように回答したことで、総理の発言は相当に事実を捻じ曲げた捏造同然の発言だったと言えるだろう。

この前問題になった「念のために辞書で調べてみたのですが…」と前置きして「そもそもは”基本的に”という意味もある」の発言も、どの辞書にもそれが出ていなかったし(おまけにこれを強引に捻じ曲げて発言を正当化する閣議決定まで行なってしまう始末)、ここまで来ると、いよいよ安倍総理の脳の病気を疑いたくなってきてしまうね。

今回の件もまさしくそうだけど、安倍総理は、自らの都合のいいように、現実や事実を勝手に捻じ曲げて、ウソや捏造をも次々に創作した上で答弁するクセ(病気?)があり、さらには都合の悪い現実や事実があれば、それをあらゆる手段を用いて暴力的に消し去ったり握りつぶしてしまう性質を持っているようだ。

もはや犯罪者同然の思考回路や行動を繰り返しており、日本の総理大臣に据えておくには危険極まりない状況と言えるだろう。

ここまで来れば、安倍総理の発言は何から何まで徹底的に疑いを持っていく必要があるし、何を言ってももはや信じられないわ!
どこからどう見ても筋金入りの詐欺師じゃないのよ!!

管理人さんの言う通り、何の痛痒も躊躇もなく、堂々とこうしたウソや捏造を日常的に繰り返しているのならば、重大な脳の病気を疑ったほうがいいかもしれませんね…。
いずれにしましても、安倍総理の発言は全てにおいて手放しで信用してはいけないのは間違いないかと思います。

今の日本の現状は、もはや犯罪者の詐欺師が総理をやっているようなものなので、日本国民は全力をかけてこの危険な”ペテン政権”を早急に終了させる必要がありそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket