【アベ帝国】安倍総理がテレビの森友報道に激怒!?より厳しいマスコミ統制を検討か!「総理の意趣返しに報道関係者は戦々恐々」

Pocket

どんなにゅーす?

安倍総理が、「大手メディアによる森友関連の報道に激怒している」との情報が出てきている。

・一部メディアによると、安倍総理は従来よりもさらに厳しいメディアの報道制限を打ち出す可能性があり、キー局の幹部によると「形を変えた総理からの意趣返しに戦々恐々している」という。

スポンサーリンク

「森友報道」の過熱に怒りの安倍官邸――放送局が恐れる「報復」を画策(選択出版)

総務省が昨年十一月に設置した「放送コンテンツの製作・流通の促進等に関する検討委員会」は、放送のネット同時配信について話し合うことが主目的だった。
しかし総務省は、官邸が進める働き方改革についても取り上げてアピールしようと画策。突如、三月に専門のワーキンググループを設置して、放送局と下請けの制作プロダクションとの契約関係について議論を始めたのだ。総務省側は当初、「取引のガイドラインを順守していることを確認すればいい程度だ」(同省幹部)と説明していたため、NHKや民放キー局の関係者は安心していた。しかし、その場に参加した制作プロダクションの団体側から条件改善の要求が出されると、雲行きが一気に怪しくなった。
しかもここへきて「森友学園問題」でのテレビ報道について「安倍晋三首相が強い不満を持っている」(首相周辺)との情報が出てきた。そのためか、総務省も「四月中旬を目処に一次取りまとめをする」(前出幹部)と俄かに意気込み始めている。その結果、テレビ局側に厳しい方針が打ち出される可能性が浮上した。安倍首相による「形を変えた意趣返しになる」(キー局幹部)と戦々恐々としている。

【Yahoo!ニュース(選択) 2017.4.10.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「私や妻が関わっていたら総理や議員を辞める」宣言の安倍総理、昭恵夫人の関与を何度も報じたマスコミに対して大々的に「報復宣言」!

↓今までもマスコミに対する脅しや圧力をかけてきた安倍政権が、森友報道を機にその恫喝をさらにアップ?

出典:Twitter(@NeverBornMaster)

最近めっきり森友関連の報道が減ってきている感じがありましたが、その背景の一つに「このような裏事情」があった可能性が出てきました

歴代の政権で例がなかったほどに、「マスコミ統制」を徹底してきた安倍政権ですが、森友学園に関する報道で安倍政権に都合の悪い報道を行なったマスコミ各社に対して、安倍総理本人が激怒しているとのことです。

今までも、安倍政権は「テレビ・新聞が政権を賛辞する報道に徹するのは当たり前」との考えを持っていたみたいだけど、それが予想外に森友学園関連で政権に不都合な情報を流したことに、かなり総理が怒っているみたいだね。

確かに、森友報道が花盛りだった頃に急遽、赤坂飯店でのメディア関係者との会食を企画したのも、森友に関するマスコミ報道を規制する目的で開催したのは一目瞭然だし、この会食後もそこまでマスコミが自粛しなかったことも安倍総理の怒りに火をつけたのだろう。

なんせ、昭恵夫人の積極的な関与が完全に明らかになってしまったことで、安倍総理は「私や妻が関わっていたら総理も国会議員も辞める」の約束を完全に破って、今だに総理の座に居座っている状況だ。
そんな中、ついにはこれらを報じたマスコミに逆ギレして、マスコミ関係者への様々な形での報復と、今まで以上にマスコミ統制を厳重に行なっていく決意を固めたと見るのが良さそうだね。

この前のNHKニュースウォッチ9の恫喝騒動も、この動きの一環だった可能性もありますね。

今後は、少しでも安倍政権が気に入らない報道をしたメディアに対しては、様々な嫌がらせが実行される一方で、安倍政権を賛辞する報道に徹した者に対しては、より豪勢な食事と業界内での権力を与えられることが予想される。

いよいよ完全なる、戦前同様の大政翼賛報道のシステムが確立されていきそうだし、こうしたマスコミに影響を受け、洗脳される国民がい続ける限り、この国の「大日本帝国の再来」は免れることが出来なさそうだ。

いよいよ、恐ろしい「暗黒時代」の到来が予想されてきました
マスコミが一斉にこの動きに反発すれば、事態の打開に繋がる可能性がありますが、この記事を読んでも、マスコミ自体に根っからの「奴隷体質」が浸透していることがうかがえます。

まさに、日本の中に潜在的に包含している「病巣」「体質」を改めて感じさせる事態だ。
このままでは歴史が繰り返されてしまう可能性が高いし、本当に困ったものだね…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket