【アッチの世界】安倍昭恵総理夫人の対談がヤバイと話題に!「主人は毎晩声を上げて、祈る言葉を唱えているような人なんですね。 」


どんなにゅーす?

・言論サイト「BLOGOS」で、安倍昭恵総理夫人と社会学者の西田亮介氏との対談が掲載された。

・その中で、昭恵夫人が安倍総理について「毎晩声を上げて、祈るような言葉を唱えている」と発言。

・昭恵夫人本人もスピリチュアル系な発言が目立ち、夫婦揃って「神」「見えない力の導き」などのオカルトチックな”思想”にはまっている様子が明らかに。

スポンサーリンク

「日本の精神性が世界をリードしていかないと地球が終わる」 安倍昭恵氏インタビュー

安倍:あと先祖を信じていて。うちの実家は森永製菓というところなんですけど。曾祖父(森永太一郎氏)がアメリカに渡って、向こうでお世話になったのが牧師さんで。日本に帰ってきてから会社のシンボルをエンゼルマークにするんですよね。

お菓子の会社が、ある程度の大きさになった時、父方の方の曾祖父(松崎半三郎氏)に社長が変わるのですが、その後、太一郎はずっと全国を布教して歩くんですね。子供たちがきちんと栄養を摂れて、幸せに暮らせるようにということをずっと考えていた人なので。

森永太一郎は佐賀の伊万里出身なんですけど、今も私は九州の方に向いている感じがしちゃうんですよね。そこに立ち返って行っているような。誰かの意志がいつも降りてくる感じ。

例えば、大本教の出口なおさんとか。最近だと、広島で折り鶴を織って、10歳で亡くなった佐々木禎子さんとか。なんだか導きがあって、パールハーバーの折り鶴を見たら、そのあと連絡がありました。

佐々木さんの甥子さんと会って話をしたり、ニューヨークで「グラウンドゼロのところに寄贈した鶴があるんで、観に行ってください」と言われたりとか。

「折り鶴の平和プロジェクト作りましょうよ」みたいな話が出てきたりとか。ちょっと行くと、物事がバーっと動いていくのは、私の力ではなくて、何かに動かされて、そこにいて。それこそ渦を巻いていってるんだなって。

主人自身も特別な宗教があるわけじゃないんですけど、毎晩声を上げて、祈る言葉を唱えているような人なんですね。

西田:何をお祈りされているんですか?

安倍:感謝の言葉を。

西田:それは誰に対してですか?

安倍:神様なのか、先祖なのか、分からないですけど。何か自分の力ではないものに支えてもらっていることに対しての感謝を。

西田:どこに向かって?虚空に向かってなんですかね?

安倍:分からないです。多分、自分に言い聞かせているのかもしれないけど、よく分からないです。

【BLOGOS 2016.11.9.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「日本人って善悪で言うと、すごく”善”」「日本の精神性が世界をリードしないと地球が終わる」仰天発言連発の総理夫人

りのちゃん驚きssaこっ、これは驚きましたね!
安倍総理も昭恵夫人も、以前より結構宗教にはまっていそうな様子がうかがえましたが…まさか、ここまでスピリチュアルな世界に入り込んでしまっていたとは…!

管理人安倍総理と昭恵夫人、それぞれその根幹や信じているものは微妙に違っている気がするけど、これはちょっと衝撃的な対談だね。
西田氏と昭恵夫人の会話が全く噛み合っていないけど、それも当然だろう…。)

安倍総理の場合、母・洋子氏が危ない新興宗教(慧光塾)にはまっていて、母を通じた「神のお告げ」で人事を決めていたとの話もあるし、安部総理の家系も統一教会をはじめとした、数々の新興宗教と繋がりながら政治権力を維持してきたことは周知のことだけど、やはり総理本人も今でも怪しい世界に心を寄せて、祈りを捧げている様子が昭恵夫人によって明らかになった感じだ。

ただ、(こういう安倍総理もかなり危ないけど)昭恵夫人のはまり具合は、かなり手の施しようがないレベルに達しているといわざるを得ない。

特に、何の根拠もなく「見えない力の導き」「お告げ」があるからとの理由で、「善の日本人が地球を救う」とか、「日本が世界の中心になる」とか主張したりしている時点で、もうヤバ過ぎる状態だし…何というか、もう言葉が出ないね。

とにかく、政教分離の大原則が日本の憲法に定められている中、最もこれと「かけ離れた総理夫妻」が日本の政治の頂点に立っているということだ。

いうまでもなく、こういうオカルト思考に支配された人間が政治の世界に携わるのは非常に危険だ。
ただ、こういう実態を明るみにしてくれた意味では、今回の昭恵夫人のインタビューは大きなものだったのかもしれないね。
読むのが結構辛いけど、この夫婦の実態を理解する意味でも、是非とも全文読んでみることをおススメするよ。)

りのちゃん困り2ssa私もなんとか頑張って読みましたけど、はっきり言ってドン引きでしたね…。
何よりも、こんな夫婦と総理に忠誠を誓った政治家に埋め尽くされた自民党が、日本でかつてないほどの強大な権限を握ってしまったこと、これ自体が恐ろしいことなのかもしれません…。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA