【総理の嘘をあぶり出す】朝日新聞が始めた安倍総理に対する「ファクトチェック」がネット上で高評価!「今後も続けて」


安倍総理の国会答弁、5つのうち4つが「事実と異なる」または「誇張している」と判定

スポンサーリンク

安保関連法・二重国籍…首相答弁を「ファクトチェック」

「安倍1強」のもとでの臨時国会も中盤戦。白熱したやりとりを繰り広げる政治家の言葉は、確かな事実に基づいているのか。大統領選などで米メディアが積極的に取り組む「ファクトチェック(事実確認)」の手法を使って、安倍晋三首相の答弁を調べた。

【朝日新聞2016.10.24.】

 

管理人朝日新聞が報じている、安倍総理の国会答弁に対しての「ファクトチェック(事実確認)」がネット上で話題になっているようだ。

記事では、安倍総理が国会で行なったいくつかの答弁について検証し、これが本当か嘘かを判定
上の図では5つの安倍総理の答弁について判定しているけど、4つが誇張や誤りとしている一方で、「南スーダンは永田町と比べると危険」のみが”本当”としているね。

あおいちゃんキレ1ssaちょっとちょっとぉ~!
たったこれだけをピックアップしただけでも、5つ中4つがウソや誇張だなんて、どんだけ安倍総理は日常的に嘘をつきまくっているのよぉ!

管理人ボクも、「TPP断固反対ポスター」「消費増税見送りは今までの約束とは異なる新しい判断」「アンダーコントロール」などなど、もう安倍総理の嘘はあまりに多くありすぎて、記憶を辿るのも大変だけど、ウソをついたたびにしっかりと記録をしていくなど、これらを逐一見逃さないようにするのが大事だといえるだろう。

安倍晋三のウソ一覧 まとめ

これでもまだ信じる? 安倍晋三8年間の嘘と悪行の数々

↓TPP断固反対だけでなく、「日本を取り戻す」もウソ確定!?

出典:NAVERまとめ
スポンサーリンク

「ウソをついて人を騙すのはいけないこと」という当たり前の道徳観を取り戻すこと

管理人今や、インターネットでは、意図的にデマを流すなどして、平気で人を騙す行為に溢れかえっているし、自民党が大量にインターネット上に放っている”ネット工作員”も、身分を隠し、一般人のフリをしながら野党を中傷したり、自民党に都合が悪い書き込みやサイトを攻撃している時点で、完全なる「騙し行為」といっていいものだ。

そういう意味でも、今や「ウソをつくこと」の罪の重さがより希薄化してきているといえ、政治家本人もこれを平気で多用するようになっては、一般庶民もこれに対する”感度”が鈍くなりつつある感じがしている。
しかし、このようなウソが世の中に蔓延すると、必然的に社会は腐敗し、モラルや道徳観念が崩壊、
やがては個人の人格も劣化し、最後は国だけでなく個人までもが破綻することになるだろう。

昔から親や社会から「ウソをついてはダメ!」と教えられてきたのは、こうした社会の根幹や秩序を保つためであり、だからこそ、国のトップに立つ為政者に対しては、より厳しく「ウソをつく行為」をチェックしていく必要があるんだ。

こうした「為政者のウソ」が認められてしまった時点で、日本は間違いなく劣化し続け、最後は社会システムもが崩壊し、それが回りまわって最後はボクたち自身が腐敗し、崩壊することになるはずだ。

だからこそ、ボクたちは「ウソをついて人を騙す行為は絶対にやってはいけないこと」という社会通念の原点に立ち返って、安倍総理やその他政治家のウソを厳しく追及し続けなきゃいけないんだよ。

あおいちゃんかなり困りssaなるほどね…全くその通りだと思うわ。
確かに、安倍総理のウソに怒っている国民は多いと思うけど、ネット上では不思議と安倍総理のウソには怒らずに、その他の野党や別のところを叩いている人間も多いわよね。

管理人そういう人は、恐らく、自分自身にウソをついた上で、自分たちに都合が悪い勢力を潰すためだけの反社会的な活動をしている人たちなんじゃないかな?
どちらにしても、そういう連中の悪影響を受けないことが大事だし、それらに左右されないほどの信念や、本質を見極める目を養うことも大切かと思う。

まあ、まだまだこの朝日の「ファクトチェック」は甘すぎると言わざるを得ないけど、方向性としては正しいと思う。
この調子で、「ウソをついて民衆を欺いた政治家は責任を負って淘汰される」という至極当たり前の社会や秩序を取り戻すべく、大手マスコミはどんどんとこうした記事を発信するようになって欲しいものだ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

2 Comments on 【総理の嘘をあぶり出す】朝日新聞が始めた安倍総理に対する「ファクトチェック」がネット上で高評価!「今後も続けて」

  1. ネットじゃ安倍の嘘つきなんて、ずっと前から常識ですからね(笑)   
    嘘つきは安倍晋三の始まり、、、とか(笑)
    大昔、子供の頃絵本で「ワシントンと桜の木」を読んだ記憶があります。 
    その頃の刷り込みで、全うな人間になった!とは、とてもじゃないけど言えませんが・・・・  自分を守る嘘、、、などなど。
    それでも人をペテンにかけるみたいな人生は送ってきたことはないと思います。  
    嘘にもいい嘘と悪い嘘とがある、、なんていってるとキリがありません。
    基本、嘘はいけません。  最低のモラル。
    企業とかが求める人材の基準として、色々出してます。 決断力とか指導力とか、、、でも、正直なんていうと逆に馬鹿にされる時代なんですよね。
    確かに今の世のモラルは低下してます。  辛抱が堂々と公共電波で嘘八百をならべても、公には誰も咎めない。 
    振り込み詐欺が横行するのも納得です。   大企業もしょっちゅう、嘘ついてます。
    しかし、あれだけアメリカの好きな安倍ちゃんが「ワシントンと桜の木」の逸話と正反対のことをいつもやってるというのも・・・・なんだかなぁ~という気がします。

    • 樽見京一郎さん

      おっしゃるように、もちろん嘘にも色々とありまして、人を守るため、悲しませないためにとっさに出たものなら、それはそれで良いかと思います。
      そして、(噂話の流言飛語など)人を騙す悪意が無かったものなども、ある程度仕方がない部分もあるかと思います。

      ですが、今の日本の公共の場所であちこち繰り出されている嘘は、ほとんどが自分自身のお金儲けや利益、自己保身のためのウソばかりなんですよね…。

      ネット上ではステマのようなものが当たり前のように行なわれていますし、この手法が全国民の生活と直結する政治の世界でも行なわれているのは大問題だと考えています。

      >しかし、あれだけアメリカの好きな安倍ちゃんが「ワシントンと桜の木」の逸話と正反対のことをいつもやってるというのも・・・・なんだかなぁ~という気がします。

      まったくですね…(^^;
      過去の総理でも大きなウソをついた人は、ほぼもれなくメディアに叩かれて消えていきましたし、せめて、人の道に背いたウソをついた人間が相応の責任を負う世の中でなくなってしまったら、間違いなく国は腐敗しますし、「犬や猫が飼い主に似る」ではないですが、国民にこういう思考が伝染していくことが何より心配です…。

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA