【ギャグか?】安倍総理が独で日EU・EPAの妥結に向けてスピーチ!「一部の人に富が集まり、無法者が得をする状態を作ってはならない!」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理がドイツで日EU・EPA(経済連携協定)についてスピーチをし、「一部の人だけに富が集まる、あるいは無法者が得をする状態を作ってはなりません。だからこそ、そこを高らかに示すため、日本とEUのEPAを早く結ばなければならない」などと発言。この言行不一致のように見える発言に対して、ネット上では多くの批判の声が出ている。

スポンサーリンク

欧州訪問中の安倍首相、経済連携協定の早期締結訴え

安倍総理はドイツで、日本とEUの経済連携協定について早期締結の必要性を訴えました。日本時間の20日夜に行われるメルケル首相との会談では、保護主義的な主張が強まる中で、自由貿易について意見が交わされる見通しです。

安倍総理は、ドイツ北部の都市ハノーバーで開かれている世界最大級の情報通信関連の産業見本市「CeBIT」のオープニングイベントでスピーチし、AI(人工知能)などの最先端分野で日本とドイツの連携の強化を目指す考えを明らかにしました。また、自由な貿易の体制を守っていくため、日本とEUのEPA(経済連携協定)の早期締結の必要性も訴えました。

「自由な貿易と投資の恩恵をふんだんに受け伸びた日本は、ドイツと共に開かれた体制を守るチャンピオンでありたい。一部の人だけに富が集まる、あるいは無法者が得をする状態を作ってはなりません。だからこそ、そこを高らかに示すため、日本とEUのEPA(経済連携協定)を早く結ばなければなりません」(安倍首相)

【TBS NEWSi 2017.3.20.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

やっていることと「真逆」のことを平然と堂々と宣言する「サイコパス総理」の面目躍如!

またまた安倍総理が、海外でとんでもない「ペテンスピーチ」を行なったみたいね!
「一部の者に富が集まる、あるいは無法者が得をする状態」って、アベノミクスや安倍政権が血眼になっていたTPPそのものじゃないのよーっ!

アベノミクスこそがまさに、「貧困層から富裕層に富が移転するための政策」だったことはこのサイトでも散々記事にしてきたけど、こんな安倍総理などの根っからのグローバリストこそが敵視しているような世界のことを堂々と「自分自身の信念」として宣言している時点で、この人は根本的に何かの病気だと思わずにはいられないんだよね。

一体どういう神経をしているのか、ボクにはさっぱり理解できないし、頭の根本から「嘘」と「ペテン」を駆使する思考が強固に根を張っているとしか思えないね。

ちなみに、ここまで世界から懸念されたり危険視されるように見えながらも、安倍政権が磐石の権力を持ちながらいつまでも生き永らえているというのも、全ては安倍政権の本質が、メルケルのドイツやオバマ以前のアメリカと同じ「グローバリストの一員」だからなのであり、安倍政権は、一見右翼的で国粋主義的な思想を見せつつも、その実態は完全にEUなどと同じく、(日本を含めて)世界から国境や国家の概念を希釈させて、最終的に国際金融資本やネオコン軍産複合体が目指している「世界政府主義」を後押しする、ただの国境や国家を破壊する役目を担っているエージェントに過ぎない

よって、安倍政権が「保守」や「極右」という一般的に通っている認識も実は全くの誤りであり、正しくは「偽装保守」というべきか、ただの「右翼の皮をかぶったグローバリスト」というべきだろう。

本当に安倍政権が真に日本の国益を保護し、日本国民のための政治をやっていたのであれば、恐らくとっくの昔に内政干渉をやられて政権を潰されているだろうし、日本国民の富をひたすら海の向こうに横流しして、日本の庶民をひたすら貧しくし続けているからこそ、グローバリストが跋扈する欧米社会でも一定の存在感を持ち、長期政権を築いていると考えるのがいいだろう。

それにしても、今回の発言も、呆れてものもいえないほどのとんでもないペテン発言であることは確かだけど、TPPはトランプのお陰でひとまず頓挫したものの、TPPと似たような性質を持つこの日EU・EPAも油断ならない状況だね。

ほんとに、ウソとインチキだけでここまで強大な権力を築き上げた安倍政権の面目躍如ってとこね!
ドイツでもなんだか歓迎されているみたいだし、まだまだ安倍政権はよほどのことがない限り、まだ当分しぶとく生き残っていきそうだわ…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket