【何でも私物化】安倍政権が「DASH村」を”福島復興のシンボル”として利用する計画か!日テレ関係者は困惑「DASH村は誰のものでもない」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権の高木陽介経済産業副大臣が、福島民友新聞の取材で「DASH村を福島復興のシンボルにしようと考えている」などと発言。複数のマスコミが「DASH村を安倍政権が支援していく計画を検討」との報道をしている。

・この発言に対して、日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」の島田総一郎プロデューサーが困惑事前に何の話もないままにこのような発言が飛び出したことに苦言を呈した。

スポンサーリンク

浪江町津島地区「DASH村」復活 政府が支援へ

東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域に指定された福島県浪江町津島地区の通称「DASH村」について、政府が再生を支援する方向で検討に入った。原子力災害現地対策本部長の高木陽介副経済産業相が12日、浪江町の馬場有町長と東京都内で会談し、復興の端緒が見えない帰還困難区域の農業再生と風評被害克服のシンボルとして「復活させたい」との考えを伝えた。

【毎日新聞 2017.1.13.】

安倍政権が福島原発の被害矮小化のために「DASH村を復興拠点に」計画! 日テレPも困惑の政治利用

ご存じのようにDASH村とは、TOKIOの人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ)の企画で開墾された里山の一区画で、福島県浪江町の山間部・津島地区にあるが、事の発端は12日付の福島民友新聞に掲載された高木陽介経済産業副大臣の取材記事だ。
「帰還困難区域の解除に向けて一歩踏み出して前進する中、DASH村の復興に向けた手だてがあるのではないかということについて協議を始めたい。帰還困難区域の復興の大きな柱にできないかと考えている」

同記事によれば、高木経産副大臣は〈5年後をめどに、復興祈念館や体験農園のような形での再生を目指す〉のだという。だが、そんななかで『ザ!鉄腕!DASH!!』のプロデューサーである日本テレビの島田総一郎氏は、ツイッターにこんな投稿をおこなった。

〈知らぬ存ぜぬとは まさにこのニュースの事 そもそもDASH村は 誰かのものでは無いですし〉

つまり、DASH村の復興計画は日テレの番組関係者にも伝えられていない、政府サイドだけの構想だったのだ。それでも、このDASH村復興計画にネット上では「いいアイデア」「復興のシンボルにぴったり」という好意的な意見が寄せられた。

【リテラ 2017.1.13.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「絆」や「故郷を思う心」など、国民の良心や情に強く働きかけ、これらをダシに人命・個人軽視&経済第一の全体主義(グローバリズム)に誘導しようとする安倍政権

DASH村イメージ

出典:aleak-02special.blog.so-net.ne.jp

あおいちゃん怒りssa何やら安倍政権がまたおかしなことをやろうとしているみたいねっ。
番組の担当者にも何にも打診せずに、いきなり「DASH村を復興計画に利用」しようと画策し始めているみたいだし、そうした計画に手放しで賛同している人も結構いるみたいね。

管理人まあ、オリンピックなんかもそうなんだけど、支配層は、国民を自らの利益のために誘導・利用するノウハウを知り尽くしていて、(詐欺師などにも同じことが言えるけど)無垢な人たちの良心や情に訴えかけることがもっとも有効な方法であることをよく分かっているんだよ。

なので、権力者が「絆」やら「食べて応援」やら、ストーリー仕立てで色々な「お涙頂戴の展開」を用意してきた時こそ、「何か裏に狙いがあるんじゃないか?」と一歩距離を置いて色々と考えてみることが大事なんだよ。

そして、こうした国民の感覚や嗅覚を鈍らせるべく、安倍政権が御用論客や大量の工作員をメディアやネット上に解き放ち、こうした計画をことさらに賛辞させては、反対する人々を色々な理屈をつけて叩いている実態も忘れてはならないだろう。

(ちなみに、あまりに反対が多く寄せられたためか、「高木副大臣の個人的な考えで党の総意じゃない」なんていう話も出回っているけど、毎日新聞も上のような報道を出しているし、やはりこれは安倍政権の中でこうした計画が挙がっていたと見ていいのではないかな。)

これらの背景を見てみても、こうした類の手法が得意な安倍政権が、DASH村に関する新たな「ストーリー」を作り上げて、福島に住民を無理やり帰還させる方向に持っていこうとしている思惑が見えてくるし、DASH村の村長さんの三瓶明雄さんが2014年に急性骨髄性白血病で亡くなっていること、これらをマスコミがほとんど報道していないこともちょっと気になる。

これらの状況を見て、どう捉え判断するかは、それぞれの人たちの感性や考えに委ねるしかないけど、やはりボクは、小泉政権以降、特に現在の安倍政権は、経済や企業体などの「お金」を最優先に保護し、その一方で社会的に弱い立場の庶民(個人)の健康や人命をますます軽視する方向に向かっているように感じる。

(さらに、「明治を賛辞する映画や特番を制作する計画」もそうだけど、今まで例を見なかったほどに露骨に安倍政権がメディア界に干渉し始めているのも非常に気になる。)

そして、このように「お金」ばかりを国が最優先に保護することで一番誰が得をするのか?
それこそが、莫大な資本を持つ企業体(今回の件で言うと東電・ゼネコンなど)であり、それらの企業体を支配している海の向こうの「グローバリスト」であることも忘れてはならないとボクは思っているよ。

あおいちゃんかなり困りssaこういう巨大な資本を持っている連中が国を支配して、さらにこの連中が私たち一般庶民に色々な仕掛けを施して深い洗脳にかけていくことで、より自分たちが儲けて、その資本を元手に、私たちを今まで以上により強力に支配し、自在にコントロールしようとしているってことね。

小児甲状腺がんの患者が福島でますます増え続けていること、避難民や住民に対する補償がますます減らされてきている流れも気になるし、このDASH村の計画も今後どうなっていくのか分からないけど…こうした見え透いた「愚民化政策」に引っ掛からずに、現実を見ながら冷静に判断を下していく国民が多く出てくることを願っているわ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket