安倍総理のミサイル提供の申し出をドゥテルテ氏が断ったとの報道が波紋!朝日新聞は火消し、菅氏は「承知していない」

Pocket

どんなにゅーす?

安倍総理がフィリピンにミサイル供与を申し出たのに対し、ドゥテルテ氏が「第三次世界大戦をご免だ」とこれを断った、との内容をフィリピン紙が報道したことに対し、各方面で反応が起こっている。

・朝日新聞はこの一連の報道に対し「曲解された報道が行なわれたと見られる」などと火消しの報道を行ない、菅官房長官は「承知していない」と詳しい説明を避けている模様。

スポンサーリンク

安倍首相にミサイル断る? 比大統領「発言」報道で波紋

第3次世界大戦をみたくないから、安倍晋三首相からのミサイル供与の申し出を断った――。フィリピンのドゥテルテ大統領がこんな「発言」をしたと、現地の日刊英字紙フィリピン・スターが15日に報じ、波紋が広がっている。

報道のもとになったのは、ドゥテルテ氏が同日、ダバオ市商工会議所の総会で行ったスピーチ。英語とタガログ語で、首脳会談をしたばかりの安倍首相の名前を挙げ、「安倍にも言ったんだ、私はミサイルは必要としていないと」と述べた。その後、ロシアのプーチン大統領のハッキング疑惑やトランプ米次期大統領に触れ、「もし第3次世界大戦が始まれば、それはこの世の終わりを意味する」と話した。

しかしドゥテルテ氏は、日本からミサイル供与を提案されたとは言っておらず、一連の発言が曲解されて報じられたとみられる。

一方、その前段でドゥテルテ氏は、「安倍氏には軍事同盟は必要ではないと言った。私は外国の軍人がいない国を目指したい」とも述べた。

菅義偉官房長官は16日の記者会見で、今回の報道について質問され、「承知していない」と述べた。(ハノイ=鈴木暁子)

【朝日新聞 2017.1.16.】

スポンサーリンク

ドュテルテ&安倍総理

出典:暇つぶしニュース

安倍総理がフィリピンにミサイル供与に申し出てドゥテルテさんに断られたという話、朝日新聞がこれを否定するような報道を出してきたわね。

何度かこの記事を読ませてもらったけど、どうも歯切れが悪い文体で、本当はどうだったのか(安倍総理がミサイル提供を申し出たのかどうか)が今一つよく分からないように感じるんだけど。

管理人この記事はハノイ(ベトナム)にいる記者が書いたっぽい?けど、果たしてこのドゥテルテ氏のスピーチを実際に聞いていたのかな。
「曲解されて報じられたと見られる」って言われても、素直に「そうだったのか!」とはちょっと思えないね。

その一方で、ドゥテルテ氏が安倍総理に「わが国は軍事同盟は必要ではない。」と言ったのは”本当”という風に捉えていいのかな
そして、(朝日新聞の記事では完全にぼやかされちゃっているけど)ドゥテルテ氏はトランプやプーチンが「第三次世界大戦を阻止しようとしている勢力」として捉えており、「私もそれに賛同する」というようなニュアンスの発言をしたこともうかがえる。

そういう風に考えると、やはり安倍総理は(中国包囲網を目的とした)何らかの軍事的な協力関係を申し出ていた(そしてドゥテルテに断られた)可能性は考えられるし、この記事をもってしても、完全な疑惑払拭に至ったわけではないかと思う。

この件については、引き続き続報をウォッチしつつ、何かあれば紹介していこうと思うよ。

他の大手メディアも朝日に続いて次々火消しの記事を出してくるのかしらね?
私もちょっと気をつけて、日本の大手メディアの動きを見ていこうと思うわ。

 

追記(2017.1.18.)

管理人新たに日刊ゲンダイと東京新聞がこの件を「これは本当なのか?」と言った視点で報道するも、日刊ゲンダイはその後になぜか記事を削除
外交評論家の天木直人氏が唯一この件を詳しく論じているけど、ボクも彼の見立てに近い印象を持っている。

ボクもこのニュースを知った当初より、「こんなに馬鹿げた提案を安倍総理がするだろうか?」と考え、(罠に嵌めるなどの目的で)安倍総理が誰かから吹き込まれた可能性を考えていたけど、やはり、(ベトナムインドネシアでの会談のように)何らかの軍事的な装備品の提供などを安倍総理が申し出たことをドゥテルテが断った可能性、そして、こうした露骨な中国包囲外交に嫌気が差した彼が、針小棒大に安倍総理の戦争ビジネス外交を揶揄した可能性があるのでは…と考えている。

現時点では元記事は掲載されているままだし、果たしてこのまま収束していくのか、それとも大々的に政府がきちんと説明をするのか、現時点では分からないけど、どちらにしても、もしドゥテルテが第三次世界大戦に言及したのなら、これは非常に大きなことであり、安倍総理がフィリピンを発ってから彼がこうした批判や揶揄を持ち出したことについても、重く考えていく必要があると考えているよ。

 

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

5 Comments on 安倍総理のミサイル提供の申し出をドゥテルテ氏が断ったとの報道が波紋!朝日新聞は火消し、菅氏は「承知していない」

  1. なんだ結局はサイト主の憶測でしかないのか
    憶測というより妄想だし的外れだな

  2. 続報、ありがとうございます。
    昨日、私が寝る前、偶々この報道に接したときこれはすごい!
    ・・・と思い一刻も早くゆるねとさんにお知らせしなくてはと・・・。
    そして、さすがゆるねとさん、、、このネタをとことん掘ってくださいました。
    そうですか? 日本のマスゴミはとことん無視すると思ったけど、一応朝日には出たんですね?  で・・・ハゲはとぼける(笑)

    あらためて、このニュースはすごいと思います。
    去年の年末にも書いたけど、去年はゆるねとさんとの出会い・・・で物の見方が変わり、さらに巷で陰謀論として色物視されてるもののほうが今の日本の報道よりよっぽど真実だと思うようになった、、、と。

    それが新年早々、証明されることが続々と。
    トランプの「フェイクニュース」発言、、、、CNNNの嘘の支持率、世論調査・・・・ここから読み取れるのは直近の日本の世論調査(支持率)も嘘に決まってるということ!

    そして、トランプが大統領になったのに、東南アジアにまでTPP推進運動をする安倍、 武器を売る安倍
    そしてドゥテルテに「ww3でもはじめたいの?」といわれてしまう安倍。
    ここから読み取れるのも、安倍は闇の勢力の使用人(戦争屋)
    ゆるねとさんが普段主張されてるとおりの展開ですよ。
    そしてそれを隠し続ける日本のマスコミ。
    安倍の正体を知ってるらしいドゥテルテ
    刺戟的な展開になってきました。

    • 京一郎さん

      改めまして、情報提供していただき、本当にありがとうございました!(^0^)
      今日の文化放送のラジオでこの件を吉田照美さんが取り上げてくれましたので、注目度はそれなりに上がってきているかと思います。

      ドゥテルテは、日本で認知されているよりもよほど頭が切れる人物であり、安倍総理の正体や世界で何が起こっているのかを全て見通していると思われます。
      また、(すでに兆候が現れていますが)日本では、大手メディアと一体になって安倍総理のネット支持者たちが、こうした(都合が悪い)情報やサイトを全力で潰す方向に向かっていくものと予測しておりますし、それだけ、第三次大戦を引き起こしたい勢力が本気で動きを激しくし始めてきたという風にも言い換えることができるかと思います。

      今後は、ますます情報を取捨選択する能力と、日本や世界で何が起こっているのかを読み解く感性や想像力を研ぎ澄ましていくことが大事になってくると思います。

      ちなみに、今のところは中国メディアで俯瞰的に伝えられた以外、この件については朝日の他には日本メディアは報道していない感じです。
      今後この情報を日本のメディアがどう扱っていくのかについても、注意してみていこうと思います。

  3. ありがとうございます。
    >JNN・TBS・毎日新聞系の世論調査は信用するな!
    >実は、毎日新聞は現在、完全に政府に取り込まれている!
    http://yoshinori-kobayashi.com/12198/
    これは敬愛するよしりんの直近の記事です。
    よしりんに激しく同意!!!
    クリントンが圧勝すると報道したcnn,
    でもトランプが勝ったじゃないですか?   
    アメリカの真似をするのが日本なのです。
    日本のマスコミもほとんどフェイクニュースなのです!  

    • 京一郎さん

      おお、小林よしのり氏もここまで書くようになりましたか。
      ちょっとアクセスが殺到してるのか、現在ページを見ることができないのですが、後でもう一度見てみますね!
      彼は、日本で数少ない本当の意味での「保守論客」と言えるような人物かもしれませんね。
      全面的に賛同しているわけではないですが、最近、長州系列の日本会議を痛烈に批判していることからも、ボクも最近好感を持ってみております(^^)

      追伸:よしりん氏のブログ見れました!
      なるほど…この2者択一であれば、反対をしてしまうと「退位そのものに反対するしかなくなる」と…やはり日露首脳会談のFNNに続いて今回もこういうトリックを入れてきたというわけですね。

      ・・・というわけで、大手マスコミはネット上のサイトを「フェイクニュース」と取り締まろうと躍起になっていますが、機を同じくして、その大手マスコミ自体が急激にその質と報道機関としての矜持を失いつつあり、「フェイクニュース化」にひた走っていることは否めないかと思います。

Comments are closed.