【島根・益田市】娘を交通事故で亡くした経験を持つ73歳のボランティアの男性、飲酒運転の事故から集団登校の児童をかばって亡くなる

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年1月30日の朝、島根県益田市久々茂町の国道191号線の交差点で、集団登校していた市立豊川小学校の児童の列に飲酒運転の軽トラックが突っ込み、ボランティアの三原董充さん(73)が巻き込まれそうになった児童をかばい、全身を強く打ち死亡した。

・三原さんは33年前、当時小学2年生だった次女を交通事故で失っており、「二度とこういう悲劇が起こらないで欲しい」との思いから、子どもたちの登校を毎朝見守るボランティア活動を続けていた

・集団登校していた9人の児童は1人が軽症を負ったのみで、全員無事。軽トラックを運転していた山口伊佐男容疑者(62)は容疑を認めているとのこと。自らの命を投げ出して子どもたちを守った三原さんの死に、地元は深い悲しみに包まれている。

スポンサーリンク

男性死亡:飲酒トラックから男児かばう 娘失い登校見守り

島根県益田市久々茂(くくも)町の国道191号で30日朝、集団登校で横断歩道を渡っていた市立豊川小学校の児童の列に軽トラックが突っ込み、ボランティアで通学を見守っていた近くの三原董充(ただみつ)さん(73)が全身を強く打ち、翌日、病院で死亡した。集団登校をしていた児童9人のうち、小学3年の男子児童(9)も軽傷を負った。

三原さんは33年前、小学2年だった下校中の次女舞子さん(当時7歳)を交通事故で亡くし、子どもたちの事故を防ぐため見守り活動を続けていた。

県警益田署は、車を運転していた会社員、山口伊佐男容疑者(62)=同市匹見町道川=の呼気から基準値を超すアルコールが検出されたため、道交法違反(酒気帯び運転)などの疑いで現行犯逮捕した。山口容疑者は容疑を認めているという。

同署によると、現場は片側1車線のほぼ直線道路で、交差点に信号機はなかった。三原さんは、横断歩道の中央部付近で児童が渡るのを見守っていたとみられる。

事故現場近くの女性(73)は「車に気付いた三原さんが、男の子を突き飛ばしてかばったと聞いた。身をていして男の子を守ったようだ」と話した。【長宗拓弥、関谷徳】

【msn(毎日新聞)2017.2.1.】

スポンサーリンク

 

りのちゃん困り3ssaこ…これは、なんと言っていいのか、思わず胸が苦しくなってしまうニュースです。
世の中の不条理を思わず嘆きたくなってしまいますし、このような過去の辛い経験をきっかけに、強い信念の元に社会貢献活動を続けてきた優しさに溢れた方が、こんな形で亡くなってしまわれるなんて…言葉が出ないですね。

管理人亡くなった三原さんは、通学路のルートの中で危ないと感じた箇所を市役所に改善をお願いしたり、交通安全指導を他のボランティアの人たちと一緒に行なうなど、日頃から地域貢献活動を活発に行なっていたようだ。

りのちゃんが言う通り、あまりにも悲しく辛い事故だけど、その中でも唯一の救いは、三原さんがかばった男の子も含め、子どもたち全員が無事に命が助かったことだ。
そして、飲酒運転はかけがえのない命を容赦なく奪い去ることに繋がる、非常に悪質な行為であり、何があろうと絶対にやってはいけないということを、この事故を通じて全てのドライバーが改めて強く認識し直すことが大切だ。

致命傷を負ってでも、なお「大丈夫か?」と子どもを気遣い続けた三原さんの強さや優しさに敬意を表するとともに、「命を懸けてでも子どもたちを守る」という自らの信念を貫いた彼のご冥福を、心よりお祈りしようと思うよ。

りのちゃん困り3ssa本当に、強さと優しさを持った、素晴らしい方ですね。
ご家族や地元の悲しみは察するに余りがありますが、私も心より三原さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket