【アベノミクスの正体】2016年の株式、外国人投資家が3兆6000億円もの売り越し(リーマン並み)&日銀が4兆6016億円買い込み!

Pocket

どんなにゅーす?

・2016年の日本の株式市場を振り返ったところ、外国人投資家の売買がリーマンショックに匹敵する規模の3兆6000億円もの大幅な売り越しだったことが判明したとのこと。

・その一方で、複数の企業の株式をまとめた金融商品「ETF」を日銀が4兆6016億円も大量に買い込んでいたことが分かったという。

・この実情を見る限り、2016年は「完全な官製相場だった」との見方が強まっている。

スポンサーリンク

去年 海外投資家の売買規模 リーマンショックに匹敵

東京証券取引所のまとめによりますと、海外の投資家が去年、国内の主な株式市場で株式を売った額は、買った額を3兆6887億円上回る、大幅な「売り越し」となりました。これは世界的な金融危機「リーマンショック」の影響で、海外投資家の売り越し額が3兆7085億円に膨らんだ平成20年に匹敵する規模です。

去年、円高が進んだことや中国経済の減速などで日本企業の業績に対する懸念が広がり、海外の投資家が株式を売る動きを強めたことが主な要因です。

その一方で、日銀は金融緩和策の一環として、複数の企業の株式を組み合わせた金融商品である「ETF」を去年、4兆6016億円買い入れました。

日銀によるETFの購入は、株価の上昇につながる効果もあり、ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストは「去年は海外の投資家が日本の株式を売る一方、日銀が大量に買い入れることで株価が支えられた、いわゆる『官製相場』だったと言える。ことしの株式市場は、今のところ活況となっているが、トランプ次期大統領が就任したあとにどのような政策を打ち出すかがカギを握る」と話しています。

【NHK NEWS WEB 2017.1.11.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アベノミクスの成果を「演出」するために必死に自作自演!自由資本経済を装うもその実態は中国と変わらない安倍政権

りのちゃん困り2ssa以前にこのサイトでも、日銀が大量に株式を買うあまりに大手企業の筆頭株主となりつつある実情を紹介しましたが、なんと、2016年は外国人投資家がリーマンショックと同等規模に大量に売り越していた一方で、それをやや上回るほどの額を日銀が大量に買い込んでいた実態が明らかになりました。

日銀がここまで凄まじい買い入れをしていたのも恐ろしいことですが、いよいよアベノミクスの「自作自演」の実態も明るみになってきましたね

管理人日本も全く中国のことを言える立場ではなかったということだね。
つまり、日本の最近の株高も完全なる「官製相場」であり、日本の株式市場も中国同様に自由市場経済からかけ離れている状況であることが明らかになったというわけだ。

さらに、(前にも紹介したけど)ブルームバーグによると2016年8月の時点で日経平均225銘柄のうち75%の企業が10位以内に日銀が大株主に入っていたとのことなので、現在はもっとすごいことになっていることが予測される。
同じペースで買い込んでいくと、2017年以内に55銘柄において、日銀が筆頭株主になってしまうということなので、こうなると、多くの大手企業が実質日銀の完全なる支配下に入ることになる。

ちなみに、日銀の設立やその後の運営にはロスチャイルド財閥がかかわっているとも言われていることから、この事態は「日本企業の国有化」というか、実質的に日本の企業が完全にグローバリストの私物と化してしまうということなのかもしれない

どちらにしても、アベノミクスはいよいよとんでもない方向に向かいつつあるということ、そして、日銀がかつてないほどに日本の株式に異常に介入し、凄まじい勢いで外国人が売り浴びせた株を買い込み続けているということ、その影響で、大企業の筆頭株主がこのままではほとんど日銀になってしまうということを認識しておく必要はあるね。

りのちゃん困り3ssa全く恐ろしいことです…。
実質日本の株式市場も中国のようになってきていますけど、この先、日本の株式や経済がかなり怖い様相になってきているのは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA